iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

MacBook Air(M1)とは?「コスパ最強」の秘密を徹底解説!

高い人気を誇るノートPCとして有名な「MacBook」。

中でも、コストパフォーマンス最強と言われている製品が 「MacBook Air(M1)」です。従来のMacBook Airから大幅向上したスペックに購入を検討している方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、MacBook Air(M1)が提供している高いコストパフォーマンスの秘密を詳しく解説します。スペックはもちろん、どんな作業ができるのかというポイントも紹介するので、購入を検討している方は参考にしてみてください!

MacBook Air(M1)とは?

Apple公式

MacBook Air(M1)とは、みなさんご存知「Apple」が販売しているノートPC「MacBook」シリーズの1種類のこと。

中でも、本体の軽さや扱いやすさから初心者〜中級者に最適なエントリーモデルなのが「MacBook Air」です。

そんなMacBook Airの2020年発売最新モデルが「MacBook Air(M1)」となります。M1とは、Appleが独自開発したチップ「M1チップ」のこと。

Macシリーズに搭載することで、従来より高い処理性能と最適な電力効率を実現しました。

したがって、MacBook Air(M1)は、従来のライトユーザー向けスペックを一新し、高い処理能力が必要な作業にも使用できるパワーを獲得したのです!

そのスペックは、上位モデルである「MacBook Pro」の型落ちモデルと比較しても遜色ないほどと言われています。

また、高い性能を持ちながら、比較的安価で購入できるため「コストパフォーマンス最強」とも称されるノートPCがMacBook Air(M1)なのです。

M1チップ搭載のMacBook Airは現状1機種のみ

現状、MacBook Airの中でM1チップ搭載製品は、2020年に発売された「MacBook Air(M1)」のみとなります。

MacBook Air(M1)の気になるスペックを確認してみましょう!

価格・ストレージ容量256GB:115,280円〜・ストレージ容量512GB:142,780円〜
カラー・シルバー・スペースグレイ・ゴールド
本体サイズ・高さ:0.41~1.61cm・幅:30.41cm・奥行き:21.24cm
ディスプレイサイズ13.3インチ
重さ1.29kg
CPU・GPU・Apple M1チップ4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU、最大8コアのGPU16コアNeural Engine
メモリ8GBユニファイドメモリ
ストレージ・256GB SSD・512GB SSD
バッテリー・49.9Whリチウムポリマーバッテリー内蔵(最大15時間のワイヤレスインターネット)(最大18時間のApple TVアプリのムービー再生)
ポートThunderbolt / USB 4ポートが2つ
キーボードバックライトMagic Keyboard
ディスプレイRetinaディスプレイ

なお、本製品にはオプションとしてメモリやストレージの追加も可能です。メモリ容量は22,000円の追加料金を払うことで、最大16GBまで拡張できます。

同時に複数の作業を行う人は、拡張しておいてもよいかもしれませんね。ストレージ容量は、最大2TBまで拡張できます。

ただし、大容量を必要とするなら外付けHDDの方が優秀という声も多いようです。オプション料金も高価なため、購入時、無理に拡張せず様子をみるのも1つの選択と言えます。

2022年新MacBook Airが発売!?

Apple公式

約2年ほどの期間を経て、2022年後半MacBook Airの新型が発売されるというリーク情報が出ています。

情報によると、新型モデルはM1チップの上位互換である「M2チップ」を搭載。さらなるパフォーマンスの向上が見込まれています。

さらに、従来のMacBook Airより軽量で薄型にデザインも一新されるとのこと。全8種類の豊富なカラーバリエーションが展開されるようです。

2023年には、ディスプレイサイズが15インチのモデルも発売されるとの情報もあり、さらに選択肢が広がります。

開発中なのは間違いないですが、公式アナウンスがあったわけでは無いため発売時期や細かいスペックについてはあくまで噂です。

そう遠くない未来に正式なアナウンスが出ると予想されますので、期待しておきましょう!

MacBook Air(M1)の特徴

Apple公式

「高評価なMacBook Air(M1)が気になっている」という方のために、本製品ならではの特徴をご紹介します。

本製品における最大の特徴といえるM1チップについても詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

Apple独自開発のM1チップを搭載

M1チップ搭載モデルの最大の特徴は、従来のモデルよりパフォーマンスが大きく向上した点です。

例として、2020年3月に発売された「MacBook Air (Intelチップ搭載モデル)」と比較すると、次のような性能差が挙げられます。

  • バッテリー持続時間が6時間増加
  • CPUが最大3.5倍高速化
  • GPUが最大5倍高速化
  • 消費電力1/10
  • ファンレス設計で静音性能が向上

M1チップを搭載することにより、高い水準での省電力化に成功していることが分かります。

また、M1チップ搭載製品は電力効率が最適化されたことにより、熱を持ちづらい構造であるため、冷却ファンが非搭載です。

負荷の高い作業を行う場合でも、内部に組み込まれている放熱板により熱が拡散されるので、ファンがなくても安心して作業できます。加えてファンを取り除くことで、静音性能も大幅に向上。

また、処理能力も大幅に向上しており、Mac Book Air (M1)は同じクラスのWindows ノートPCと比べて3倍も処理速度が速いと言われています。

スペックが大幅に向上したことで、従来のMac Book Airには、荷が重いと言われていた動画編集や音楽作成にも使用可能です。 

これまで「できることは限られてくる」という評価が一般的だったMac Book Air に革命を起こしたのがM1チップ搭載モデルと言えるでしょう!

MacBook Airならではの持ち運び性能は健在

従来のMacBook Air最大の特徴は「Air」の名が表す通り、本体の軽さや薄さでした。使用用途は限られるものの、外出先での使用に適したノートPCという位置付けだったのです。

ただし、スペック的に大幅向上したM1チップ搭載製品でも、そのメリットは健在!

例えば、2019年モデルのMacBook Airの重量が1.25kgなのに対して、M1チップ搭載モデルの重量は1.29kgとほぼ変化はありません。

持ち運びに便利な軽量ボディと、動画編集など重めの作業でもスムーズにこなせる機能性を両立しているのです!

MacBook Air(M1)のおすすめ活用法5選!

Apple公式

従来のMacBook Airに比べて大幅な進化を遂げたMacBook Air(M1)。

スペックが向上したことで、これまでは使用しづらかった用途でも活用可能です。そこで、MacBook Air(M1)における5つのおすすめ活用法をご紹介します!

購入を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

ウェブブラウジング

MacBook Air(M1)なら、ノートPCの用途として誰もが行うであろう「ウェブブラウジング」も快適に行えます。

リサーチ目的のサイト閲覧やネットショッピングなどはもちろん、アニメや映画などの動画視聴にもおすすめ。

本製品に搭載されている「Retinaディスプレイ」は、2,560×1,600のピクセル解像度を誇り、これまで以上に鮮明かつ美しい映像を楽しめます。

また、iPhoneやiPadユーザーならMacBook Airとの連携も可能!iPhoneでリサーチしていて気になった情報を共有したり、思いついたアイデアを記したメモを共有してまとめたり、利便性が高まります。

ただし、従来のMacBook Airでもできることなので、プラスαの活用方法として捉えておくのがよいかもしれません。

ブログやメディアの記事執筆

MacBook Air(M1)は操作性の高い「Magic Keyboard」を搭載しているため、文章作成や表作成など入力作業もスムーズです。

Magic Keyboardは、ストロークが浅くて非常に柔らかいタッチが特徴。

しっかりした打鍵感を求める方には物足りない可能性はありますが、一般的な入力作業において使いやすい仕様と言えます。

また、横スクロールしやすい「トラックパッド」も表作成の際に便利です。ブログ内で使う写真をiPhoneで撮影して、そのままノートPCに共有できるため、作業効率の向上に期待できます。

特に、ブログと並行してYoutubeを始める方も多い現在、動画編集にも活用できる本製品の需要は高いと言えるでしょう!

プログラミング

プログラミングをはじめたいという方にもMacBook Air(M1)はおすすめ!

とくに、需要も高いiPhoneやMac用のアプリを開発する場合、Macの方が利便性は高いようです。その点からも、多くのプログラマーがMacシリーズを活用しています。

またプログラミングをメインで使用する場合、上位機種である「MacBook Pro」ほどの高いスペックは必要ありません。

したがって、M1チップ搭載モデルでなくても十分活用できますが「動画編集にもチャレンジしたい!」と考えている方には、MacBook Air(M1)がおすすめです。

DTM(音楽作成)

MacBook Air(M1)のパワーがあれば、DTM(音楽制作)にも問題なく活用できます。

負荷がかかることも多いDTMですが、本製品なら動作もスムーズで快適な作業が可能です。初級〜中級くらいまでの音楽制作なら満足できるスペックと言えます。

なお、DTMはさまざまなツールやアプリを同時に操作することも多いので、作業の内容によっては、16GBメモリに拡張しておいた方がよいかもしれません。

また、ファンレス仕様により、ノイズが発生しないのもDTMを行う方にとって嬉しいポイントです。

ただし、ファンがなくても熱効率の高い本製品ですが、負荷のかかる作業を連続して行うと熱を持つこともあります。重たい作業を行う場合は、熱対策も考えておいた方がよいでしょう。

動画編集

高スペックのMacBook Air(M1)なら動画編集もスムーズにこなせます。「動画編集ならMacBook Pro」という従来のイメージを一新し、本製品を動画編集用に購入する方も増えているようです。

ただし、4K動画を編集する際は、少々動作が重たくなることも。フルHD(1920×1080)は問題なく編集できるようですが、動画編集をメインで活用したいという方には物足りない可能性もあります。

4K動画の編集を行う方は、メモリを16GBに拡張するのがおすすめです。

なお、エフェクトを多く使用したり、長尺動画を編集したりといった高度な動画編集を行う方は、M1チップ搭載のMacBook Proも選択肢の1つとして考慮するとよいかもしれませんね。

MacBook Air(M1)の買取ならクイックへお任せ

新型MacBook Airの発売が噂される現在、今使っているM1モデルを買取に出そうか考えている方も多いのではないでしょうか。

そのような方におすすめしたいのが、「Mac製品・パソコン高価買取サービスのクイック」です。クイックでは、Mac製品を含むパソコンやiPhoneの高価買取をしています。

もちろん、MacBook Air(M1)も買取対象商品です!クイックで買取を依頼する3つのメリットを紹介しますので、ぜひ検討してみてください!

全国に買取店舗がある

クイックは都内を中心として、全国23都道府県に買取店舗を展開しています。北は北海道から、南は沖縄まで幅広い地域に出店しているため、非常に利用しやすいのが特徴です。

また、お近くに店舗がない方のために宅配買取にも対応!振込手数料や配送料などユーザーの負担0円で自宅から買取してもらえるのは、非常に便利なサービスです。

公式サイトから無料査定も可能なので、お気軽にご活用ください!

業界最高値での買取が可能

クイックでは、業界最高値の高価買取を行っています。比較的新しい製品であるMacBook Air(M1)はもちろん、旧型のMacBook Airも高価買取に期待できます。

「買取価格が気になる!」という方は公式サイトに掲載されている機種ごとの買取価格表を確認してみてください。

ジャンク品でも高価買取可能

クイックでは、現状動作が確認できない「ジャンク品」の買取も実施しています!

比較的新しい製品であるMacBook Air(M1)のジャンク品を持っているという方は、稀だとは思いますが、それ以外の製品でも買取可能です。

例えば、機種変更によって使われていないスマートフォンや、壊れて放置しているPCなど処分に困るものがお金に変わる可能性も!

ただし、ジャンク品は状態や機種によって買取できない場合もあります。まずは、お近くの店舗かクイックの公式サイトからお気軽にお問い合わせください!

mailメールのお問い合わせ