iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

スマホの買取と下取りはどっちがお得?スマホ買取ならクイック買取

iPhone高額査定

買取と下取りについて

スマホを機種変更するときなどに、疑問に思ったことはないだろうか?今使っている使ってたスマホはどうしたいいものか。買取に出すべきか、下取りに出すべき。いやここは、敢えてサブ端末として持っておくべきなのか。そもそも買取と下取りならどちらがお得なのだろうかと。買取や下取りにはどの様な利点が?よくよく考えてはみたものの、言葉は知っていてもどのようなサービスなのかわからない。そんな迷える方々と今回はスマホの買取と下取りの違いとどちらがお得かを一緒に紐解いていこうではないか。

 

★買取

買取とは、家電量販店やゲオやブックオフなどのリサイクルショップなどで、使わなくなった、壊れたandroidやiPhoneを現金化してくれるサービスだ。スマホの状態で査定額が決まる。傷がある、ボタン類が効かないなどの物も、買い取ってくれる店舗も多い。付属品がついてると価格が上がったり高く買い取ってもらえる。

 

・メリット

その場で即現金化してくれるとこが多いので、今すぐお金が欲しい時にはとても助かる。店舗に出向けば大体、15~30分で終わるので、隙間時間で行ける。その他に、買取の店舗が多いので、町にでも出向けばすぐ売れる。

出不精で外に出たくない人にも安心サービス。物品と必要書類を箱に入れて発送するだけで終わるとても助かる、宅配買取を行っているところもあるので助かる。

・デメリット

何よりも買取を実施してる店舗が多い、買取相場にバラつきがある。店舗にもよるが、買取金が振り込みの場所もあるので下調べする手間がある。

また、売りに出すスマホの状態や付属品などで価格が変わるので綺麗にしたり、初期化やSIM解除などの手続き、付属品を探したりしなければならない。

 

 

★下取り

新しいスマホに買い替える際に、今お使いのスマホや使わなくなったスマホを携帯大手三社(ドコモ、au、ソフトバンク)Apple Storeに下取りに出すと、ポイントやクーポンなどに換えて端末購入時の金額を減額出来るサービス。

・メリット

携帯大手三社によるクーポンやポイントの進呈等もあり、買い替え時のスマホの料金を差し引いたり、月々のご利用料金に充当することも出来る。また同じキャリアなら分割払いが残っていても機種変更できる。勿論残った分割代金は月々の支払に回ってくるが、最新機種が発売した際に、割り引いて購入が出来るのはお得だ。

また金券が貰えたり、買取の査定と比べ、下取りの査定はとても緩いそうだ。買取での付属品、傷などの減額があるに対し、下取りではそこまで加味しないとのこと。それと機種変更する際に、そのまま手続きができ効率がいいのは、言うまでもないだろう。

・デメリット

下取りで一番のポイントは、現金化が出来ないうえ、査定額が一定である。貰えるポイントに期限が設けられることもあるので、使用するのを忘れ失効したりと扱いが難しい。勿論クーポンに関しては、契約している携帯会社でしか使えないものもある。

現在契約中の携帯会社を途中で契約解除し別携帯会社と契約したりすると違約金等発生してしまうことがある。

 

★買取専門業者による買取とは

 

買取の店舗を見つけ予約して(中には、予約なしで飛込み来店も受け付けてくれるところもあるようだ。)売りに出す端末を持って、店舗でスタッフに買取に出すスマホを渡し、査定してくれるので見積もり書を貰い、サインをしたら現金を頂くというのが大まかな流れである。

買取業務を行っているのは、ゲオやブックオフ系列のリサイクルショップや、携帯修理を行っている会社などの実店舗やネット上WEBサイトの価格.comなど五万とあり、査定の基準も買取相場にバラつきがある。また、家電量販店では買取と下取りを行っているところがある。

取り扱い店舗、会社にもよるが壊れてても買取を行っているところがある。

 

★大手キャリアや家電量販店の下取りとは

 

Applestoreや、大手三社のキャリア会社(au、ドコモ、ソフトバンク)の店舗、家電量販店で下取りを出すことが可能だ。受付で対応するなどは買取と変わらない。先程も言った通りに、ポイントや割引きといった形で新しく買いかえる端末の購入費用に、充てることが出来る。

審査額や査定基準は低く、一括りに画面割れ〇〇円・割れてなければ〇〇円や大まかに壊れているか壊れてないかなどで各キャリアごとで価格などの基準は少々異なる。

端末をショップに持っていくか、各キャリアのHPから下取りの申し込みをして郵送で送ることも出来る。

下取りに出せる端末は、キャリア会社別で違うことがあるので、下取りする際は一度調べておくといいだろう。

Apple Store以外は2年縛りなので、現在お使いのスマホを契約してから2年以内に下取りに出すと、月々の割引が失効し端末残債を支払う必要があるので要注意。

買取と下取りの違い

・買取では、細かい傷や動作不備、付属品で査定額が上下するのに対し、下取りでは水没していたり、バッテリー不良で電源がつかないなどの不良がなければ査定額が一定である。

・買取では現金を受け取れるが、下取りは次に買う端末の料金が減額されるだけの為、現金は貰えない。

・買取を行っている店舗は大手キャリア会社ではなく、リサイクルショップや携帯修理屋、家電量販店などで下取りの場合、大手キャリア会社とApplestoreに限る。

余談ではあるのだが、買取に出したスマホは、国内で中古販売されるのに対し。下取りされたスマホの行方は、どうなっているのやら…公表されていないのだ。これを機に一度調べてみる必要がある。それは、またの機会にでもしておこう。

★買取・下取りに出す際の注意事項

iPhone高額買取

・綺麗にしよう。

買い取ってもらう以上、間違いなく見栄えがいいほうがいいだろう。指紋がべっとりついたスマホは減額対象だ。なのでとにかく綺麗にしよう。画面は勿論、ボタン類、背面も拭こう。

・付属品

購入時に付属さてたものがあると、高く売れる。iPhoneの場合は、箱は勿論、充電器やイヤホン、ステッカーなどが付属されてる。付属品の数で買取の値段が変動するので、高く買い取ってもらうには、とにかく付属品を揃えよう。androidも同様に揃えよう。

・動作のチェック

スマホの動作チェックをしておこう。スピーカーから音が流れているか、カメラは機能しているか。バイブレーションは鳴るか。ボタンの反応などに不備がないか。

・分割払い

一括でスマホ端末を購入した方は、問題ないのだが。買取や下取りにだしても残りの支払い分は残るので、契約途中であれば今一度月々の支払状況確認して、残りの端末分割代金を確認することをお勧めする。支払い状況は各キャリアのマイページから見ることが出来る。

au

ソフトバンク

ドコモ

各キャリアのマイページに飛べるリンク先を、貼るので気になった方はログインして確認してみてはいかがだろうか。

★どっちがお得なの?

スマートフォン買取

今回の本題となる、ではどちらがお得なのかということだが。何より私個人からしてみれば、現金に勝るものはないと思うので買取がお得とは思うが、キャリアを引き継ぎ機種変更する際は、下取りという手もある。ひとまず買取と下取りの早見表を作ったので改めて比較してみよう。

         買取            下取り
  メリット

 

  ・査定が早い。

・即現金化・振り込みが可能。

・査定額が高い。

・ 買取店舗が多い。

  ・金券やポイントが貰える。

・査定が低い。

・機種変更などの手続きが楽。

・値引きに充てられる。

 デメリット

 

  ・下調べする必要がある。

・下準備に時間がかかる。

・査定額にバラつきがある。

・査定基準が高い。

  ・現金化出来ない。

・下取り価格が低い。

・金券やポイントに期限がある。

 

上の表を見てもらえれば、わかると思うが正直良いも悪いもないのかもしれない、適材適所と言ったところか。スマホを高く売り現金を手にするか、ポイントとして減額に充てるか。

結局の所下取りに出して端末代を払うにしても現金は必要なわけで、下取りで得たポイントやクーポンだけではスマホを買うことは出来ないだろう。ただし機種変更サービスや乗り換えキャンペーンがある場合はまた少し変わってくるだろう。

度々すまないが、飽くまでも私個人的な意見ではあるのだが、ポイントで減額され金額が差し引かれるか、現金が手に入るかなら迷わず現金を選び美味い飯を食うだろう。

なのでお得かと聞かれれば、皆の状況次第だ。機種変更時に買取に出したお金を充てたい、または機種変更せず現金が欲しいのであれば買取へ。機種変更時少しでも端末の代金を安く抑えたい人には下取りがお勧めなのかと思う。

まさかとは、思うが。いやまさかいないとは思うのだが、スマホは古くなればなるほど買取・下取り相場額が下がるので、出来るだけ早く売ろうとまだ使う予定のあるスマホを売るのは、本末転倒バカの一つ覚えなのでやらないように。

 

mailメールのお問い合わせ