iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

iPhone12とiPhone11を徹底比較|結局どっちを買うべき?

iPhone12シリーズと11シリーズどちらを購入しようか迷っていませんか?それぞれ魅力的な機種ですが、性能や価格に違いがあるため、どちらを選べばいいか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、iPhone12シリーズとiPhone11シリーズを徹底的に比較し、購入を検討する際の材料にしていただければと思います。新しいiPhoneを購入するか悩んでいる方も、この記事を読んで自分に最適なシリーズを購入してください。

iPhone12とiPhone11の価格を比較

iPhone12シリーズとiPhone11シリーズはどれくらいの価格差があるのかを比較していきます。各キャリアごとに価格設定が異なるので、どこのキャリアを選べばいいかという参考材料にもなります。

iPhone11シリーズ価格一覧

デバイス名 GB SoftBank au docomo Apple
iPhone11 64GB
256GB
512GB
82,800円
87,840円
100,080円
82,405円
87,805円
99,900円
87,120円
95,040円
106,920円
71,280円
76,780円
88,880円
iPhone11 Pro 128GB
256GB
512GB
118,080円
135,360円
159,840円
117,515円
135,140円
159,330円
126,720円
142,560円
166,320円
117,480円
135,080円
159,280円
iPhone11 Pro Max 128GB
256GB
512GB
132,480円
149,760円
174,240円
132,480円
149,760円
174,240円
131,965円
149,465円
173,660円
131,780円
149,380円
173,580円

iPhone12シリーズ価格一覧

デバイス名 GB SoftBank au docomo Apple
iPhone12 64GB
128GB
256GB
110,880円
116,640円
131,040円
130,430円
108,260円
122,435円
101,376円
109,296円
123,552円
85,800円
90,800円
101,800円
iPhone12 Pro 128GB
256GB
512GB
137,520円
151,920円
180,000円
127,495円
140,750円
168,170円
129,096円
142,560円
169,488円
106,800円
117,800円
139,800円
iPhone12 Pro  Max 128GB
256GB
512GB
151,920円
166,320円
194,400円
141,900円
155,150円
181,540円
142,560円
156,024円
182,952円
117,800円
128,800円
150,800円
iPhone12 mini 64GB
128GB
256GB
96,480円
102,960円
116,640円
90,065円
95,240円
109,305円
87,912円
95,832円
110,088円
74,800円
79,800円
90,800円

2021年1月29日時点で、Apple Storeに「iPhone11 Pro」「iPhone11 Pro Max」のみ価格表示がなかったため、問い合わせをしたところこの2機種に関しては現在販売を終了しているとのことでした。

したがって、表に表示してある価格は販売当時のものです。購入したい方は、家電量販店か各携帯キャリアで探す必要があります。

それぞれのシリーズで1番高価な「Pro Max」の価格差は10,000〜20,000円程度とあまり差はないように感じますが、2021年9月ごろに発売が予想されている「iPhone13シリーズ」の発売と共に価格が下がる可能性はあります。今までも新シリーズの登場と同時に以前のシリーズは値下げされていました。

最新の機種にこだわりがなく、価格の安さを重視する方は値下げのタイミングでiPhone11シリーズを購入する方法がおすすめです。

iPhone12とiPhone11のサイズ比較

続いてiPhone12シリーズとiPhone11シリーズのサイズを比較していきます。iPhoneに限らずスマホのサイズは誰もがこだわりたいところ。日常生活に欠かせないものですから、自分にとって使い勝手のよいシリーズを選びたいですよね。今回は下記のサイズを比較するので、ぜひ参考にしてください。

  • ディスプレイの大きさ
  • 端末の高さ、幅、厚さ
  • 端末の重量

iPhone11シリーズのサイズ

デバイス名 ディスプレイ 高さ×幅×厚さ 重量
iPhone11 6.1インチ 150.9×75.7×8.3mm 194g
iPhone11 Pro 5.8インチ 144.0×71.4×8.1mm 226g
iPhone11 Pro Max 6.5インチ 144.0×71.4×8.1mm 188g

iPhone12シリーズのサイズ

デバイス名 ディスプレイ 高さ×幅×厚さ 重量
iPhone12 6.1インチ 146.7×71.5×7.4mm 162g
iPhone12 Pro  6.1インチ 146.7×71.5×7.4mm 187g
iPhone12Pro Max 6.7インチ 160.8×78.1×7.4mm 226g
iPhone12 mini 5.4インチ 131.5×64.2×7.4mm 133g

シンプルに使い勝手のよさだけを選ぶのであれば、サイズが小さく容量も大きい「iPhone12 mini」がおすすめです。iPhone12 Pro Maxと重量を比べると約2倍もの差があります。Twitter上でも、iPhone12 miniの使い勝手は好評なようです。



ディスプレイや端末自体のサイズに関してはそれほど違いはありませんが、iPhone12 Pro Maxは一際サイズが大きいことがわかります。

iPhone12とiPhone11のカラー比較

iPhoneのカラーは魅力的なものが多く、見た目の面でも非常に重要なウエイトを占めています。シリーズによって展開しているカラーが違うため「機能はこっちのシリーズがいいけどカラーが気に入らない…」といったことがないように、あらかじめカラーバリエーションを確認しておきましょう。

iPhone11シリーズのカラー一覧

デバイス名 カラー
iPhone11 パープル/イエロー/グリーン/ブラック/ホワイト/レッド
iPhone11 Pro/Pro Max ミッドナイトグリーン/シルバー/スペースグレイ/ゴールド

iPhone12シリーズのカラー一覧

デバイス名 カラー
iPhone12/mini ブルー/グリーン/レッド/ホワイト/ブラック
iPhone12 Pro/Pro Max パシフィックブルー/ゴールド/グラファイト/シルバー

出典:Apple Store

同じカラーでもiPhone11とiPhone12では色味が違うので、もっと詳しくカラーをみたい方は、Apple Storeでご確認ください。

iPhone12とiPhone11の機能比較

iPhoneはこれまで新しいシリーズが出るにつれて、機能面も大幅に変化しています。iPhone12シリーズとiPhone11シリーズでは、どれくら機能面に差があるのかをみていきましょう。

iPhone11機能一覧

  iPhone11 iPhone11 Pro iPhone11 Pro Max
充電コネクタ Lightning端子 Lightning端子 Lightning端子
チップ A13
Bionicチップ
A13
Bionicチップ
A13
Bionicチップ
防水・防塵性能 IP68 IP68 IP68
セキュア認証 Face ID Face ID Face ID
OS iOS 13 iOS 13 iOS 13
Apple Pay
SIM デュアルSIM
nano-SIMとeSIM
デュアルSIM
nano-SIMとeSIM
デュアルSIM
nano-SIMとeSIM
ワイヤレス充電
高速充電

iPhone12機能一覧

  iPhone12 iPhone12 mini iPhone12 Pro iPhone12 Pro Max
充電コネクタ Lightning端子 Lightning端子 Lightning端子 Lightning端子
チップ A14
Bionicチップ
A14
Bionicチップ
A14
Bionicチップ
A14
Bionicチップ
防水・防塵性能 IP68 IP68 IP68 IP68
セキュア認証 Face ID Face ID Face ID Face ID
OS iOS 14 iOS 14 iOS 14 iOS 14
Apple Pay
SIM デュアルSIM
nano-SIMとeSIM
デュアルSIM
nano-SIMとeSIM
デュアルSIM
nano-SIMとeSIM
デュアルSIM
nano-SIMとeSIM
ワイヤレス充電
高速充電

チップの違い

iPhone12シリーズとiPhone11シリーズでは「チップ」が違います。「A13
Bionicチップ」と「A14Bionicチップ」でそれほど大きな違いはありませんが、主に下記の点でA14Bionicチップのほうが優れています。

  • 集積度の向上により40%の処理速度の高速化
  • 電力消費の効率化
  • 画像認識や言語学習能力の増加

スマホ関連のリーク情報元として有名なlce Universe氏はTwitter上で「A14のパフォーマンスは期待外れ」と述べているように、A13チップとA14チップにはそこまで大きな差はありません。

防水・防塵性能

防水・防塵性能は両シリーズともに「IP68」という数値ですが、防水性は「最大水深6メートルで最大30分間耐えられる」性能です。

防塵性は「耐塵形。塵埃の侵入があってはならない。針金(直径1mm)での危険な箇所への接近に対して保護する」となっていますが、簡単にいうと粉塵性能はIECという規格中最高値で、粉塵の侵入はばっちり防ぎますということです。

iOSの違い

iPhone12シリーズとiPhone11シリーズでは、iOSに大きな違いがあります。アップデートすることでどちらの機種でも使えるようになりますが、iOS 14と13ではこのような違いがあります。

  • ホーム画面に配置するアプリをより細かく・みやすく設定できる
  • 「ピクチャ・イン・ピクチャ」によりビデオ通話の画面が小さくなる
  • ボイスメモアプリの音質改善、フォルダの追加
  • 翻訳アプリの機能向上→11言語対応可能に
  • 「Siri」の機械学習機能向上→話し方が自然、表示もコンパクトに
  • 「Safari」使用時にパスワードのセキュリティを強化

非常に便利な機能ばかりですが、さまざまなバグも報告されているので、アップデートの際はバックアップをとるなどして不具合に備えましょう。iOS 14について詳しく知りたい方はAppleサポートページをご確認ください。

単純な機能面だけでみると両シリーズとも大きな違いはないと言えます。

iPhone12とiPhone11のカメラ性能比較

次に、多くの方が気になる「カメラ性能」はどう違うのかを比較していきます。両シリーズで1番大きな変化はこのカメラ性能だと言われているので、カメラ性能にこだわる方は、ぜひ参考にしてください。

iPhone11シリーズのカメラ性能一覧

  iPhone11 iPhone11 Pro iPhone11 Pro Max
画素数 12MP 12MP 12MP
超広角 f/2.4(絞り値) f/2.4(絞り値) f/2.4(絞り値)
広角 f/1.8(絞り値) f/1.8(絞り値) f/1.8(絞り値)
望遠 f/2.0(絞り値) f/2.0(絞り値)
手ぶれ補正 光学式 デュアル光学式 デュアル光学式
光学ズーム 2倍(ズームアウト) 2倍(ズームイン、アウト) 2倍(ズームイン、アウト)
デジタルズーム 5倍 10倍 10倍
画質改善機能 ナイトモード
Deep Fusion
ナイトモード
Deep Fusion
ナイトモード
Deep Fusion

iPhone12シリーズのカメラ性能一覧

  iPhone12 iPhone12 mini iPhone12 Pro iPhone12 Pro Max
画素数 12MP 12MP 12MP 12MP
超広角  f/2.4(絞り値)  f/2.4(絞り値) f/2.4(絞り値) f/2.4(絞り値)
広角 f/1.6(絞り値) f/1.6(絞り値) f/1.6(絞り値) f/1.6(絞り値)
望遠 f/2.4(絞り値) f/2.4(絞り値)
手ぶれ補正 光学式 光学式 デュアル光学式 センサーシフト光学式
光学ズーム 2倍(ズームアウト) 2倍(ズームアウト) 2倍(ズームイン、アウト) 2倍(ズームイン、アウト)
デジタルズーム 5倍 5倍 10倍 12倍
画質改善機能 ・ナイトモード
・Deep Fusion
・ナイトモード
・Deep Fusion
・ナイトモード
・Deep Fusion
・Apple ProRAW
・ナイトモード
・Deep Fusion
・Apple ProRAW

両シリーズの性能の違いは表の通りです。それぞれの変化点を詳しく解説していきます。

背面カメラの違い

下記の画像をみてもらうとわかる通り、iPhone12、iPhone11ではカメラの数や形が違います。

iPhone11、12、12miniは同じ「2眼カメラ」で広角と超広角レンズに対応しており、iPhone11 Pro、Pro Max、12 Pro、Pro Max、は「3眼カメラ」で広角、超広角、望遠レンズに対応。

レンズ数が多いとより広い範囲を撮ることができるため、リアリティのある写真に仕上がります。また、同じ3眼カメラでもiPhone12 Pro、Pro Maxには「Lidar(ライダー)スキャナ」という装置がついており、暗い場所で撮影しても被写体のピントがぼやけずはっきりとフォーカスします。

Apple ProRAWの採用

iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxの2機種には「Apple ProRAW」という機能を使うことができます。Apple ProRAWは高度な画像処理技術によって、写真の色や陰影を最大限に引き出します。

こちらの画像はTwitter上に投稿されていたiPhone12 Proで撮影した写真です。「一眼レフ並のクオリティの高さ」と言われるくらい素晴らしい写真が撮れていることがわかると思います。

このように、カメラの性能はiPhone12シリーズに軍配が上がりました。普段からカメラ撮影をする人はこちらのシリーズをおすすめします。

iPhone12とiPhone11のバッテリー比較

続いてiPhone12シリーズとiPhone11シリーズのバッテリー性能を比較していきます。どちらも普通に使う分には全く問題ありませんが、動画の再生時間や充電速度は気になるところです。

iPhone11シリーズのバッテリー性能

  iPhone11 iPhone11 Pro iPhone11 Pro Max
充電方式 Qiワイヤレス充電
電源アダプタ使用
Qiワイヤレス充電
電源アダプタ使用
Qiワイヤレス充電
電源アダプタ使用
最大ビデオ再生可能時間 17時間
10時間(ストリーミング)
18時間
11時間(ストリーミング)
20時間
12時間(ストリーミング)
最大オーディオ再生可能時間 65時間 65時間 80時間
充電速度 30分で最大50%充電 30分で最大50%充電 35分で最大50%充電

iPhone12シリーズのバッテリー性能

  iPhone12 iPhone12 mini iPhone12 Pro iPhone12 Pro Max
充電方式 MagSafeおよびQiワイヤレス充電
電源アダプタ使用
MagSafeおよびQiワイヤレス充電
電源アダプタ使用
MagSafeおよびQiワイヤレス充電
電源アダプタ使用
MagSafeおよびQiワイヤレス充電
電源アダプタ使用
最大ビデオ再生可能時間 17時間
11時間(ストリーミング)
17時間
11時間(ストリーミング)
17時間
11時間(ストリーミング)
20時間
12時間(ストリーミング)
最大オーディオ再生可能時間 65時間 50時間 65時間 80時間
充電速度 30分で最大50%充電 30分で最大50%充電 30分で最大50%充電 35分で最大50%充電

バッテリーの性能に関しては、あまり大きな差はありませんでしたが、充電方式に変化があります。iPhone12シリーズから「MagSaf充電器」というものが登場しました。

iPhone11シリーズの「Qiワイヤレス充電」は丸型の充電器の上にiPhoneを置いて充電するタイプでしたが、MagSaf充電器は充電器が磁石になっており「iPhoneと充電器がくっつくので充電しているつもりが、朝起きたら置いた場所がズレていて充電できていなかった」ということがなくなります。

出典:Appleストア

ほかにもApple Watchを同時に充電できるタイプなどがあるので、興味のある方は探してみてください。

4Gと5Gの違い

iPhone11シリーズとiPhone12シリーズ最大の違いが4G回線か5G回線のどちらで通信をおこなうかです。iPhone12シリーズでは5G回線が使用できるようになっており、私たちの生活に大きな変化をもたらします。

  • 医療手術の遠隔操作
  • 完全自動運転車の誕生
  • ドローンを使った遠隔での農作業
  • 通信速度の加速、通信遅延および障害の減少
  • 多数同時接続により多くの人とオンライン上でやりとりが可能に

上記のほかにも5Gのおかげで非常に便利な世の中になります。しかし、現時点で5Gはそこまで普及しておらず、せっかく5G対応の機種を購入してもあまり使い所がありません。

ゆくゆくは5G対応機種を持っていないと不便になる可能性は高いですが、それほど焦る必要もないため、そのほかの機能などを比較するのがよいでしょう。

まとめ

今回は、iPhone11シリーズとiPhone12シリーズを比較してきました。両シリーズを比較する上で大切なことは下記の5つです。

  • 使い勝手のよいサイズを選ぶ
  • iPhone新シリーズが出て価格が下がったタイミングで購入するとお得
  • 同じカラーでもシリーズごとに色味が違う
  • カメラ性能はiPhone12シリーズが強い
  • 5Gは魅力的だが、いますぐ必要ではない

iPhoneは決して安い製品ではないため、自分が満足できるシリーズを選ぶようにしましょう。

iPhoneのほかのシリーズを比較した記事があるので、そちらも合わせて読んでみてください。

iPhoneを安く購入する方法

iPhoneを安くする方法のひとつに「買取」という方法があります。今持っているiPhoneを買い取ってもらい、買取金額で新しいiPhoneを購入すれば実質負担金額はかなり安く抑えられます。この機会に高価買取をしているクイックで査定をしてみてはいかがでしょうか。

mailメールのお問い合わせ