iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

iPhoneでウィルス対策アプリは必要?

iphoneウイルス

WindowsなどのパソコンやAndroidスマートフォンでよく耳する「ウイルス」
パソコンを購入した際には必ずと言っていいほど「ウイルス対策ソフト」の購入を勧められます。
この記事では「PC,スマートフォンウイルス」とはなにか?「iPhone」にもウイルスは存在するのか?をご紹介したいと思います。

スマホのウイルス感染

Androidウイルス

スマートフォンにもパソコンと同じくウイルスは存在します。
厳密には「不正アプリ」と言われる事が多いです。
不正アプリには悪意に端末ないの情報を抜き取る物や端末の動作を乗っ取るような悪質な物も存在します。PCウイルスのようにメールの添付ファイルを開いてウィルス感染やWEBページを開いただけでウイルス感染することは少ないですが
スマートフォンであっても対策をする必要があります。

Androidスマートフォンはウイルスに感染しやすい?

野良アプリ

Androidはウイルスの危険性が高いとよく耳にするかと思います。
確かにAndroidスマートフォンはiPhoneに比べ、ウイルス感染リスクが高くなります。

その理由は、Androidのアプリ配信の自由度か高い事、アプリ自体がもつこのとできる権限が多い事が挙げられます。
Androidアプリは通常「Playストア」にてアプリが配信されますがAndroidでは
「野良アプリ」と言われるような「Playストア」で認可が降りなかったアプリなどをインストールする事が可能となっております。
ここで一つ疑問が浮かぶかと思います。なぜ認可のおりていないアプリをインストールするひつようが有るのか?Playストアからのみダウンロードしていれば
ウイルス感染のリスクはないのではないか?

Playストアに潜むウイルス、人気アプリの再配布

Music FM

Playストアからのみアプリをダウンロードしていれば問題ないと思われがちですが実際はそうではありません。Playストアで現在配信中のアプリには30%ほどのウイルスがあるのではないかというデータが存在します。
公式配信のストアではアプリ開発者からの配信リクエストをもらいアプリの審査を行いますが、この段階での検査はアプリ自体が違法的でないか?正常に機能するものか?の審査を行いウイルスが混入されているか?悪意のあるアプリではないか?の判断をするのは非常に難しい状態となっています。
このため、悪意の有るユーザーがウイルスが混入しているアプリを配信することは容易いことなのです。

そのほかにも人気アプリの再配布などがウイルス感染のリスクを伴います。
若者に人気のMusic FMといった違法に音楽を聞く事ができ、ダウンロードできてしまうものがあります。これは本来で有ればアプリ審査時にGoogle側に弾かれてしまうアプリですが、アプリ配信時には音楽をダウンロードする機能はつけず、Youtubeの動画を閲覧できるようなブラウザアプリとして申請をだし審査通過後に、アップデートでダウンロード機能などを後付けすることにより違法アプリの配信が実現しています。ただしこれがバレてしまうのは時間の問題となる為
この手のアプリは消えては他の会社名義で復活を繰り返しています。

ここで注意が必要です。消えては復活を繰り返す中で、悪意を持ったユーザーが
人気アプリをコピーし、同じ名前のアプリを再配信、その中にウイルスを仕込んだ場合どうなるでしょうか?名前は知れ渡っているアプリ、毎回別会社の名前で繰り返しアプリ配信が行われてい経緯をみると同じアプリが別会社から再配信されたんだな!とダウンロードしてしまう人が多いのです。
実際は大元の会社が再配信したのではなく悪意あるユーザーよって改竄されたコピーアプリである可能が高いのです。

Andoridのウイルス対策は可能?

iPhone買取

Andoridでのウイルス対策アプリは非常に多く出ており実査に対策は可能ですが
ウイルスも日々進化しており、対策アプリをすり抜けるようなウイルスが存在します。既存のウイルスであれば検知可能なので対策アプリを入れておいて損はありません。

iPhoneにもウイルスは存在するが少ない

iPhoneでウイルスは存在しないと言われていましたが、近年ではiPhoneを持つユーザーが増えたことによりiPhone用のウイルスが出現するようになりました。
iPhoneはセキュリティーが強いと言われていますがそれはiPhoneのシステム構造に秘密が隠されています。

iPhone用のアプリはアプリ自体が持てる権限がAndroidやPCにくらべ非常に少ないものとなっております。Andoridのように自由な事はできなくなりますが
それを引き換えに強いセキュリティーを担保しており、iPhoneのアプリ配信は公式からのみと限定されています。
配信されているアプリもアプリ自体がシステム領域に入ることはできず、連絡先のデータを必要とす場合のアプリは必ずiPhone側に通知が表示されユーザーの許可がない場合、アクセスは遮断されます。

このようにアプリ自体のアクセス権限に制限を設けユーザー許可性にすることで
iPhoneはウイルスの脅威から身を守っています。

iPhoneウイルスの一例

カレンダーウイルス

iPhoneにもウイルスが存在することは分かりましたがどういったウイルスが実際に存在し、iPhoneはどうなってしまうのかご紹介します。

クッキーウイルス、カレンダーウイルス

iPhoneのウイルスは端末を破壊してしまうよな協力なウイルスは存在しません。iPhoneの機能を逆手にとり悪用するようなウイルスが存在します。

クッキーウイルス

一見するとお菓子の名前みたいで美味しそうに見えますが
こちらのウイルスはブラウザのCookieと言われる保存機能を利用したウイルスとなります。ブラウザ内に閉じることのできないタブを生成したり、消えないポップアップ通知が出続けるといった物です。
これが発生したからと言って端末が故障したり情報が抜かれたりすることはありませんが、シンプルに迷惑だと思います。物によっては通知を出した後高額請求画面が表示されユーザーからお金を騙し取ろうという物も存在しますが、これらはiPhoneの仕様を悪用した「詐欺」になります。
クッキーウイルスはブラウザのクッキーを削除することで簡単に削除可能です。

カレンダーウイルス

カレンダーウイルス、こちらは最近出てきた新しい物になります。
悪意のあるサイトに入ると、iOS標準のカレンダーに大量の予定が入ります。
大量の予定が入ったことで端末の故障などにつながることはありませんが
iOS標準のカレンダーを使用または別アプリと連携している人は非常に迷惑です。こちらも設定アプリより簡単に削除可能です。

iPhoneウイルス対策

iPhoneのウイルス対策ですが、公式ストアにていくつかのアプリは配信されている状態ですが、Andoridに比べるとお遊び程度のウイルスとなっているため
わざわざウイルス対策アプリにお金を払う必要はないと思います。

まとめ

iPhone、Androidのウイルスについて簡単に紹介しましたが
ウイルスは非常に身近に存在します。
iPhoneであればウイルスの脅威を気にせず使用する事が可能です。
ウイルス対策をすると言っても、ある程度の知識が必要になり労力を使います。個人情報の漏洩や、ウイルス感染の危険性を少しでも軽減したい方は
iPhoneのご購入をお勧めします。

mailメールのお問い合わせ