iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

iPhone 13(アイフォン 13)|高価買取価格の相場と推移を比較【買取クイック】

2022年9月iPhone 14シリーズが発売されました。そのこともあり、iPhone 13を高価買取業者に売りたいという方が急増しています。

この記事をご覧になっておられるあなたは、以下のような希望や疑問をお持ちではないでしょうか。

  • iPhone 13はオーバースペックで使いこなせないからスペックダウンするため売りたい
  • iPhone 14 Proに買い替えたいが下取りと買取はどっちがお得?
  • 高く売れるなら今のうちに売りたいがいくらで売れるの?

そこで、当記事ではiPhone 13の最新の買取価格の相場の推移と下取り価格の比較、高く売るためのコツについて、分かり易く解説します。

ぜひ、参考にしてくださいね!

目次

iPhone 13とiPhone 14の違い

まず、iPhone13とiPhone14の違う要素を抜粋して解説します。

iPhone13とiPhone14のスペックの違い

iPhone 13とiPhone 14のスペックはどこが違うのか?違う点を抜粋してみました。

iPhone 13とiPhone 14のスペック相違点比較
スペック項目 iPhone 13 iPhone 14
Photonic Engine なし あり
メモリ(RAM) 4GB 6GB

【iPhone 14 が進化した機能】

  • 「Photonic Engine」を搭載
    iPhone14はPhone 13に比べて超広角は暗所で最大3倍、望遠が最大2倍の補正性能になりました。
  • メモリが4GBから6GBに拡張されています。

iPhone 14 はiPhone 13 に比べて、殆ど進化していません。上位機種のiPhone 14 Proになるとアウトカメラの画素数が大幅に増えており、アクションモードなどの補正機能も進化しているので、メリットがあります。

しかし、iPhone 13からiPhone14に買い替えるのは特にメリットはないでしょう。

iPhone13とiPhone14の新規購入価格の違い

次にiPhone 13とiPhone 14の価格の違いをAppleとキャリアごとに見てみましょう。

キャリア ストレージ iPhone13 iPhone14 価格差
Apple 512GB ¥152,800 ¥164,800 ¥12,000
256GB ¥122,800 ¥134,800 ¥12,000
128GB ¥107,800 ¥119,800 ¥12,000
NTTdocomo(ドコモ) 512GB ¥199,430 ¥201,740 ¥2,310
256GB ¥158,180 ¥161,480 ¥3,300
128GB ¥138,380 ¥138,930 ¥550
au(エーユー) 512GB ¥189,590 ¥201,925 ¥12,335
256GB ¥154,770 ¥161,770 ¥7,000
128GB ¥137,295 ¥140,640 ¥3,345
Softbank(ソフトバンク) 512GB ¥190,800 ¥201,600 ¥10,800
256GB ¥155,520 ¥161,280 ¥5,760
128GB ¥138,240 ¥140,400 ¥2,160
Rakten Mobile(楽天モバイル) 512GB ¥162,800 ¥181,800 ¥19,000
256GB ¥132,800 ¥148,800 ¥16,000
128GB ¥117,800 ¥131,800 ¥14,000

キャリアのなかでは、楽天モバイルが最も安い価格で提供しています。iPhone13とiPhone14の差額では、Appleが12,000円ですが買い替えるメリットはありません。買い替えるのであれば、iPhone 14 ProかPro Maxであればメリットがあります。

それでは、iPhone 13の高価買取業者の価格相場の推移からみていきましょう!

iPhone 13買取価格の推移と下取り価格の比較

iPhone 13の買取業者の価格平均の推移を過去1年間のグラフを作成してみました。こちらは、中古品ですから製品の状態の良いものからランクが落ちるものまで(新品やジャンク品は除く)を、複数の買取業者の表示買取価格を平均した推移を表しています。

iPhone 13の過去1年間の価格推移

Apple製品の特徴として、発売直後の中古製品の価格よりも次世代製品が発売される直前の方が需要が増し、高く売れるという傾向があります。

クリスマス直前から年始にかけて横這いになり、3月頃から5月に底をつけます。初夏から8月まで一気に上昇して高値のピークをつけて、以降は横這いになって発売から2年目を迎える翌年は下落トレンドが継続するというパターンが多いのです。

そのため、お客様のなかには常に最新機種を発売日に購入され、高く売れる次世代機の発売日の1ヶ月前から発売日前の間に買取業者に売って、1年も経たずに次世代機を購入される方もおられます。こうすることで、数万円の買い替え資金で済むからです。

つまり、発売直後の中古価格あたりの価格と同じ価格帯にある秋口までが売り時といえます。

次に、各キャリアとAppleのiPhone 13の下取り価格をチェックしておきましょう。

iPhone 13のAppleと各キャリアの下取り価格

2022年10月現在の各キャリアの下取り価格を調べてみました。

H4 iPhone 13【NTT docomo】の下取り価格

モデル 正常品 画面割れ品 機能不良品
iPhone 13 512GB ¥93,300 ¥28,000 ¥11,800
iPhone 13 256GB ¥76,200 ¥22,900 ¥11,800
iPhone 13 128GB ¥69,600 ¥20,900 ¥10,500

NTT docomoでは、10月31日まで下取りプログラムキャンペーンを実施中で、期間中は上記の好条件で下取りしているようです。

ただし、当然下取り価格よりも高額な製品を購入した際の割引価格ですから、よく検討しましょう。

iPhone 13【au】の下取り価格

モデル 正常品 破損品
iPhone 13 512GB ¥55,550相当 ¥16,500相当
iPhone 13 256GB ¥49,500相当 ¥14,850相当
iPhone 13 128GB ¥44,550相当 ¥13,200相当

auの場合は、Pontaポイントでの還元になりますから税込金額から1P=1円相当のポイントバックになります。(法人の場合はauポイント)

iPhone 13【SoftBank】の下取り価格

モデル 正常品 破損品
iPhone 13 全モデル ¥44,400相当 ¥13,320相当

Softbankの場合は、PayPayポイントを選択した場合の特典金額のようです。ただし、破損品の場合は特典金額が減額となるとの注意書きがありました。

iPhone 13【Rakten Mobile】の下取り価格

モデル 正常品 画面割れ品 外装損傷品
iPhone 13 512GB ¥66,090 ¥19,830 ¥6,610
iPhone 13 256GB ¥58,370 ¥17,510 ¥5,840
iPhone 13 128GB ¥54,520 ¥16,360 ¥5,450

Raktenはdocomoに次いで下取り価格が高いですが、Rakten Mbileの場合はRaktenキャッシュ(電子マネー)での還元になります。

AppleのiPhone 13の下取り価格

モデル 最大下取り価格
iPhone 13 全モデル ¥63,000

Appleの場合、最大下取り価格のみ表示があり、破損品に関する下取り価格の表示はなく、査定により価格が変わります。

NTT docomoの期間限定のキャンペーンに関しては、買い替えならメリットがありそうですが、それ以外は買取業者の方が圧倒的に有利です。

それでは、iPhone 13中古品を複数の買取業者がいくらで買取価格を表示しているのかを調べましたので、その平均価格相場を見てみましょう!

iPhone 13(アイフォン 13) 高価買取、価格相場

iPhone 13の買取価格の相場は、キャリアが販売した製品によって異なる場合がありますので、キャリア別にまとめました。

中古買取価格は製品の状態にもよりますが、ここでは買取業者の買取表示価格を調査して各業者の買取価格の高値を平均して表示しています。

ただ、客寄せに高く表示している業者もあり、実際に売ってみると希望価格では売れなかったという場合もありますので、あくまで参考価格として見てください。

iPhone 13【docomo(ドコモ)】新品・中古買取価格表

モデル 新品価格 中古価格
iPhone 13 128GB ¥70,000 〜¥55,000
iPhone 13 256GB ¥80,000 ~¥65,000
iPhone 13 512GB ¥88,000 ~¥73,000

iPhone 13【au(エーユー)】新品・中古買取価格表

モデル 新品価格 中古価格
iPhone 13 128GB ¥70,000 ~¥55,000
iPhone 13 256GB ¥80,000 ~¥65,000
iPhone 13 512GB ¥88,000 ~¥73,000

iPhone 13【SoftBank(ソフトバンク)】新品・中古買取価格表

モデル 新品価格 中古価格
iPhone 13 128GB ¥70,000 ~¥55,000
iPhone 13 256GB ¥80,000 ~¥65,000
iPhone 13 512GB ¥88,000 ~¥73,000

iPhone 13【Rakten Mobile(楽天モバイル)】新品・中古買取価格表

モデル 新品価格 中古価格
iPhone 13 128GB ¥70,000 ~¥55,000
iPhone 13 256GB ¥80,000 ~¥65,000
iPhone 13 512GB ¥88,000 ~¥73,000

今回の調査(2022年10月時点)において、主要キャリア4社の買取業者の買取表示価格平均値は、どのキャリアも違いはなく同等の価格でした。

ただし、次のAppleのSIMフリーだけは別格です。

iPhone 13【Apple(アップル) SIMフリー】新品・中古買取価格表

モデル 新品価格 中古価格
iPhone 13 128GB ¥91,000 ~¥68,000
iPhone 13 256GB ¥103,000 ~¥78,000
iPhone 13 512GB ¥107,000 ~¥88,000

やはり、AppleのSIMフリー版はニーズがワンランク上になりますので、新品・中古どちらも買取価格は高くなります。

以上のように、AppleやキャリアのiPhone 13の下取り価格よりも買取業者の買取価格の方が圧倒的に有利です。

なお、中古品に関しては、外観や動作の状態などによって買取価格は変動します。弊社では現在、iPhone 13の買取価格表に書いてある金額は最高買取金額で、中古品の最小買取金額は「40,000円」です。

iPhone 13の新品・未使用品の買取条件・注意点

iPhone13に限らず、スマホを買取に出す際はできるだけ高く買取をして欲しいものです。しかし、高値がつく「新品・未使用品」にはいくつかの条件があり、条件を満たしていない場合、中古品扱いにされてしまいます。

買取に出したiPhoneをより高く買ってもらうために、以下の新品・未使用の条件を極力満たすようにしましょう。

  • 一度も開封されていない
  • 付属品がすべて揃っている
  • 保証書・説明書・領収書がすべて揃っている
  • 外箱や本体にキズや汚れがついていない
  • ネットワーク利用制限がかかっていない

これら条件が揃っていないと新品としては販売することができないため、どこの買取店でも基本的に条件は変わりません。買取を依頼する前に上記の項目をチェックしておくことが大切です。

買取査定に出してみないと本当の比較はできない

Appleやキャリアで下取りに出す場合もそうですが、iPhone 13を買取業者に売る場合も、単にサイト上で表示されている価格だけで判断しない方が安全です。

各買取業者でその時期の在庫状況や購入したいというお客様のニーズによって、買取価格は変化します。業者によっては、客寄せに買取価格を高めに表示し、査定で値を下げているところもあるといわれますので注意が必要です。

また、買取業者は買い取ったあと製品を整備して、整備品として販売する訳ですから業者の販売力によっても買取価格は変わります。

そこで、以下の点を実行しましょう。

  1. 全国に店舗を持っている販売力が高い業者に絞り込む
  2. サイトに表示されている買取価格ではなく、実際に買取査定に出して比較してみる

全国に店舗展開している業者は買いたいというお客様を多数抱えていますので、相場の変化にも敏感に対応しています。また、買取査定は無料のためコストはかかりませんので査定に出して実際いくらで売れるのかを確認しましょう。

iPhone13の買取価格をアップさせる6つのコツ

iPhone13を売るならできるだけ高値がついて欲しいと誰もが思うはずです。

出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-13-pro

本体価格が高い分、買取価格も高いのはもちろんですが、意外に簡単な方法で買取額をアップさせるコツがあります

簡単ですが、実際に行っている人は少なく、ほとんどの買取店に共通して高値がつく可能性はあがるので、ぜひためしてみてください!

iPhone13の買取額をアップさせるコツは、次の6つです。

  • 新しいiPhoneシリーズが発売される前に買取へ出す
  • 付属品を揃える
  • SIMロックを解除しておく
  • 本体・付属品を綺麗に掃除する
  • 端末のデータを消去、初期化しておく
  • 買取キャンペーンを上手く活用する

それぞれのコツを詳しく解説します!

iPhoneの最新モデルが発売される前に売る


出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-14-pro

iPhone 13の過去1年間の価格推移」で先述したとおり、iPhoneの買取価格の相場は、最新モデルが発売されると当然下がる傾向があります。最新モデルの発売日が噂されはじめたときに買取業者に売って、最新モデルが発売されると同時に購入するのが一番お得です。

これは、お持ちのiPhoneが新しく綺麗なうちに次々と最新モデルに乗り換えて行く方にはおすすめの方法です。

スマホを2台お持ちの方や、1〜2週間程度iPhoneを止めても問題ないという方は試してみましょう。

iPhone 13の付属品を揃える

iPhone 13を買取に出す際は、付属品が揃っていると高価買取をしてもらいやすくなります

買取業者は付属品が揃っていない状態で販売ができないため、足りない物を取り寄せてから販売します。

取り寄せる手間や費用を考えると、付属品が揃っているiPhoneを高く買取した方がよいのです。

iPhone13シリーズは以下の付属品がついているので、買取へ出す前にすべて揃っているかチェックしてみてください。

  • 説明書(保証書)
  • USB-C Lightningケーブル
  • Appleステッカー
  • SIMトレー取り出しピン
  • 外箱・内箱

特に、ステッカーやSIMトレー取り出しピンは紛失しやすいので、購入時にしっかりと保管しておきましょう。また、iPhone13シリーズには「電源アダプタ」「イヤフォン」は付属していないので、無理に揃える必要はありません。

iPhone 13のSIMロックを解除しておく

SIMロックとは、各携帯キャリアに設けられた制限のことで、SIMカードは同じキャリアでしか利用できません。しかし、SIMロック解除をすると、キャリアに関係なく同じSIMカードを差し替えればすべてのスマホを利用できるようになります

例えば、SoftBankのiPhoneにSIMロックがかかっている場合は、SoftBankユーザーだけにしか販売できません。一方、SIMロック解除がされているiPhoneは、すべてのスマホユーザーが対象になるので、より多くの顧客に購入してもらえます。

SIMロックは簡単に解除できますが、大量のスマホを解除すると膨大な時間がかかるため、手間がかからないスマホを高く買い取るのです。買取業者によって金額の増減はありますが、SIMロックを解除するだけで約2,000〜3,000円も買取金額がアップします。

ただし、SIMロックを解除するためにキャリアで3,300円などの手数料がかかる場合は、無理に解除する必要はありません。

iPhone 13にはSIMロックが設定されていない製品もありますが、念のため確認しておきましょう。

各キャリアのSIMロック解除に関する案内は以下の各キャリアの公式サイトリンクから確認できます。

NTTdocomo

au

SoftBank

※Rakten Mobileが扱う製品にはSIMロックが設定されていませんので、解除する必要はありません。

iPhone 13の本体・付属品を綺麗に掃除する

出典:ttps://search.kakaku.com/%83X%83%7D%83z%20%83N%83%8A%81%5B%83i%81%5B/

iPhone 13を買取に出す際は、本体や付属品を綺麗に掃除しておきましょう。買取査定をする側も人間なので、汚れや粘着物が付いたものより綺麗なものに好印象をもち、高価な査定額をつけたくなるものです。

ただし、綺麗にしたいからといってゴシゴシと強くこすったり、水分を多く含んだタオルなどで拭くと逆効果になってしまいます。上の画像の「スマートフォンふきふき」などを使うと除菌もできて便利です。

Appleの公式ページにiPhoneの正しい掃除方法が記載されているので、次の手順に従って手入れをしてみましょう。iPhone13シリーズと12、11シリーズの掃除方法は同じなので、合わせて参考にしてみてください。

■iPhone13、12、11シリーズの掃除方法

1.iPhone 13についているケーブル類をすべて取り外す

2.iPhone 13の電源を切る

3.メガネ拭きや専用のペーパータオル等の糸くずが出ない柔らかい布を湿らせ、汚れを優しく拭き取る

4.落ちにくい汚れは布を温かい石鹸水に浸して再度優しく拭き取る

石鹸水以外の洗剤は使用しないでください。

■iPhone13、12、11シリーズを掃除する際の注意点

●開口部に湿気が入り込まないように注意する

●洗浄用品や研磨剤を使うとコーティングはがれる恐れがあるので使わない

●汚れやシミなどが付着した場合は、放置せずすぐに拭き取る

他のiPhoneシリーズの掃除方法を知りたい人は「Apple公式|iPhoneのお手入れをする」をご確認ください!

iPhone 13のデータを消去、初期化しておく

iPhone 13の端末のデータを消去し初期化すると、買取額がアップする可能性は高くなります

事前にデータ消去、初期化をしておくことで買取店側の手間が減るため、その分の買取額がプラスになるのです。

また、セキュリティやプライバシー保護の観点から見ても、データの削除をした方が安心できるでしょう。

データの消去や初期化の方法は「iPhoneを売るときにやるべきこと【買取クイック】」でわかりやすく解説しています。

iPhone 13の買取キャンペーンを上手く活用する

スマホ買取業者は、定期的に買取額をアップするキャンペーンを行っています。特に、新しいシリーズが出たときは買取の需要が高く市場が活発になるため、キャンペーンを開催する可能性が高くなります。

キャンペーン開催中に買取に出すことで、通常よりも買取金額が上がるのでチェックしておきましょう。買取クイックでも、現在iPhone13シリーズのキャンペーンを開催中です!

iPhone13シリーズを2台以上買取に出すと、1台につき500円買取金額がアップします!

iPhone14シリーズが発売された直後の今しかできない期間限定のキャンペーンなので、お早めにお申し込みください!

※買取金額の合計が5,000円以上の場合のみ有効

※買取見積もり時に現在のページを店頭スタッフに提示することで有効

iPhone13の買取価格が減額になってしまうケース

iPhone13シリーズのように新しいスマホは基本的に高く売れますが、いくつかの注意点を守らないと減額になるケースもあります。


出典:https://www.apple.com/au/iphone-13-pro/

買取後に再販売するときに何かしらの不具合が出ると判断されたiPhone 13は、外観が綺麗でも減額の対象に。

主に、減額対象となるのは以下3つのケースです。

【買取業者で売るときの減額要素】

  • 残債が残っている
  • 本体が破損している
  • 機能に不具合がある

このような不具合を出さなければ高額買取につながるので、購入後は大切に扱うことを心掛けましょう。

【減額要素の対策】

  • Appleやキャリアの標準保証でできる修理で減額対策する
  • Apple Care +で無料または安価にできる修理をして減額対策する

iPhone 13の買取価格の減額をされる要素を減らす、または無くすための対策もありますので、できることは実行しましょう!

対策については意外と気づいていない方が多いので、具体的に解説します。

iPhone 13の残債が残っている

iPhone13を分割払いで購入しており、まだ残債が残っている場合は注意が必要です。残債の未払いが続くと、各携帯キャリアにより通信制限のロックをかけられてしまいます。このロックがかかった状態を「赤ロム」と言います。

赤ロムになった端末を購入し、携帯キャリアと通信契約をしようとしてもロックがかかっているため、契約はできません。

残債が残っているスマホは赤ロムになってしまうリスクがあるので、どうしても買取金額を下げざるを得ないのです。場合によっては、買取を拒否されることも。

買取金額を減額されないように、買取を依頼する前に必ず残債の確認をおこないましょう!残債の確認方法は「分割払いのスマホは売れるの?売る時の注意は?」で詳しく解説しています。

iPhone 13の本体が破損している

iPhone 13の本体が破損していると減額されてしまうのは当たり前かもしれませんが「故障したスマホは売れない」と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、本体が破損していても基本的には買取を拒否されることは少ないと言えます。

減額の対象にはなってしまいますが、端末の内部に影響がなければ画面割れや本体のひび割れなどの破損は修理して使えます。

後述する「AppleCare+」というAppleの修理保証サービスに加入している場合、キャリアやスマホ修理店よりも安く修理してもらえるため、修理をしてから買取に出す方が圧倒的に有利です。

iPhone 13の機能に不具合がある

iPhone13の外観が綺麗でも中身の機能に不具合があった場合、減額の対象になります。買取の際は、外観だけではなく中身もしっかりチェックしているので、事前にご自分でも確認しておきましょう。

チェックするべき主な不具合項目は以下の通りです。

  • スピーカーの音ははっきりと聞こえるか?
  • カメラは鮮明に写っているか?
  • カメラにモヤがかかったり、影が入ったりしていないか?
  • タッチパネルはスムーズに反応するか?
  • バイブ機能は正常に震えるか?

上記の不具合は減額対象になってしまうので、Appleや各携帯キャリアの修理保証サービスを利用し、無料または安価な範囲で修理をするとよいでしょう。

Appleやキャリアの標準保証でできる修理で減額対策する


出典:https://www.apple.com/legal/warranty/products/warranty-japanese.html


状態が良いiPhoneほど高く売れる傾向がありますから、もし不具合がある場合は無料で修理しておきましょう。

iPhone13は購入から1年以内は、標準保証が付いています。もし、保証書を失くしてしまった場合でも、製品のシリアル番号で管理されているため、標準保証範囲で修理してくれます。

たとえば、バッテリーの劣化から充電するのに時間がかかる、満タンにできないなど、製品に不備があると考えられる故障は期間内であれば、無償で修理してくれるのです。

iPhoneに不具合がなければ、買取業者の査定で減額されることがないので、できるだけ高く売ることができます。

Apple Care +で無料または安価に修理をして減額対策する


出典:https://www.apple.com/jp/support/products/iphone/


Apple Care +に加入している場合、標準保証の期間が1年から2年に延長されます。ボタンの反応が悪いなどの不具合を修理しておくと、買取査定が有利になりますので、積極的に標準保証の無償修理を利用しましょう。

Apple Care +に加入している場合の修理料金は以下のとおりです。

  • 画面割れなどの修理代金:3,700円
  • 背面ガラスの修理代金:3,700円
  • その他の修理代金:12,900円
  • バッテリーの交換代金:無料

全国展開している【買取クイック】なら安心!

iPhone 13の下取り価格、買取価格相場をキャリアごとに見てきました。

具体的な価格は当サイト内の最新買取価格ページの【オンライン査定】ボタンをクリックするか、最寄りの店舗にお電話またはメールでお問い合わせいただく、或いは最寄りの店舗にお越しいただけましたら、無料で査定し時点の価格をお伝えいたします

なお、弊社の店舗は以下のとおりです。

東京都店舗

東京都28店舗の一覧を見てみる

神奈川県店舗

神奈川県20店舗一覧を見てみる

千葉県店舗

千葉県6店舗の一覧を見てみる

埼玉県店舗

埼玉県10店舗の一覧を見てみる

北海道店舗

北海道4店舗の一覧を見てみる

愛知県店舗

愛知県3店舗の一覧を見てみる

大阪店舗

大阪府4店舗の一覧を見てみる

福岡店舗

福岡県2店舗の一覧を見てみる

沖縄県店舗

沖縄県4店舗の一覧を見てみる

その他17店舗

その他17店舗の一覧を見てみる

mailメールのお問い合わせ