iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

iPhone12シリーズのインチ数を検証!おすすめのインチは?

iPhoneシリーズは、2021年の時点で12のモデルが発売されています。新シリーズが登場するにつれて本体の性能や外観のデザインなども大きく変化してきましたが、今回は、iPhone12シリーズの「インチ」にフォーカスし、下記のようなことを解説します。

  • 歴代iPhoneシリーズとiPhone12シリーズのインチ数を比較
  • iPhone12シリーズのインチ数に最適なフィルム・ケースは?
  • iPhone12シリーズのおすすめインチ数
  • iPhone12シリーズをお得に購入する方法

自分に最適なインチ数のiPhoneを選択することで、使いやすさは大きく変わるため、ぜひこの記事を最後まで読んで参考にしてください。

iPhone12シリーズの画面インチ数・本体サイズ

スマホを横持ちする女性の手

iPhone12シリーズのインチ数やサイズは、モデルによって違います。小さいサイズで使い勝手を重視する方や、大きいサイズで画面の見やすさを重視する方など選び方も人によって違うのです。それぞれのインチ数やサイズが一目でわかるように表にまとめました。

  iPhone12 Pro Max iPhone12 Pro  iPhone12 iPhone12 mini
インチ数 6.7インチ 6.1インチ 6.1インチ 5.4インチ
サイズ
高さ×幅×厚さ(mm)
160.8×78.1×7.4 146.7×71.5×7.4 146.7×71.5×7.4 131.5×64.2×7.4
重量 226g 187g 162g 133g

iPhone12Pro Maxのインチ数、サイズがもっとも大きく画面の見やすさを重視した作りになっています。逆に、iPhone12miniはインチ数、サイズがもっとも小さく、持ち運びや使い勝手に特化したモデルです。

iPhone12シリーズのインチ数の大きさによるメリット・デメリット

スマホ画面のインチ数が大きければ、便利なこともあれば不便なこともあります。以下の、それぞれのメリット・デメリットを理解した上でどのモデルを選択するかを考えましょう。

■インチ数が大きいiPhone12シリーズを選ぶメリット

  • 文字が読みやすい
  • 目が疲れにくい
  • ゲームや動画の臨場感をより楽しめる
  • リンクやボタンなどをタップしやすく、操作性が高い
  • バッテリー容量が大きく電池の持ちがいい
  • ディスプレイ以外の機能面もスペックが高い

■インチ数が大きいiPhone12シリーズを選ぶデメリット

  • 端末全体のサイズが大きくなるため、片手で操作できない
  • ポケットに収まりきらない場合があり、持ち運びに不便
  • インチ数が小さいモデルに比べて価格が高い
  • 重量があるため、使っていると手が疲れる

このように、それぞれいい部分、悪い部分があるため、自分の目的に合わせたインチ数のモデルを選ぶようにしてください。購入する際は、実際に実物を持ったり触ったりすると、イメージが掴みやすいのでおすすめです。

iPhone12シリーズと歴代iPhoneのインチ数・サイズを比較

4台の色違いiPhone

次に、iPhone12シリーズと、今まで発売されてきた歴代iPhoneシリーズのインチ数を比較します。今お持ちのiPhoneとiPhone12シリーズのインチ数がどれくらい違うのかを確認しておきましょう。

機種名 インチ サイズ 重量
iPhone 5 4.0インチ 123.8×58.6×7.6 112g
iPhone 5s 4.0インチ 123.8×58.6×7.6 112g
iPhone 5c 4.0インチ 124.4×59.2×8.97 132g
iPhone 6 4.7インチ 138.1×67.0×6.9 129g
iPhone 6 Plus 5.5インチ 158.1×77.8×7.1 172g
iPhone 6s 4.7インチ 138.3×67.1×7.1 143g
iPhone 6s Plus 5.5インチ 158.2×77.9×7.3 192g
iPhone SE(第1世代) 4.0インチ 123.8×58.6×7.6 113g
 iPhone7 4.7インチ 138.3×67.1×7.1 138g
iPhone7 Plus 5.5インチ 158.2×77.9×7.3 188g
iPhone8 4.7インチ 138.4×67.3×7.3 148g
iPhone8 Plus 5.5インチ 158.4×78.1×7.5 202g
iPhoneX 5.8インチ 143.6×70.9×7.7 174g
iPhoneXS 5.8インチ 143.6×70.9×7.7 177g
iPhoneXS Max 6.5インチ 157.0×77.4×7.7 208g
iPhoneXR 6.1インチ 150.9×75.7×8.3 194g
iPhone11 6.1インチ 150.9×75.7×8.3 194g
iPhone11 Pro 5.8インチ 144.0×71.4×8.1 188g
iPhone11 Pro Max 6.5インチ 158.0×77.8×8.1 226g
iPhone SE(第2世代) 4.7インチ 138.4×67.3×7.3 148g
iPhone12 6.1インチ 146.7×71.5×7.4 162g
iPhone12 Pro 6.1インチ 146.7×71.5×7.4 187g
iPhone12 Pro Max 6.7インチ 160.8×78.1×7.4 226g
iPhone12 mini 5.4インチ 131.5×64.2×7.4 133g

シリーズを追うごとにインチ数は大きくなっていることがわかりますが、iPhone12 miniに関しては、インチ数、サイズ共に小さいので充分に片手で扱えるサイズです。使い勝手のよさで人気を博したiPhone SE第1世代と同じような大きさで、さらにスペックが向上しているといった形になっています。

iPhone12シリーズの各インチに適したフィルムは?

iPhoneに保護フィルムを貼り付け

スマホを保護してくれるフィルムは、メーカーによってさまざまなタイプが発売されており、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。しかし、保護フィルムを使わないと、ディスプレイに傷がついたり、最悪の場合割れてしまったりする可能性も。

せっかく購入したiPhoneが故障しないように、iPhone12シリーズに適した保護フィルムの選び方を解説します。

iPhone12シリーズの各インチに適したフィルム

iPhone12のフィルムサイズは、液晶のインチサイズと同様でそれぞれのモデルに対応した3種類のフィルムがあります。

  • 5.4インチ→iPhone12 mini
  • 6.1インチ→iPhone12/Pro
  • 6.7インチ→iPhone12 Pro Max

サイズ感の違うフィルムを選んでしまうと、傷や画面割れの原因になるのはもちろん、フィルムの間に気泡が入ったり、ほこりが入ったりしてしまい結局剥がしてもう1度貼り直さなくてはいけない可能性が高いのです。ですから、フィルムを購入するときは、しっかりとサイズの確認をしましょう。

また、フィルムには画面保護以外にもさまざまな効果があるタイプも発売されており、その効果でフィルムを選ぶのもいいでしょう。iPhone12シリーズで人気が高い効果を持つフィルムの特徴をまとめたので、購入の際に参考にしてください。

フィルムタイプ 特徴 価格帯
のぞき見防止タイプ ・隣の人からディスプレイが見にくくなる 2,000〜2,500円
光沢タイプ
(グレア)
・ディスプレイの透明度が高く、くっきり見える 1,000〜1,200円
非光沢タイプ
(アンチグレア)
・なめらかな操作が可能
・指紋がつきにくい
1,000〜1,200円
抗菌タイプ ・カビ・ウィルス・細菌を99%抑制
・抗菌効果が長時間持続
1,000〜1,600円
ブルーライトカットタイプ ・約40%のブルーライトをカット
・目が疲れにくくなる
1,200〜1,800円

最近は、コロナウィルスの関係で抗菌タイプのフィルムが人気を博しており、スマホゲームが好きな方には細かい操作ができるグレアタイプのフィルムが人気です。

また、それぞれの効果を併せ持ったより機能性の高いフィルムも存在します。例えば、ブルーライトカットとアンチグレアが施されたフィルムは、長時間スマホで仕事やゲームをする方に最適です。

iPhone12シリーズなどの新しいモデルに対応したフィルムは高性能なものが多いので、自分に合った最適なフィルムを選んでみてください。

iPhoneの買取ならクイックへ!

iPhoneシリーズは機能やデザインに優れており、新しいシリーズが発売されるとついつい買い替えたくなりますよね。しかし、iPhoneは高価なので新しいシリーズが出る度に買い替えることはなかなかできません。

そこで、今持っているiPhoneを買取業者に買取してもらい、そのお金で新しいiPhoneを購入することで実際にかかる端末の金額は安くなるのです。

クイックは、iPhoneの新しいシリーズはもちろん、古いシリーズでも高額買取を実施しています。スマホの買取業者はたくさんありますが、クイックは買取金額の高さに自信があります。

お持ちのiPhoneがいくらで売れるか査定する費用もかからずネットですぐに結果が出ます。買取金額に満足いただけなかった場合は、そのまま売らずに使い続けることもできるので、興味のある方はぜひ1度下記の査定フォームで見積もりをお問い合わせください!

iPhone買取誘導リンク

まとめ

今回は、iPhone12シリーズのインチ数やサイズについて解説しました。用途に合わせたインチの機種を選ぶことで、ストレスなく快適にiPhoneを使いこなせます。次回のiPhone購入の際、ぜひこの記事を役立ててください。

mailメールのお問い合わせ