iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

20年11月最新iPhoneの下取り価格キャリア比較まとめ(au、docomo、SoftBank)

機種変更のタイミングでiPhoneを下取りに出すか、買取店に売却するか、そのままサブ端末として残してWIFIで運用して使うか迷いますよね。基本的には売却して現金化か下取りに出しますが、下取りと売却どちらのほうがいいかよくわからないということが多いので今回は機種変更時の参考にキャリア別(au/docomo/Softbank)下取り価格をキャリア公式サイトを参照して表にまとめてみました。

※記載の下取り価格は2020年11月時点のものになります。

docomoの下取り価格公式サイトはこちら

auの下取り価格公式サイトはこちら

Softbankの下取り価格公式サイトはこちら

下取りに出す前の注意点

キャリアの下取りはポイントでの還元

キャリアの下取りは機種変更時にしか基本的に使えなく、ポイントでの還元なのと端末購入代金から割引かれるものになるので、現金での還元は行っておりません。

もし現金で欲しいという方は買取専門店に売るのと時間をかけずすぐに現金でもらえるので売却を検討してみるとよいです。ただ買取専門店は数が多いのと、お店によって価格相場などが変わってくるのでその辺を考慮する必要があります。

下取り価格は最大価格なので満額還元になるとは限らない

買取店も基本的にはキャリアの下取り価格にニアリーな価格帯で買取していることが多いです。下記に記載するキャリアの下取り価格も最大価格なので中古正常動作品であったとしても、傷がなどがあり使用感が多いものは減額対象になるのでキャリアであれば満額の還元が受けれるとは限らないので注意が必要です。

傷や使用感、付属品の有無などはキャリア、買取店もどちらも価格に影響してくるので現物次第で価格が決まることは頭に入れておいたほうがいいですね。

破損状態によっては下取り拒否されることもある

また画面割れ品だと大きく金額が下がるのはどのキャリアも共通しています。画面割れ以外の不具合や液晶破損まで破損している場合は金額がつかないこともあるので注意が必要です。

あまりにも破損状況が厳しいと下取り拒否されるケースもあるようです。

iPhone11シリーズ下取り価格

iPhone11の売却金額目安はこちらから

iPhone11Proの売却金額目安はこちらから

iPhone11ProMaxの売却金額目安はこちらから

au、docomoは容量別に金額が記載ありますがSoftBankはありません。端末の価格は容量によって大きく変わってきます。公式サイトに記載の金額は最大下取り金額なので少ない容量の端末の場合の下取り金額は少なめに見積もったほうが良さそうです。

iPhoneXシリーズ下取り価格

iPhoneXの売却目金額目安はこちらから

iPhoneXRの売却金額目安はこちらから

iPhoneXsの売却金額目安はこちらから

iPhoneXsMAXの売却金額目安はこちらから

iPhoneXの発売は3年前の2017年の11月なので下取り金額が大分安くなっている印象です。発売時価格が64GBで112,800円 256GBで129,800円で「パソコン買える金額!!」と言っていたの物が3年も経つとかなり安くなっちゃうんですね。

iPhone7/8シリーズ下取り価格

iPhone7の売却金額目安はこちら

iPhone7Plusの売却金額目安はこちら

iPhone8の売却金額目安はこちら

iPhone8Plusの売却金額目安はこちら

iPhoneSE〜6sシリーズ下取り価格

iPhoneSEの売却金額目安はこちら

iPhone6の売却金額目安はこちら

iPhone6Plusの売却金額目安はこちら

iPhone6sの売却金額目安はこちら

iPhone6sPlusの売却金額目安はこちら

iPhone6〜6sは古すぎて下取り金額がすずめの涙程度ですね。発売から5〜6年前の機種は何かしら壊れていることも多く下取りに出すのは難しそうです。

下取りと売却のメリット・デメリットは?

下取りも売却も個人によってメリット・デメリットが分かれます。絶対に下取りが得、売却のほうが得ということはなく人それぞれ置かれた状況によって損得が分かれます。下記記事でわかりやすくそれぞれのメリット・デメリットを解説しているので併せて読んでみてはいかがでしょうか。

mailメールのお問い合わせ