iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

【2022年最新】iPhone14の価格やスペック・発売日をスマホ買取会社が徹底調査

iPhone 14
引用:Apple

2022年9月7日、Appleから最新モデルiPhone 14についての情報が解禁されました。

iPhone14|Pro|Pro Maxの発売日は9月16日(金)、iPhone 14 Plusのみ10月7日(金)です。

また、iPhone 14シリーズの予約開始日は9月9日(金)となっています。

「待ってたよ!」という声がある一方、スペックや特徴がわからないという方も多いかもしれません。

そこで、この記事ではiPhone 14についての最新情報を、初心者の方にもわかりやすく徹底解説します。iPhone 14の情報が簡単に手に入り、購入を悩んでいる方にもお得な情報が満載です。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

iPhone14の発売日・予約日はいつ?機種ごとの価格は?

iPhone 14
引用:Apple

iPhone14|Pro|Pro Maxの発売日は9月16日(金)、iPhone 14 Plusのみ10月7日(金)です。

また、iPhone 14シリーズの予約開始日は9月9日(金)21時からとなっています。

iPhone 14iPhone 14 PlusiPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max
発売日9月16日(金)10月7日(金)9月16日(金)9月16日(金)
予約日9月9日(金)
21:00〜
9月9日(金)
21:00〜
9月9日(金)
21:00〜
9月9日(金)
21:00〜
価格119,800円〜134,800円〜149,800円〜164,800円〜
※価格表記はすべて税込

通常モデルと最上位モデルの価格差は、最小で45,000円となりました。

iPhone13の価格から2~3万円高額に

iPhone 14
引用:Apple

iPhone 14はiPhone 13と比べ、全体的に2〜3万円価格が上昇しました。

主な理由として、ドル高円安の状態が長期間続いていることが挙げられます。iPhone 13は2022年7月1日に値上げを実施しており、新作のiPhone 14の発売価格にも影響したようです。

まずは、最も安く購入できる「iPhone 14」(128GB)を比較します。

128GB
iPhone 14119,800円
iPhone 13(価格変動後)107,800円
iPhone 13(発売当時)98,800円

iPhone 13(発売当時)の価格は「98,800円」です。よって、iPhone 14では「21,000円」値上がりしました。

次に、上位モデルの「iPhone 14 Pro」(256GB)を比較します。

256GB
iPhone 14 Pro164,800円
iPhone 13 Pro(価格変動後)159,800円
iPhone 13 Pro(発売当時)134,800円

iPhone 13 Pro(発売当時)の価格は「134,800円」です。よって、iPhone 14 Proでは「30,000円」値上がりしました。

iPhone14の特徴・スペックは?カラーや画面サイズを徹底検証

iPhone14の特徴・スペックは?カラーや画面サイズを徹底検証
引用:Apple

iPhone 14iPhone 14 PlusiPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max
カラーミッドナイト|パープル|スターライト|(PRODUCT)RED|ブルーミッドナイト|パープル|スターライト|(PRODUCT)RED|ブルースペースブラック|シルバー|ゴールド|ディープパープルスペースブラック|シルバー|ゴールド|ディープパープル
容量128GB|256GB|512GB|128GB|256GB|512GB|128GB|256GB|512GB|1TB128GB|256GB|512GB|1TB
サイズ(高さ×幅×厚さ)単位はmm146.7×71.5×7.8160.8×78.1×7.8147.5×71.5×7.85160.7×77.6×7.85
重量172g203g206g240g
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイSuper Retina XDRディスプレイSuper Retina XDR ディスプレイ
ProMotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ
Dynamic Island
Super Retina XDR ディスプレイ
ProMotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ
Dynamic Island
画面サイズ6.1インチ(対角)6.7インチ(対角)6.1インチ(対角)6.7インチ(対角)
解像度2,532×1,170ピクセル(460ppi)2,778×1,284ピクセル(458ppi)2,556×1,179ピクセル(460ppi)2,796×1,290ピクセル(460ppi)
リフレッシュレート60Hz60Hz最大120Hz(1~120Hz)最大120Hz(1~120Hz)
防沫性能、耐水性能、防塵性能IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
5G対応
プロセッサA15 BionicチップA15 BionicチップA16 BionicチップA16 Bionicチップ
カメラデュアルカメラ(広角F1.5・超広角F2.4)
メインカメラ:1,200万画素
インカメラ:1,200万画素
スマートHDR 4
Photonic Engine
インカメラがオートフォーカスに対応
デュアルカメラ(広角F1.5・超広角F2.4)
メインカメラ:1,200万画素
インカメラ:1,200万画素
スマートHDR 4
Photonic Engine
インカメラがオートフォーカスに対応
トリプルカメラ(望遠F2.8・広角F1.78・超広角F2.2)
メインカメラ:4,800万画素
インカメラ:1,200万画素
LiDARスキャナ
スマートHDR 4
ナイトモードのポートレート
Photonic Engine
インカメラがオートフォーカスに対応
3倍の光学ズームイン
マクロ写真撮影
トリプルカメラ(望遠F2.8・広角F1.78・超広角F2.2)
メインカメラ:4,800万画素
インカメラ:1,200万画素
LiDARスキャナ
スマートHDR 4
ナイトモードのポートレート
Photonic Engine
インカメラがオートフォーカスに対応
3倍の光学ズームイン
マクロ写真撮影
ビデオ4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影(1080p,720p)
シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)
アクションモード
最大3倍のデジタルズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影(1080p,720p)
シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)
アクションモード
最大3倍のデジタルズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影(1080p,720p)
シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)
アクションモード
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
マクロビデオ撮影
最大9倍のデジタルズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影(1080p,720p)
シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)
アクションモード
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
マクロビデオ撮影
最大9倍のデジタルズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
Face ID
安全機能緊急SOS
衝突事故検出
緊急SOS
衝突事故検出
緊急SOS衝突事故検出緊急SOS衝突事故検出
電源LightningコネクタLightningコネクタLightningコネクタLightningコネクタ
バッテリービデオ再生:最大20時間ビデオ再生:最大26時間ビデオ再生:最大23時間ビデオ再生:最大29時間
MagSafe
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
同梱物USB-C – Lightningケーブル
マニュアル
USB-C – Lightningケーブル
マニュアル
USB-C – Lightningケーブル
マニュアル
USB-C – Lightningケーブル
マニュアル

iPhone14/Proのカメラ(静止画)は高水準の画素数

iPhone14/Proのカメラ(静止画)は高水準の画素数
引用:Apple

メインカメラの画素数をみると、iPhone 14 Pro|Pro MAXは4,800万画素になりました。iPhone 6sからiPhone 13シリーズまでは1,200万画素で、手が加えられたのは8年ぶりです。

画素数が向上したことで、画像の引き伸ばしやトリミングといったサイズ変更に強い綺麗な写真を残せるようになります。

またiPhone 14シリーズではオートフォーカス機能が向上しました。同時に複数の被写体に焦点を合わせられるため、セルフィーで写真を撮影する際に全員の顔をくっきりと写せます。

iPhone14/Proのカメラ(動画)はジンバル不要

iPhone14/Proのカメラ(動画)はジンバル不要
引用:Apple

iPhone 14の「アクションモード」では、ジンバルを使用したような手振れ補正済みの動画を撮影できるようになりました。小さいお子さんを歩きながらの撮影や、車の助手席から風景を動画に収めるシーンで、よりブレの少ない綺麗な動画が撮れるようになります。

また「シネマティックモード」では4K、HDR、最大30fpsに対応しているため、誰でも簡単にプロのカメラマンのような動画を撮影可能です。

iPhone14/Proのカラーバリエーションにディープパープルが追加

iPhone14/Proのカラーバリエーションにディープパープルが追加
引用:Apple

今回の新色として「パープル」「ディープパープル」が追加されました。

iPhone 14| Plusは「パープル」、iPhone 14 Pro|Pro Maxは「ディープパープル」が選択できます。

そのほかのカラーバリエーションを含めた表は以下の通りです。

iPhone 14iPhone 14 PlusiPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max
カラーミッドナイト|パープル|スターライト|(PRODUCT)RED|ブルーミッドナイト|パープル|スターライト|(PRODUCT)RED|ブルースペースブラック|シルバー|ゴールド|ディープパープルスペースブラック|シルバー|ゴールド|ディープパープル

iPhone14/ProのプロセッサはノーマルとProで差別化

iPhone14/ProのプロセッサはノーマルとProで差別化
引用:Apple

プロセッサはノーマルとProで差別化が図られました。

まず、iPhone 14| Plusで採用されたのは「A15 Bionicチップ」です。A15 BionicチップはiPhone 13シリーズに搭載されていたプロセッサで、ゲームのグラフィックやARアプリをなめらかに表示できます。

一方、iPhone 14 Pro|Pro Maxで採用されたのが、新作の「A16 Bionicチップ」です。業界トップレベルの処理速度と効率を実現し、Proシリーズで必要となるパフォーマンスを発揮するために活躍します。

iPhone14のディスプレイはダイナミックでProはパンチホール採用

iPhone14のディスプレイはダイナミックでProはパンチホール採用
引用:Apple

ディスプレイの特徴はiPhone 14 Pro| Pro Maxに搭載された「Dynamic Island」と称されるパンチホール(画面上部の黒い楕円)です。

Dynamic Islandには、通知、アラート、アクティビティが集約されています。たとえば、以下のような操作が可能になります。

  • 友だちへメッセージを入力しながら音楽の操作
  • タイマーをチェック
  • マップで次に曲がる交差点を確認

また、Proシリーズでは「常時表示ディスプレイ」も新たに搭載されます。ロック画面に必要な情報を表示するため、ロックを解除してアプリを開く手間がかかりません。バッテリー消費が気になりますが、Proでは最大23時間、Pro Maxでは最大29時間のビデオ再生が可能となっており、一日中稼働しても問題ないといえるでしょう。

iPhone14/ProのボディはiPhone13と大きな差はなし

サイズで比較すると、iPhone 14とiPhone 13に目立った差はありません。異なる点は「厚み」で、iPhone 13より0.15mm厚い7.8mmとなりました。

また、iPhone 14シリーズは耐久性も高いレベルを実現しています。前面に採用した頑丈なガラス「Ceramic Shield」に加え、最大水深6メートルで最大30分間耐えられる防水性能を兼ね備えているため、もし水の中に落としてしまっても安心です。

iPhone14を購入する前に押さえておきたい4つの目玉

ここからは、購入前に押さえておきたいiPhone 14の4つの目玉について解説します。

iPhone14ではminiサイズが廃止

iPhone14ではminiサイズが廃止
引用:Apple

iPhone 14シリーズでは、iPhone 12、13で発売された「mini」シリーズが廃止となります。これまでminiは、通常モデルでは画面が大きすぎて操作がしにくい方などに人気のモデルでした。

なお、新シリーズ展開に伴い、Apple公式ホームページではiPhone 13 miniの値下げが行われました。しかし、実はもっとお得に旧モデルを購入できる可能性がありますので、後ほど詳しく解説します。

iPhone11・12miniは販売終了へ

iPhone 14シリーズの登場により、iPhone 11|12miniは販売終了となり、公式ホームページから姿を消しています。iPhone 11は後継機種が登場した後も、低価格向けモデルとして販売が続けられていました。

そのため「最新型は必要ないが、そろそろ買い替えどきかもしれない」と悩んでいた方のなかには、タイミングを逃してしまったという考えも浮かぶかもしれません。

しかしながら、いま持っている旧モデルを使って安く買い替えを済ませる方法がありますので、後ほど解説します。

iPhone8以来のPlusが復活

iPhone8以来のPlusが復活
引用:Apple

iPhone 14では「mini」シリーズが廃止となる代わりに、iPhone 8以来となる「Plus」が復活しました。

そのため「iPhone 14より画面を大きくしたいが、Pro Maxほどのスペックは必要ない」というユーザーは、iPhone 14 Plusを選択して、お得に大画面のスマホを手に入れることが可能です。

また、iPhone 14シリーズのなかでバッテリー稼働時間が2番目に長く、最長で26時間となっています。バッテリーの持ち時間を優先したい方は候補に加えてみてはいかがでしょうか。

衝突事故検出機能を搭載

衝突事故検出機能を搭載
引用:Apple

「衝突事故検出機能」とは、iPhoneが事故と判断した場合に自動で救助を要請したり、ユーザーの緊急連絡先に通知してくれる機能です。

衝突事故検出機能では、以下のような変化を感じ取ってくれます。

  • 速度
  • 気圧
  • 急激な方向転換
  • 大きな音

そのほか過去のデータを活用して事故か否かを判断します。最新のApple Watchに搭載され話題となった機能が、iPhone 14シリーズにも追加されました。

日本は世界で2番目に安く買える

実は、日本はiPhone 14シリーズを世界で2番目に安く買える国です。

ある調査によると、世界37ヵ国のiPhone 14の販売価格を、9月8日のドル円レートで換算して比較した場合、日本はアメリカに次いで2番目に価格が安いことがわかっています。

「7月に値上げをしたばかりなのに」と不思議に思われる方もいるでしょう。ただし、今後もiPhone価格が上昇する可能性はゼロではありません。なぜなら、値上げをした7月よりもiPhone 14の発売が発表された9月のほうが円安水準に傾いているからです。

そのため、発売が発表された直後のいましかできないスタートダッシュが肝心になります。具体的に安く買える方法については、後半の解説をご覧ください。

引用:nukeni:iPhone 14の価格比較。世界37かの価格表

iPhone14とiPhone13シリーズのスペックの違いは?

ここからは、iPhone 14シリーズと13シリーズを比較して、スペックの違いについて詳しく解説します。

ノーマルモデルとProモデルでどのように違うのか、順番に見ていきましょう。

iPhone14とiPhone13の違い

Phone14とiPhone13の違い
引用:Apple

まずは、ノーマルモデルで比較していきます。

iPhone 14iPhone 13
価格※iPhone 13は価格変動後119,800円〜107,800円〜
カラーミッドナイト|パープル|スターライト|(PRODUCT)RED|ブルーピンク|ブルー|ミッドナイト|スターライト|(PRODUCT)RED|グリーン
容量128GB|256GB|512GB128GB|256GB|512GB
サイズ(高さ×幅×厚さ)単位はmm146.7×71.5×7.8146.7×71.5×7.65
重量172g173g
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
画面サイズ6.1インチ(対角)6.1インチ(対角)
解像度2,532×1,170ピクセル(460ppi)2,532×1,170ピクセル(460ppi)
リフレッシュレート60Hz60Hz
防沫性能、耐水性能、防塵性能IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
5G対応
プロセッサA15 BionicチップA15 Bionicチップ
カメラデュアルカメラ(広角F1.5・超広角F2.4)
メインカメラ:1,200万画素
インカメラ:1,200万画素
スマートHDR 4
Photonic Engine
インカメラがオートフォーカスに対応
デュアルカメラ(広角F1.6・超広角F2.4)
メインカメラ:1,200万画素
インカメラ:1,200万画素
スマートHDR 4
ビデオ4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影(1080p,720p)
シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)
アクションモード
最大3倍のデジタルズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影(1080p,720p)
シネマティックモード(1080p、30fps)
最大3倍のデジタルズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
Face ID
安全機能緊急SOS
衝突事故検出
緊急SOS
電源LightningコネクタLightningコネクタ
バッテリービデオ再生:最大20時間ビデオ再生:最大19時間
MagSafe
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
同梱物USB-C – Lightningケーブル
マニュアル
USB-C – Lightningケーブル
マニュアル

■iPhone 14はココが違う

  • カラーはピンクとグリーンが無くなり、パープルが追加
  • デュアルカメラ(広角F1.5)により、暗くても明るい写真が撮れる
  • Photonic Engineでより美しい画像に仕上がる
  • インカメラがオートフォーカスに対応
  • シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)に対応
  • アクションモードの追加
  • 衝突事故検出機能の追加
  • バッテリーの最大稼働時間が向上

iPhone14とiPhone13のPro/Pro Maxの違い

iPhone14とiPhone13のPro/Pro Maxの違い
引用:Apple

次に、Proシリーズで比較してみましょう。

iPhone 14 ProiPhone 14 Pro MaxiPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
価格149,800円〜164,800円〜122,800円〜134,800円〜
カラースペースブラック|シルバーゴールド|ディープパープルスペースブラック|シルバーゴールド|ディープパープルグラファイト|シルバー|ゴールドシエラブルー|アルパイングリーングラファイト|シルバー|ゴールドシエラブルー|アルパイングリーン
容量128GB|256GB|512GB|1TB128GB|256GB|512GB|1TB128GB|256GB|512GB|1TB128GB|256GB|512GB|1TB
サイズ(高さ×幅×厚さ)単位はmm147.5×71.5×7.85160.7×77.6×7.85146.7×71.5×7.65160.8×78.1×7.65
重量206g240g203g238g
ディスプレイSuper Retina XDR ディスプレイ
ProMotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ
Dynamic Island
Super Retina XDR ディスプレイ
ProMotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ
Dynamic Island
Super Retina XDRディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
画面サイズ6.1インチ(対角)6.7インチ(対角)6.1インチ(対角)6.7インチ(対角)
解像度2,556×1,179ピクセル(460ppi)2,796×1,290ピクセル(460ppi)2,532×1,170ピクセル(460ppi)2,778×1,284ピクセル(458ppi)
リフレッシュレート最大120Hz(1~120Hz)最大120Hz(1~120Hz)最大120Hz最大120Hz
防沫性能、耐水性能、防塵性能IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
5G対応
プロセッサA16 BionicチップA16 BionicチップA15 BionicチップA15 Bionicチップ
カメラトリプルカメラ(望遠F2.8・広角F1.78・超広角F2.2)
メインカメラ:4,800万画素
インカメラ:1,200万画素
LiDARスキャナ
スマートHDR 4
ナイトモード
ポートレートモード
Photonic Engine
インカメラがオートフォーカスに対応
3倍の光学ズームイン
マクロ写真撮影
トリプルカメラ(望遠F2.8・広角F1.78・超広角F2.2)
メインカメラ:4,800万画素
インカメラ:1,200万画素
LiDARスキャナ
スマートHDR 4
ナイトモード
ポートレートモード
Photonic Engine
インカメラがオートフォーカスに対応
3倍の光学ズームイン
マクロ写真撮影
トリプルカメラ(望遠F2.8・広角F1.5・超広角F1.8)
メインカメラ:1,200万画素
インカメラ:1,200万画素
LiDARスキャナ
スマートHDR 4
3倍の光学ズームイン
マクロ写真撮影
トリプルカメラ(望遠F2.8・広角F1.5・超広角F1.8)
メインカメラ:1,200万画素
インカメラ:1,200万画素
LiDARスキャナ
スマートHDR 4
3倍の光学ズームイン
マクロ写真撮影
ビデオ4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影(1080p,720p)
シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)
アクションモード最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
マクロビデオ撮影最大9倍のデジタルズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影(1080p,720p)
シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)
アクションモード最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
マクロビデオ撮影最大9倍のデジタルズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影(1080p,720p)
シネマティックモード(最大30fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
マクロビデオ撮影
最大9倍のデジタルズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
4Kビデオ撮影
HDビデオ撮影(1080p,720p)
シネマティックモード(最大30fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
マクロビデオ撮影
最大9倍のデジタルズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
Face ID
安全機能緊急SOS
衝突事故検出
緊急SOS
衝突事故検出
緊急SOS緊急SOS
電源LightningコネクタLightningコネクタLightningコネクタLightningコネクタ
バッテリービデオ再生:最大23時間ビデオ再生:最大29時間ビデオ再生:最大22時間ビデオ再生:最大28時間
MagSafe
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
デュアルeSIMに対応
同梱物USB-C – Lightningケーブル
マニュアル
USB-C – Lightningケーブル
マニュアル
USB-C – Lightningケーブル
マニュアル
USB-C – Lightningケーブル
マニュアル

■iPhone 14 Pro|Pro Maxはココが違う

  • カラーはグラファイト、シエラブルー、アルパイングリーンが無くなり、スペースブラックとディープパープルが追加
  • 常時表示ディスプレイが追加
  • フロントデザインがDynamic Islandに変更
  • メインカメラが1,200万画素から4,800万画素に向上
  • プロセッサがA15 BionicからA16 Bionicに向上
  • デュアルカメラ(広角F1.5)により、暗くても明るい写真が撮れる
  • Photonic Engineでより美しい画像に仕上がる
  • インカメラがオートフォーカスに対応
  • シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)に対応
  • アクションモードの追加
  • 衝突事故検出機能の追加
  • バッテリーの最大稼働時間が向上

iPhone14とiPhone12シリーズのスペックの違いは?

ここからは、iPhone 14シリーズと12シリーズを比較して、スペックの違いについて詳しく解説します。

キャリアで2年縛りの契約をした方のなかには、現在まで12シリーズを使っているという方も多いのではないでしょうか。

なお、iPhone 12シリーズの発売日は2020年10月23日、iPhone12 miniのみ11月13日となっています。

ノーマルモデルとProモデルでどのように違うのか、順番に見ていきましょう。

iPhone14とiPhone12の違い

引用:Apple

まずは、ノーマルモデルで比較していきます。

iPhone 14iPhone 12
価格※iPhone 13は価格変動後119,800円〜92,800円〜
カラーミッドナイト|パープル|スターライト|(PRODUCT)RED|ブルーブラック|ホワイト|(PRODUCT)RED|グリーン|ブルー|パープル
容量128GB|256GB|512GB64GB|128GB|256GB
サイズ(高さ×幅×厚さ)単位はmm146.7×71.5×7.8146.7×71.5×7.4
重量172g162g
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
画面サイズ6.1インチ(対角)
解像度2,532×1,170ピクセル(460ppi)
リフレッシュレート60Hz
防沫性能、耐水性能、防塵性能IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
5G対応
プロセッサA15 BionicチップA14 Bionicチップ
カメラデュアルカメラ(広角F1.5・超広角F2.4)メインカメラ:1,200万画素インカメラ:1,200万画素センサーシフト光学式手ぶれ補正スマートHDR 4Photonic Engineインカメラがオートフォーカスに対応フォトグラフスタイル※デュアルカメラ(広角F1.6・超広角F2.4)メインカメラ:1,200万画素インカメラ:1,200万画素光学式手ぶれ補正スマートHDR 3
ビデオ4Kビデオ撮影HDビデオ撮影(1080p,720p)シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)アクションモードビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正最大3倍のデジタルズーム映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)4Kビデオ撮影HDビデオ撮影(1080p,720p)ビデオの光学式手ぶれ補正最大3倍のデジタルズーム映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
Face ID
安全機能緊急SOS衝突事故検出緊急SOS
電源Lightningコネクタ
バッテリービデオ再生:最大20時間ビデオ再生:最大17時間
MagSafe
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)デュアルeSIMに対応デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
同梱物USB-C – Lightningケーブルマニュアル

※フォトグラフスタイル……写真撮影のカスタマイズ機能。トーンや温かみの調整が可能。

■iPhone 14とiPhone 12はココが違う

  • ホワイトとスターライト、ブラックとミッドナイトは似ているが色味が異なる
  • 64GBが廃止、512GBが追加
  • 画面サイズは同じだが10g重い
  • プロセッサがA14 BionicからA15 Bionicに向上
  • デュアルカメラ(広角F1.5)により、暗くても明るい写真が撮れる
  • Photonic Engineでより美しい画像に仕上がる
  • インカメラがオートフォーカスに対応
  • シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)に対応
  • アクションモードの追加
  • 衝突事故検出機能の追加
  • バッテリーの最大稼働時間が向上
  • デュアルeSIMに対応

iPhone14とiPhone12 Pro/Pro Maxの違い

引用:Apple

次に、Proシリーズで比較してみましょう。

なお、iPhone 14シリーズの発表後、iPhone 12 ProシリーズはApple公式ホームページでは販売されていません。

iPhone 14 ProiPhone 14 Pro MaxiPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
価格149,800円〜164,800円〜117,480円〜129,580円〜
カラースペースブラック|シルバーゴールド|ディープパープルパシフィックブルー|シルバーゴールド|グラファイト
容量128GB|256GB|512GB|1TB128GB|256GB|512GB
サイズ(高さ×幅×厚さ)単位はmm147.5×71.5×7.85160.7×77.6×7.85146.7×71.5×7.4160.8×78.1×7.4
重量206g240g187g226g
ディスプレイSuper Retina XDR ディスプレイProMotionテクノロジー常時表示ディスプレイDynamic IslandSuper Retina XDRディスプレイ
画面サイズ6.1インチ(対角)6.7インチ(対角)6.1インチ(対角)6.7インチ(対角)
解像度2,556×1,179ピクセル(460ppi)2,796×1,290ピクセル(460ppi)2,532×1,170ピクセル(460ppi)2,778×1,284ピクセル(458ppi)
リフレッシュレート最大120Hz(1~120Hz)最大60Hz
防沫性能、耐水性能、防塵性能IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
5G対応
プロセッサA16 BionicチップA14 Bionicチップ
カメラトリプルカメラ(望遠F2.8・広角F1.78・超広角F2.2)
メインカメラ:4,800万画素インカメラ:1,200万画素LiDARスキャナスマートHDR 4ナイトモードポートレートモードPhotonic Engineインカメラがオートフォーカスに対応3倍の光学ズームインマクロ写真撮影
トリプルカメラ(望遠F2.0・広角F1.6・超広角F2.4)メインカメラ:1,200万画素インカメラ:1,200万画素LiDARスキャナスマートHDR 32倍の光学ズームイントリプルカメラ(望遠F2.2・広角F1.6・超広角F2.4)メインカメラ:1,200万画素インカメラ:1,200万画素LiDARスキャナスマートHDR 32.5倍の光学ズームイン
ビデオ4Kビデオ撮影HDビデオ撮影(1080p,720p)シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)アクションモード最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)マクロビデオ撮影最大9倍のデジタルズーム映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)4Kビデオ撮影HDビデオ撮影(1080p,720p)最大6倍のデジタルズーム映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)4Kビデオ撮影HDビデオ撮影(1080p,720p)
最大7倍のデジタルズーム映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
Face ID
安全機能緊急SOS衝突事故検出緊急SOS
電源Lightningコネクタ
バッテリービデオ再生:最大23時間ビデオ再生:最大29時間ビデオ再生:最大17時間ビデオ再生:最大20時間
MagSafe
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)デュアルeSIMに対応デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
同梱物USB-C – Lightningケーブルマニュアル

■iPhone 14 Pro|Pro Maxと12 Pro|Pro Maxはココが違う

  • カラーはパシフィックブルー・グラファイトが無くなり、スペースブラックとディープパープルが追加
  • 容量に1TBが追加
  • 常時表示ディスプレイが追加
  • フロントデザインがDynamic Islandに変更
  • メインカメラが1,200万画素から4,800万画素に向上
  • プロセッサがA14 BionicからA16 Bionicに向上
  • シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)に対応
  • アクションモードの追加
  • 衝突事故検出機能の追加
  • 最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
  • マクロビデオ撮影
  • 最大9倍のデジタルズーム
  • デュアルカメラ(広角F1.5)により、暗くても明るい写真が撮れる
  • Photonic Engineでより美しい画像に仕上がる
  • インカメラがオートフォーカスに対応
  • バッテリーの最大稼働時間が向上
  • デュアルeSIMに対応

iPhone14とiPhoneXSシリーズのスペックの違いは?

ここからは、iPhone 14シリーズとXSシリーズを比較して、スペックの違いについて詳しく解説します。

iPhone XSは2018年9月21日に発売されたモデルです。そのため、4年ほど同じ端末を使っている方のなかには、現役で使われているケースもあるでしょう。

ノーマルモデルとProモデルでどのように違うのか、順番に見ていきましょう。

iPhone14とiPhoneXSの違い

引用:Apple

まずは、ノーマルモデルで比較していきます。

iPhone 14iPhone XS
価格※iPhone 13は価格変動後119,800円〜112,800円〜
カラーミッドナイト|パープル|スターライト|(PRODUCT)RED|ブルーシルバー|スペースグレイゴールド
容量128GB|256GB|512GB64GB|256GB|512GB
サイズ(高さ×幅×厚さ)単位はmm146.7×71.5×7.8143.6×70.9×7.7
重量172g177g
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイSuper Retina XDディスプレイ
画面サイズ6.1インチ(対角)5.8インチ(対角)
解像度2,532×1,170ピクセル(460ppi)2,436×1,125ピクセル(458ppi)
リフレッシュレート60Hz
防沫性能、耐水性能、防塵性能IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
5G対応×
プロセッサA15 BionicチップA12 Bionicチップ
カメラデュアルカメラ(広角F1.5・超広角F2.4)メインカメラ:1,200万画素インカメラ:1,200万画素センサーシフト光学式手ぶれ補正スマートHDR 4Photonic Engineインカメラがオートフォーカスに対応フォトグラフスタイル※ナイトモードデュアルカメラ(広角F1.8・望遠F2.4)メインカメラ:1,200万画素インカメラ:1,200万画素デュアル式手ぶれ補正スマートHDR
ビデオ4Kビデオ撮影HDビデオ撮影(1080p,720p)シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)アクションモードビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正最大3倍のデジタルズーム映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)4Kビデオ撮影HDビデオ撮影(1080p,720p)ビデオの光学式手ぶれ補正最大6倍のデジタルズーム映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080p、720p)
Face ID
安全機能緊急SOS衝突事故検出緊急SOS
電源Lightningコネクタ
バッテリービデオ再生:最大20時間ビデオ再生:最大14時間
MagSafe×
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)デュアルeSIMに対応デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
同梱物USB-C – LightningケーブルマニュアルUSB-C – LightningケーブルEarPods with Lightning Connectorマニュアル

※フォトグラフスタイル……写真撮影のカスタマイズ機能。トーンや温かみの調整が可能。

■iPhone 14とiPhone XSはココが違う

  • カラー展開が一新(ミッドナイト|パープル|スターライト|(PRODUCT)RED|ブルー)
  • 64GBが廃止、128GBが追加
  • Super Retina XDRディスプレイを搭載
  • プロセッサがA12 BionicからA15 Bionicに向上
  • デュアルカメラ(広角F1.5)により、暗くても明るい写真が撮れる
  • Photonic Engineでより美しい画像に仕上がる
  • インカメラがオートフォーカスに対応
  • シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)に対応
  • ナイトモードの追加
  • アクションモードの追加
  • 衝突事故検出機能の追加
  • バッテリーの最大稼働時間が向上
  • デュアルeSIMに対応
  • EarPods with Lightningが付属しない

iPhone14とiPhoneXSのPro/Pro Maxの違い

引用:Apple

次に、上位モデルで比較してみましょう。なおXSシリーズはiPhone XS Maxというモデルのみで、Proシリーズは存在しません。

iPhone 14 ProiPhone 14 Pro MaxiPhone XS Max
価格149,800円〜164,800円〜137,280円〜
カラースペースブラック|シルバーゴールド|ディープパープルシルバー|スペースグレイゴールド
容量128GB|256GB|512GB|1TB64GB|256GB|512GB
サイズ(高さ×幅×厚さ)単位はmm147.5×71.5×7.85160.7×77.6×7.85157.5×77.4×7.7
重量206g240g208g
ディスプレイSuper Retina XDR ディスプレイProMotionテクノロジー常時表示ディスプレイDynamic IslandSuper Retina XDディスプレイ
画面サイズ6.1インチ(対角)6.7インチ(対角)6.5インチ(対角)
解像度2,556×1,179ピクセル(460ppi)2,796×1,290ピクセル(460ppi)2,688×1,242ピクセル(458ppi)
リフレッシュレート最大120Hz(1~120Hz)最大60Hz
防沫性能、耐水性能、防塵性能IP68等級
(最大水深6メートルで最大30分間)
5G対応×
プロセッサA16 BionicチップA12 Bionicチップ
カメラトリプルカメラ(望遠F2.8・広角F1.78・超広角F2.2)メインカメラ:4,800万画素インカメラ:1,200万画素LiDARスキャナスマートHDR 4ナイトモードポートレートモードPhotonic Engineインカメラがオートフォーカスに対応3倍の光学ズームインマクロ写真撮影デュアルカメラ(望遠F2.4・広角F1.8)メインカメラ:1,200万画素インカメラ:1,200万画素スマートHDR2倍の光学ズームイン
ビデオ4Kビデオ撮影HDビデオ撮影(1080p,720p)シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)アクションモード最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)マクロビデオ撮影最大9倍のデジタルズーム映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)4Kビデオ撮影HDビデオ撮影(1080p,720p)最大6倍のデジタルズーム映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
Face ID
安全機能緊急SOS衝突事故検出緊急SOS
電源Lightningコネクタ
バッテリービデオ再生:最大23時間ビデオ再生:最大29時間ビデオ再生:最大15時間
MagSafe×
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)デュアルeSIMに対応デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
同梱物USB-C – LightningケーブルマニュアルUSB-C – LightningケーブルEarPods with Lightning Connectorマニュアル

■iPhone 14 Pro|Pro MaxとXS Maxはココが違う

  • カラー展開が一新
  • 容量に1TBが追加
  • 常時表示ディスプレイが追加
  • フロントデザインがDynamic Islandに変更
  • メインカメラが1,200万画素から4,800万画素に向上
  • プロセッサがA12 BionicからA16 Bionicに向上
  • シネマティックモード(4K HDR、最大30fps)に対応
  • ナイトモードの追加
  • アクションモードの追加
  • 衝突事故検出機能の追加
  • 最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
  • マクロビデオ撮影
  • 最大9倍のデジタルズーム
  • デュアルカメラ(広角F1.5)により、暗くても明るい写真が撮れる
  • Photonic Engineでより美しい画像に仕上がる
  • インカメラがオートフォーカスに対応
  • バッテリーの最大稼働時間が向上
  • デュアルeSIMに対応
  • EarPods with Lightningが付属しない

iPhone14を安く購入するコツ3つ

ここからはiPhone 14シリーズを安く購入するコツを3つ紹介します。

機種代金が安いところで買う

実は、同じiPhone 14シリーズでも、機種代は購入先によって異なります。なぜなら、機種代に乗せる利益は、販売店が自由に設定しているからです。

たとえば、iPhone 13の販売金額が最も安いのはAppleストアで、各携帯キャリアは、機種代に自社で設定した利益を乗せて販売していました。下の表は、128GBで比較したキャリア別の販売価格の一覧です。※一括購入の場合

Apple|楽天モバイルdocomoauSoftBank
販売金額98.800円111,672円115,020円115,920円

よって、購入先を比較検討して機種代を抑えることで、iPhone 14を安く購入できる可能性が高まります。

店舗のキャンペーンを利用する

携帯キャリアが展開するキャンペーンを活用すると、iPhone 14の購入金額を抑えられます。特に新モデル発表後は、キャンペーン情報が出やすい傾向にあるため要チェックです。

過去に行われた主な割引キャンペーンの内容は次のようになっています。

  • ポイント還元で実実負担を安くする
  • 乗り換え手数料が無料
  • 新規契約限定の割引
  • 指定のネット回線を契約でまとめて割引
  • 指定のクレジットカード支払いで割引

いま使っている携帯キャリアを使い続けるのか、あるいはキャンペーンを活用してお得に乗り換えるのか、選択肢は複数あります。詳細は携帯キャリアのホームページを確認してみてください。

古い端末を買取ってもらう

古い端末をスマホ買取業者に買取ってもらうことで、iPhone 14シリーズを安く購入できます。なぜなら、買取金額を購入費用に充てて、iPhone 14シリーズの実質負担を軽減できるからです。

「使っているスマホが古くて値段がつかないのではないか」と気にされる方もいるかもしれません。しかし、買取実績豊富な業者に査定してもらえば、値段がつく可能性は高まります。

また、宅配買取サービスがある業者を利用すれば、忙しくて店舗に行く時間のない方にも利用しやすいといえるでしょう。

iPhoneの買取ならクイックがおすすめ

古いiPhoneを買取ってもらうなら、少しでも高く買取ってほしいと考える方が多いでしょう。

そんな方には、業界最高値の買取価格と、スピーディな買取を提供する「クイック」がおすすめです。

ここからは、買取ならクイックをおすすめする理由を解説します。

iPhone・androidの様々な機種に対応

クイックの強みのひとつは、iPhone以外にも様々な機種の買い取りに対応している点です。そのため、新モデルを機にiPhone 14シリーズに乗り換えを検討している方の強い味方になります。

たとえば、以下の機種の買取を実施しています。

  • iPhone
  • Xperia
  • Galaxy
  • HUAWEI
  • Pixel
  • OPPO
  • XIAOMI
  • AQUOS

※掲載情報は2022年9月時点

そのほか、iPadやApple Watch、AirPodsの買い取りも実施しています。古いスマホを使い続けている方や、タブレットを使わないままにしている方は、クイックに買取ってもらい最新スマホを手に入れましょう。

壊れたスマホでも買取ってもらえる

クイックなら、壊れたスマホでも買取ってもらえます。

次の写真は、実際にクイックで買取ったスマホの一例です。

実際にクイックで買取ったスマホの一例
引用:クイック

背面には無数のヒビが入っており、液晶にも不良がある状態で持ち込まれました。ほかの業者であれば「査定不可」といわれてしまってもおかしくありません。

しかしクイックなら、壊れてしまっていても高額買取してくれます。上記のケースでは1,000円で買取ってもらえました。

壊れたスマホは値段がつきにくい上に、新モデルが出るにつれて買取りが難しくなるケースもあります。

まずは、クイックの無料査定で問い合わせてみましょう。

宅配買取なら日本全国利用できる

クイックでは宅配買取を実施しています。なんと、振り込み手数料や配送手数料は無料、費用負担ゼロで買取りが可能です。

宅配買取の流れは以下の通り、5ステップで簡単にできます。

  • 無料査定・お問い合わせ
  • 買取予定額をメールでお知らせ
  • 商品の梱包
  • 商品を発送する
  • 代金が振り込まれる

査定メールは最短1時間以内、金額に納得できなければ返信不要というスピーディかつ手間要らずの買取を実現してくれます。

なお、買取り希望品の送り先は以下の通りです。

〒194-0013
東京都町田市原町田6丁目15-2 RSビル 301号
クイック町田店
郵送買取係
TEL.050-5269-5873

近くに買取店舗がない方や、忙しくて店舗まで行く時間のない方は、日本全国で利用できる宅配買取りを利用してみましょう。

クイックのiPhone11~13の買取価格

ここからは、クイックでiPhoneシリーズを査定した場合の、買取価格について解説します。

買取価格(最大)買取価格(最小)
iPhone 13110,000円61,000円
iPhone 13 Pro160,000円83,000円
iPhone 13 Pro Max171,000円98,000円
iPhone 13 mini93,000円46,000円
iPhone 1293,000円24,000円
iPhone 12 Pro113,000円50,000円
iPhone 12 Pro Max123,000円73,000円
iPhone 12 mini70,000円19,000円
iPhone 1168,000円21,000円
iPhone 11 Pro68,000円29,000円
iPhone 11 Pro Max83,000円39,000円

なお、買取り価格は変動する場合がありますので、詳しくは公式ホームページを確認してみましょう。

iPhone14に関する5つのQ&A

最後に、iPhone 14に関してよくある質問5選について解説します。

iPhone14の発売日と予約日は?

iPhone14|Pro|Pro Maxの発売日は9月16日(金)、iPhone 14 Plusのみ10月7日(金)です。

また、iPhone 14シリーズの予約開始日は9月9日(金)となっています。

iPhone14と13の価格はどのくらい違う?

通常モデルでは2万円程度、Proモデルでは3万円程度の価格差があります。

iPhone14にminiはあるの?増えたサイズはある?

iPhone 14では「mini」シリーズは廃止となり、代わりに「Plus」シリーズがiPhone 8以来5年ぶりに復活しました。

iPhone14を安く買うコツは?

  • 機種代金が安いところで買う
  • 店舗のキャンペーンを利用する
  • 古い端末を買取ってもらう

古いスマホの買取なら「業界最高値の買取価格」と「スピーディな買取」を提供する「クイック」がおすすめです。

クイックのiPhone11~13の買取価格は?

iPhone 13なら最高で110,000円、最低でも61,000円で買取ってもらえます。

iPhone 11の場合は最高で68,000円、最低金額で21,000円の買取金額です。

壊れていても買取できる可能性がありますので、まずは無料査定を申し込んでみましょう。

Phone14の発売日は9月16日で確定!コツを押さえて安く手に入れよう

iPhoneシリーズの最新モデル、iPhone14|Pro|Pro Maxは9月16日(金)、iPhone 14 Plusのみ10月7日(金)の発売です。

また、iPhone 14シリーズは9月9日(金)予約開始となっています。

新規購入や買い替えを検討している方は、この記事で紹介した安く購入するコツを抑えて最新モデルをゲットしてはいかがでしょうか。

mailメールのお問い合わせ