iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

iPhone12比較、特徴、発売後の買取金額を予想

10月14日についに新型iPhoneが発表されました。

発表されるまで様々な期待や予想がされていましたが、実際にはどのような端末なのでしょうか。

まずはiPhone11シリーズと比較してみましょう。

iPhone11シリーズとiPhone12シリーズ

なんと言っても大きな違いは5G対応となった点です。これは今回発表された4機種すべて共通しています。
4Gに比べかなり速いと言われています。

他にも共通して変わったのは、デザインです。iPhone6以降、丸みを帯びたデザインとなっておりました。しかし、今回のデザインは、過去のiPhone5シリーズのような角張ったデザインとなりスタイリッシュになりました。

続いて機種別に比較していきましょう。

iPhone11とiPhone12を比較

iPhone12は、iPhone11の後継機となります。
どちらも”6.1インチ”と同じサイズですが、使われているディスプレイが変わりました。iPhone11は液晶(LCD)ディスプレイでしたが、iPhone12は有機EL(OLED)ディスプレイとなりました。

バックライトで画面を照らす液晶ディスプレイと違い、有機ELディスプレイは1つ1つのピクセルが自ら発光して画面を映すことができます。
実はこの有機ELディスプレイはiPhone12シリーズ全てに採用されています。

他に変わった点と言えば、カラーです。
下記のようなラインナップとなっています。


■iPhone11
・ブラック
・ホワイト
・PRODUCT(RED)
・イエロー
・グリーン
・パープル

■iPhone12
・ブラック
・ホワイト
・PRODUCT(RED)
・グリーン
・ブルー

パープル、イエローがなくなり、代わりに深めのブルーになりました。

iPhone11ProとiPhone12Proを比較

続いてiPhone11ProとiPhone12Proを見ていきましょう。

iPhone11Proは5.8インチだったのですが、12Proは6.1インチと少々大きくなりました。
しかし、11Proより薄型になり持ちやすくなったと思います。

11Proと比べ、12Proはカメラの性能も上がりました。
LiDARスキャナが搭載され、ナイトモードポートレート等の機能が追加されました。
よく写真を撮る方や、写真にこだわりがある方には嬉しい性能となっていると思います。

12Proではカラーの種類も変わりました。

■iPhone11Pro
・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド
・ミッドナイトグリーン

■iPhone12Pro
・グラファイト
・シルバー
・ゴールド
・パシフィックブルー

スペースグレイから色の名称が変わりグラファイトになっていたり、ミッドナイトグリーンがパシフィックブルーに変わっています。

また、CPUも1世代新しいチップが搭載されており、11Proに比べると処理能力が速くなっています。

iPhone11ProMaxとiPhone12ProMaxを比較

iPhone11ProMaxとiPhone12ProMaxでは以下のような違いがありました。

11ProMaxが6.5インチだったのに比べ、12ProMaxは6.7インチと大きくなりました。ですが、本体の大きさはさほど変わらず、12Pro同様薄くなったため持ちやすくなったのではないかと思います。

12ProMaxもカメラ性能が向上しています。12Proと同じようにLiDARスキャナが搭載され、ナイトモードポートレート等の機能が追加されました。
もっと詳しくお話すると、12Proと12ProMaxでもカメラの性能が違います。
12ProMaxの広角レンズと望遠レンズが12Proよりも優れており、広角レンズは、暗いところに強く、より明るい写真を撮影するのに向いています。
望遠レンズも焦点距離が12Proより長いため、ズームの性能が強化されました。

iPhoneでより良い写真や動画を撮りたいという方は12ProMaxがオススメです。

続いて、カラーについてです。

■11ProMax
・スペースグレー
・シルバー
・ゴールド
・ミッドナイトグリーン

■12ProMax
・グラファイト
・シルバー
・ゴールド
・パシフィックブルー

カラーは12Proと同じでした。

12ProMaxのCPUは12Proと同じものが搭載されていますので11Proや11ProMaxと比べサクサク動くと思います。

iPhone12mini

iPhone12miniは、iPhone7やiPhone8、SE第2世代のサイズより一回り小さく、iPhone5シリーズ、iPhoneSE第一世代よりは一回り大きいサイズとなっています。
ですが、”5.7インチ”とミニサイズながら全面ディスプレイで大きくなっています。
どんどんサイズが大きくなっていたiPhoneでしたが、ここでminiが出てくるとは驚きでした。

12miniももちろん5G対応で、CPUも12、12Pro、12ProMax同等のチップが内蔵されています。
性能に関しましては、iPhone12とほぼ変わりませんので、小さいサイズがお好きな方には嬉しい機種となっています。

カラーは、iPhone12と同じラインナップとなっております。

■iPhone12mini
・ブラック
・ホワイト
・PRODUCT(RED)
・グリーン
・ブルー

それぞれの機種に良さがあり、どれも気になりますね。

予約開始日、発売日は?

iPhone12とiPhone12Proは、Apple正規店、docomo、au、softbankの3大キャリアでは10月16日より予約が開始しております。発売日は10月23日です。

iPhone12mini、iPhone12ProMaxに関しては11月6日予約開始、11月13日に発売開始となっています。

予約方法は、オンラインでの予約、もしくは店頭にて予約が可能です。
オンラインだと好きなタイミングで予約できるのでおすすめです。

機種の本体価格は?

iPhone12シリーズの価格を見ていきましょう。

64GB128GB256GB
iPhone1285,800円90,800円101,800円
iPhone12mini74,800円79,800円90,800円
※税抜き価格
128GB256GB512GB
iPhone12Pro106,800円117,800円139,800円
iPhone12ProMax117,800円128,800円150,800円
※税抜き価格

価格はiPhone11シリーズが出た当初に比べ多少安くなっている気がします。
購入するところによっては下取りでお安くなるサービスを行っているところもあります。
下取り価格はApple正規店、docomo、au、softbank、それぞれ異なりますので、予め調べてどこで購入するのがお得か比べてみるのもありかと思います。
また、今まで使用していた端末をスマートフォンの買取をしている店舗に持っていく方法もあります。
店舗や機種によって、買取金額は変わりますが、下取りよりも高く買い取って貰える場合があるので、そちらを利用するのもいいかと思います。

買取金額予想

昨年のiPhone11シリーズ発売当初の買取価格から、今回の新機種の買取価格を予想してみました。

64GB128GB256GB
iPhone1285,000円前後91,000円前後102,000円前後
iPhone12mini69,000円前後75,000円前後86,000円前後
128GB256GB512GB
iPhone12Pro118,000円前後128,000円前後131,000円前後
iPhone12ProMax70,000円前後80,000円前後90,000円前後

上記の表の価格くらいになるのではないかと予想しています。

iPhone12 ProMax買取簡単見積もり

iPhone12 Pro買取簡単見積もり

iPhone12 買取簡単見積もり

iPhone12 mini 買取金額簡単見積もり

mailメールのお問い合わせ