iPhone高価買取のクイック

iPhone・スマホ買取クイック 特集

iPhone査定に出す前に、お持ちのiPhoneの状況やこのページの注意点をご確認ください。
付属品の不足、キズや故障、残債あり(分割払い中)のiPhoneは減額対象となりますので、ご注意願います。

外箱・イヤホンなど付属品がないiPhone

Accessoire

iPhoneを買取に出されるお客様からの質問で多いのが「付属品がないと減額になりますか?」というものです。 付属品はあればあるほど良いです!ほとんどの買取業者では減額対象となりますので、少しでも高く売りたい場合は揃えましょう。
買取クイックでは、一点につき500円程度の減額となり、二点で1,000円、三点で1,500円と増えますのでご注意願います。
査定価格につきましては無料のお見積りも行っておりますので、気になる方はぜひお問い合わせ下さい。

iPhoneの付属品

iPhoneの付属品は以下の通りですので、お手持ちのiPhoneの付属品を確認してみてください。
古いiPhoneを売って、新しいiPhoneを購入する際は付属品の内容を確認し、使用しない箱や付属品は全て保管しておきましょう。

付属品一覧
  • 外箱
  • 説明書
  • イヤホン
  • SIM取り出しピン
  • USBライトニングケーブル または USB-Cライトニングケーブル
  • 充電器(電源/ACアダプタ)
  • 変換アダプタ(iPhone11以降は付属していません)

※画像は一例です。機種により付属していないものもございます。

2020年10月発売以降の機種にはUSB-Cライトニングケーブルのみ付属しています。
iPhoneSE(第2世代)、iPhone11、iPhoneXRの付属品につきましては以下の2パターンです。

  • 箱、充電器(電源アダプタ)、イヤホン、ライトニングUSBケーブル(2020年10月以前)
  • 箱、USB-Cライトニングケーブル(2020年10月以降)

iPhoneの保証書がない

iPhoneには元々保証書がついていないのでご安心ください。
Appleの通常の保証は製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償サポートです。
保証期間につきましてはApple公式にある保証状況の確認にてご確認ください。
確認の際にはシリアル番号が必要になりますので、以下の手順で事前に準備しましょう。

シリアル番号の確認手順
  • iPhoneのホーム画面から「設定」を選択
  • 「一般」を選択
  • 「情報」を選択
  • シリアル番号欄にある番号を長押ししてコピー

また、キャリアで購入した場合は別途キャリアの保証期間もありますので、そちらもご確認ください。

画面割れ、水没など故障したiPhone

Broken

画面割れ、液晶割れ(漏れ)、水没など、うっかり落としたり、水に浸けてしまったiPhone。
壊れてしまったこのタイミングで買い替えようかな?と考えていらっしゃる方もいるかもしれません。

壊れたiPhoneも減額対象、損傷が激しい場合は買取不可となる可能性がございます。
液晶画面のヒビ割れ、背面割れ、液晶パネルが浮いている、フレームが割れたり曲がっているものも減額対象となります。

壊れたiPhoneの例

  • 画面割れ

  • 液晶割れ(漏れ)

  • フレーム傷

  • パネル浮き(上)

  • パネル浮き(横)

  • カメラレンズ割れ

  • バッテリー膨張

バイブやスピーカーなどiPhoneの機能もチェック

iPhoneの見た目は壊れていないし大丈夫!と安心してはいけません。
機能が正常に動作しない場合も減額対象となりますので、こちらもチェックしましょう。

チェック内容
  • スピーカーから着信音や音声などの音は正常に出ているか
  • バイブレーション機能が正常に作動しているか
  • カメラが正常に起動するか、ゴミなどの映り込みがないか
  • ボタンの反応に異常はないか

残債がある(分割払い中)iPhone

Residual bonds

iPhoneを分割で購入し、支払いがまだ残っている状態だと減額もしくは買取不可となる可能性がございます。
分割払い中のiPhoneは購入したキャリア(docomo、SoftBank、auなど)に所有権があり、仮に分割金の支払いが滞った場合、利用制限をかけられてしまうためです。
利用制限がかかってしまうと電話やインターネットが利用できなくなるため、購入したユーザーがある日突然iPhoneを使えなくなってしまいます。
このようなリスクを避けるため、完済してあるiPhoneのほうが高値で買い取ってもらえるということです。

査定前にお手持ちのiPhoneを確認しよう

Before

買取の流れ

Flow

mailメールのお問い合わせ