iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

ipad pro 9.7 インチのスペック|iPad Pro 11インチ第三世代との比較と買取価格【買取クイック】

2016年3月31日に発売されたiPad Pro 9.7インチ。以来、6年以上が経過しました。そろそろ買い替えを検討されている方もおられるのではないでしょうか。

そこで当記事では、iPad Pro 9.7インチと最新のiPad Pro 11インチ第三世代のスペックを比較し、iPad Pro 9.7インチで「できること・できないこと」を分けてみました

ご参考になれば幸いです。

目次

iPad Pro(アイパッド プロ)シリーズの世代年表

発売年 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021
画面サイズ              
9.7インチ   単発          
10.5インチ     単発        
11インチ       第一世代   第二世代 第三世代
12.9インチ 第一世代   第二世代 第三世代   第四世代 第五世代

iPadは、画面サイズでシリーズが分類されています。

iPad Pro 9.7インチは2016年に発売され、翌年に10.5インチモデル、翌々年に11インチモデルの第一世代が発売されたため、単発で終わったのです。

iPad Pro 9.7インチの発売日とサポート終了時期

iPadシリーズ モデル番号 発売日 サポート期限 最終OSバージョン
iPad 第四世代 A1458、A1459、A1460 2012年11月2日 2018年9月4日終了 iOS 10.3.3
iPad mini 3 A1599、A1600 2014年10月24日 2021年4月11日終了 iOS 12.5.1
iPad Air A1474、A1475、A1476 2013年11月1日 2021年4月11日終了 iOS 12.5.1
iPad Pro 9.7 A1673、A1674、A1675 2016年3月31日 サポート中 最新バージョン

iPadのサポート期間は、5年10ヶ月〜7年5ヶ月の間が実績。既にサポートが終了しているものもあります。

2022年9月現在、iPad Pro 9.7インチは6年6ヶ月が経過していますので、来年中にサポートが終了する可能性が高いと言えます。

ipad pro 9.7インチ antutuベンチマーク、iPad Pro11インチ 第三世代と比較

iosアプリはプレイできるが、PCゲームは厳しいというのが、iPad Pro9.7インチです。AppleのCPUであるAシリーズはiPhoneを中心としたスマホ向けのCPUなので仕方ないのかもしれません。

そこで、iPad Pro9.7インチに内蔵されている「A9X」iPad Pro11インチ第三世代に内蔵されている「M1」のシングルコアでのベンチマークスコアを調べてみました。

引用元:https://www.cpu-monkey.com/ja/compare_cpu-apple_m1_7_gpu-vs-apple_a9x

ベンチマークスコアはなんと3倍近くの差がついていました。

「1742」というスコアは、以下のCPUと同等の性能があります。

  • Intel Core i9-11900T
  • Intel Core i7 1185G7
  • AMD Ryzen 5 5600G
  • AMD Ryzen 5 PRO 5650G

iPad Pro 11インチ第三世代から搭載された「Apple M1」は、タブレットに搭載されているCPUとしてはダントツの性能と言えるでしょう。

iPad Pro 9.7インチとiPad Pro 11インチ第三世代の比較

iPad Pro 9.7インチからiPad Pro 11インチ第三世代、どのような違いがあるのか?をできること、できないことという角度で比較してみました。

出典:https://www.apple.com/jp/ipad/compare/?modelList=ipad-air-4th-gen,ipad-pro-9-7

iPad Pro 11インチ第三世代と比較してiPad Pro 9.7インチでできること

iPad Pro 11インチ 第三世代モデルと比べ、iPad Pro 9.7インチモデルでもできるポイントをまとめてみました。

  • Touch ID(指紋認証)に対応しており、パスコードと合わせて起動できる
  • Smart ConnectorにSmart Keyboadが接続できてパソコン的な使い方ができる
  • PCゲームは、「PUBG」レベルであればプレイできる。
  • 4スピーカーオーディオ採用でライブアルバムを聴いていても音に立体感がある
  • Apple PayをTouch IDで認証してiPadで支払いができる

iPad Pro 11インチ第三世代と比較してiPad Pro 9.7インチでできないこと

ここでは、iPad Pro 11インチ 第三世代モデルと比べ、iPad Pro 9.7インチモデルにはできないポイントをまとめてみました。

  • Face ID(顔認証)に対応していないので、起動が面倒くさいときがある
  • バック(リヤ)カメラは広角1,200万画素と超広角1,000万画素のデュアルカメラに対応していないので、撮影した画像が単調。
  • LiDARスキャナに対応していないので、被写体の3Dサイズが測れない。
  • フロント(イン)カメラは500万画素のため、第三世代の1,200万画素の画質と比べると大幅に見劣りする
  • セルフィ撮影(自撮り)では、ポートレートライティングがなく、スマートHDR 3にも対応していないため、第三世代に比べると写りが暗く、全体として寒色系の色調に感じられる
  • セルフィ撮影する際に、映画レベルの手ぶれ補正機能がついてないので、ボヤケて写ってしまうことがある
  • 赤目補正機能がないため、夜に人を撮ると、赤目に写ってしまうことがある
  • Magic KeyboadまたはSmart Keyboad Folioは接続不可
  • illustratorなど処理が重たいアプリでは作業できない(メモリ容量が小さい)
  • 今秋公開の「iPadOS 16」により、拡張外部ディスプレイ(6Kまで)と接続することや最大8個のアプリを同時に動かす新機能「ステージマネージャー」が利用できない(CPUが「M1チップ」ではなく「A9X」のため、拡張外部ディスプレイやステージマネージャーはサポートされない)
  • Thunderboltには対応していないため、例えば外部ストレージへの大容量データの転送には比較的時間がかかる
  • iPad Pro 11インチ第三世代16GBモデルは、「iPadOS 16」に更新し「Parallels Desktop」(¥10,400)を購入すると殆どのWindowsゲームがプレイできる可能性が高いが、iPad9.7インチにはその可能性がない
  • ビデオ通話をする際に「センターフレーム機能」がないため、少し移動するだけでiPadを手にもって会話しないとならない

iPad Pro 11インチ第三世代モデルと比べ、圧倒的にできないことの方が多いのがiPad Pro 9.7インチモデルです。

聞きなれない言葉が多いかもしれませんが、このあと「iPad Pro 9.7インチと11インチ第三世代のスペック比較表」で分かり易く解説していますので参考にしてください。

iPad Pro 9.7インチとiPad Pro11インチ第三世代のスペック比較表

iPad Pro 9.7インチとiPad Pro 11インチ第三世代のスペックを表にまとめました

製品のサイズと重量、チップとメモリ(RAM)の比較

モデル iPad Pro 10.5 iPad Pro 11 第三世代
サイズ
高さ 240 mm 247.6 mm
169.5 mm 178.5mm
厚さ 6.1 mm 5.9 mm
重量(Wi-Fi) 437 g 466 g
重量(セルラー) 444 g 468 g
カラー スペースグレイローズゴールドゴールドシルバー シルバースペースグレイ
ディスプレイ Retina Liquid Retina
ディスプレイ解像度 2,048 x 1,536P 2,388 x 1,668P
チップ
CPU A9X  (2コア) M1 Unifiedメモリ ( 8コア)
GPUユニット 48(Shader384) 112(Shader896)
Neural Engine 16コア
メモリ(RAM) 4GB 8GB / 16GB
Wi-Fiモデルストレージ容量
32GB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB
Wi-Fi+Cellular モデル ストレージ容量
32GB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB

Liquid Retinaディスプレイは同じだがLiquid Retina XDRは12.9インチ第五世代のみ搭載

出典:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

プロが二度見する美しさと言われるLiquid Retina XDRは、iPad Pro 9.7インチにも11インチ第三世代にも搭載されていません

Liquid Retina XDRは、iPad Pro 12.9インチ 第五世代モデルにのみ搭載されています。

ぶっ飛んだパフォーマンス「M1」搭載でiPad Proに革命

出典:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

パソコン用のCPUとして開発された「Apple M1」MacBook Airに搭載されているCPUをタブレットに搭載するというiPad pro 11インチ第三世代は、ぶっ飛んだ規格です。

このことで、iPad Proはスマホ寄りの性能だったこれまでの位置づけから、パソコン寄りの位置づけになるという革命が起きています。

出典:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

SSDなどの外部ストレージと接続し、大容量データを管理できることは勿論、拡張外部モニターを接続し、同時に8つのタスクを処理することが可能になりました。

もはや、iPad Pro 11インチ 第三世代はタブレットではなく高性能パソコンです。

ブログに配置する画像を編集するモニターと、一次資料を調べるモニターWordPressを編集するモニターに分け同時に作業をすることができます。

Safariを8つまで同時に起動することができるので、高い作業効率が実現できるでしょう。

iPad Pro 11第三世代にはメモリ(RAM)を16GBまで搭載できるモデルがある

マルチタスク作業を可能にするため重要なのが、メモリ容量です。メモリ容量が低いために重たい処理では、画面がガクつく、画面が固まるという経験がある筈。

iPad Pro 11インチ 第三世代とiPad Pro 12.9インチ第五世代の1TBストレージモデルでは、メモリ16GBが選択できるので、処理遅れのストレスは一切ありません。

また、iPad Pro 11インチ第三世代16GBモデルは、「iPadOS 16」に更新し「Parallels Desktop」(¥10,400)を購入すると殆どのWindowsゲームがプレイできるようになるそうです。(例:「Alliance of Valiant Arms」「Battlefield 2042」「Cyberpunk 2077」「Halo Infinite」「Farcry6」「World of Warships」)

Neural Engineとは?

出典:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

機械学習を制御する「Neural Engine」機械学習は、AIの一部になります。識別経験をしながら予測の精度をあげていくことが機械学習です。当初は、2017年に発売されたiPhoneXの顔認識機能を実現する目的で使用されました。

iPad Pro 11インチ 第三世代では、「Neural Engine」は8コアから16コアまで拡張されています。

拡張した理由をAppleは、次のように説明しています。

  1. 機械学習は、データからルールやパターンを発見する方法である
  2. 識別と予測が機械学習の主な使用方法
  3. 分析の精度は100%ではないが、従来の手法より精度をあげられる可能性は高い
  4. 第三世代で拡張したことから、1秒で11兆の演算を処理でき、計算処理能力も10倍になるので、機械学習を使うアプリの性能が、まったく新しいレベルに到達する

現在、機械学習が利用されているのは、

  • カメラの撮影補正機能(逆光補正、ナイトモード補正、レンズ補正(超広角)、センターフレーム、シネマーモード、映画レベルの手ぶれ補正、ポートレートモードなど)
  • 顔認識、音声認識(Siriなど)
  • AR(拡張現実)

などがあげられます。

また、機械学習は近い将来に訪れるメタバースへの対応にも欠かせない技術です。

<メモ1>

  • 逆光補正とは、撮影時に逆光のとき顔が暗く写ってしまうことを顔が認識できるレベルに補正すること
  • センターフレームとは、ビデオ通話中に被写体がカメラから外れる動きをした際に自動的にカメラが被写体を追跡してビデオ通話が途切れないようにする機能
  • シネマモードとは、映画のように背景をボカシてピントを合わせる人や物を自動で選別する機能
  • ポートレートモードとは背景のボケ効果と深度をコントロールして被写体を際立たせるモードのこと
  • 映画レベルの手ぶれ補正とは、歩行しながら撮影しても映画の映像のように画像のブレを自動的に抑える機能

<メモ2>

  • メタバースとはインターネット上に構成される仮想現実世界のことで、機械学習は仮想世界で他のアバターを認識したり、位置情報を認識するのに有効
  • ARとは拡張現実のこと。例えばポケモンGOであったように、現実世界に新たな世界を拡張する技術や世界観を指す

カメラ・ビデオ撮影

出典:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

iPad Pro 9.7インチモデルのカメラと、iPad Pro 11インチ第三世代モデルのカメラは、バック(リア)カメラ、フロント(イン)カメラは、まったくクオリティが異なります

詳しく、見ていきましょう!

バック(リア)カメラの比較

モデル
iPad Pro 9.7インチ

iPad Pro 11インチ 第三世代

バック(リア)カメラ
プロのカメラシステム
カメラ 12MP
開口部 f/1.8
広角カメラ 12MP
絞り値(広角) f/1.8
超広角カメラ 10MP (視野角125°)
絞り値(超広角) f/2.4
光学ズームアウト(2倍)
デジタルズーム(最大5倍)
パノラマ(最大63MP)
5枚構成のレンズ (広角と超広角)
True Tone フラッシュ True Tone より明るい True Tone
スマートHDR3 HDR HDR3
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
オートフォーカス(広角)
バーストモード
自動手ぶれ補正
タイマーモード

iPad Pro 9.7インチモデルとiPad Pro 11インチ第三世代モデルのバックカメラの大きな違いの一つは「プロのカメラシステム」があるかないかです。

簡単に言えば、誰でも高品質の撮影ができるのがプロのカメラシステムが搭載されているiPad Pro 11インチ第三世代モデルと言えます。

次に、広角カメラ超広角カメラのデュアルカメラによって、ユニークな撮影ができるかどうかです。例えば、超広角カメラで動画を撮りながら、広角カメラで細かい画像をズームして撮影するようなこともできます。

光学ズームは、ズームする際の画像のボヤケを防ぐため、撮った素材のすべてを無駄なく採用可能です。

また写真のトーンは、iPad Pro 9.7インチは寒色系で、iPad Pro 11インチ 第三世代で撮った写真は暖色系に感じます。特に夜の町中の撮影では大きな差が現れます。

フロント(イン)カメラの比較

モデル iPad Pro 9.7インチ iPad Pro 11インチ 第三世代
フロント(イン)カメラ
カメラ 5MP
開口部 f/2.2
超広角カメラ 12MP (視野角122°)
絞り値(超広角) f/2.4
1080Pビデオ撮影 25fps,30fps/60fps
Retina Flash
エフェクトライティング 6種
タイムラプスビデオ
ポートレートモード 最新版
スマートHDR HDR スマートHDR 3
映画レベルの手ぶれ補正 1080P・720P
自動手ぶれ補正
レンズ補正

iPad Pro 9.7インチのフロントカメラは5MPでしたが、第三世代ではフロントカメラにも超広角カメラ12MP(視野角122°)を搭載、画素数が大幅に増え画質は別次元によくなりました。

そのうえ、エフェクトライティングは6種(自然光・スタジオ証明・輪郭強調照明・ステージ証明・ステージ照明(モノ)・ハイキー照明(モノ))とエフェクトに幅を持たせました。

これによりiPad Pro9.7インチの写真が全体的に寒色系に見えてしまうほど、iPad Pro 第三世代は写真全体に温かみが感じられると好評です。

また、第三世代から映画レベルの手ぶれ補正機能、レンズ補正機能も加わり、セルフィ撮影においても、失敗しない撮影が誰でもできるようになったと言えるでしょう。

ビデオ撮影の比較

モデル iPad Pro9.7インチ iPad Pro 11インチ 第三世代
ビデオ撮影
4Kビデオ撮影 30fps 24fps/30fps/60fps
1080pHDビデオ撮影 30fps/60fps 25fps/30fps/60fps
720p HDビデオ撮影 30fps 30fps
拡張ダイナミックレンジ 最大30fps
光学ズームアウト(2倍)
3倍ビデオズーム
True Toneフラッシュ

より明るい
オーディオズーム
スローモーションビデオ 1080p (120fps/240fps)
映画レベルの手ぶれ補正 1080P/720P 4K/1080P/720P
タイムラプスビデオ
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
ステレオ録音
ビデオ通話
センターフレーム
オーディオ 4スピーカー 4スピーカー
マイクロフォン 通話、ビデオ撮影、オーディオ録音 通話、ビデオ撮影、オーディオ録音のための5つのスタジオ品質マイク

ビデオ撮影で、iPad pro 9.7インチにないのは、光学ズームアウトです。ビデオズームはありますが、ピントがズレやすく綺麗にズームができません。光学ズームは、ズーム中にピンボケることがないので有効に使えますが9.7インチにはありません。

またオーディオズームは、例えばパーティーなどの騒がしい環境の中で特定の人の言葉を拾いたいときには大変有効です。ステレオ録音もライブシーンを録るとステレオ再生のときに臨場感が異なります。

ここでもう一つ、ビデオ通話の際に、例えばキッチンで料理を作っているときにビデオ通話すると分かりますが、センターフレーム機能があれば料理しながら動いてもカメラが追いかけてくれるので会話がはずみます

しかし、iPad Pro 9.7インチにはセンターフレーム機能がありませんので、動いてしまうと被写体がフレームから外れてしまいます。

携帯電話通信・通信性能・SIMカードの比較

SIMカードはApple SIMにもeSIMにもiPad Pro 11インチは第二世代以降対応していますが、iPad Pro 10.5インチはApple SIM以外対応していません。しかし、Apple SIM・eSIMは少し割高になりますので、明確なメリットが感じられるまでは格安SIMの方が有利でしょう。

iPad pro 9.7インチは5Gには未対応

出典:https://www.apple.com/jp/ipad-pro/
モデル iPad Pro 9.7インチ iPad Pro 11インチ 第三世代
携帯電話通信    
5G ギガビットLTE
ギガビット級LTE 最大20バンド
4G LTE 最大23バンド
通信性能
Wi-Fi 6(MINO対応)
Wi-Fi通信速度 最大866Mbps 最大1.2Gbps
Bluetoothテクノロジー 4.2 5.0
Apple SIM対応
eSIM対応

間もなく、メタバースの時代に突入すると言われており、ゲームに限らずあらゆるコミュニティーや日常の買い物まで仮想空間で行う方向に進んでいることはご存じかと思います。

つまり、大容量の超高速通信5Gは必須になってきます。しかし、iPad Pro 9.7インチは5Gには未対応です。

iPad pro 9.7インチはWi-Fi6未対応

iPadはWi-Fiだけで十分という方でも、iPad pro 9.7インチはWi-Fi6にも対応していませんので今後は通信速度にストレスを感じることがあるでしょう。

iPad Pro 9.7インチで使えるAppe Pencilなどアクセサリー

出典:https://www.apple.com/jp/ipad-keyboards/

Apple Pencilは、iPad Pro 9.7インチは第一世代

iPad pro 11インチ 第三世代は、Apple Pencilの第二世代に対応していますが、iPad Pro 9.7インチは第一世代のみ対応で、反応の遅さなど書き味に不満を持つかもしれません。

また、ペン先付近をダブルタップすることで、消しゴムツールに切り替えたり、最後に使ったツールに切り替えたりできる便利なApple Pencil第二世代が選択できないのは痛いですね。

iPad Pro 9.7インチはMagic KeyboadとSmart Keyboad Folioには未対応

iPad pro 11インチは、「Magic Keyboad」と「Smart Keyboad Folio」が選択できますが、iPad Pro 9.7インチはSmart Keyboadにしか対応していません。

キーストロークが浅く軽いタッチ感と、しっかりした打鍵感が特徴の「Magic Keyboad」が選択できないのは痛いですね。

iPad Pro 9.7インチは高速通信規格Thunderbolt(40Gbps)には対応

iPad Pro 9.7インチは高速通信規格「Thunderbolt(40Gbps)」には対応していませんので、頻繁に外付けストレージを利用して本体内蔵ストレージとの間でデータを転送される方は11インチ第三世代を選択した方がよいでしょう。

以上、iPad Pro 9.7インチと11インチ第三世代の違いについて解説しましたが、11インチ第三世代が大きく進化していることに驚かれたのではないでしょうか。

2022年中にiPad pro 11 最新モデル(第四世代)は発売されるのか?

現在、Macbook Airには既に「M1」よりも150%高いパフォーマンス数値を示している「M2」が実装されています。

また間もなく、iPad Pro 11 第三世代が発売されてから1年3か月が経過し、10月頃に最新モデルiPad Pro 11 第四世代が発売されてもおかしくない時期に来ています。

流れからして、iPad Pro 11の最新モデルには「M2」を搭載してくることがあるかもしれませんね。

最新モデルが発売され、iPad Pro 11インチ 第三世代が値下げされるかどうかは分かりません。

ただ、iPad Pro 11 第三世代は今秋公開の「iPadOS 16」により、拡張外部ディスプレイ(6Kまで)と接続できたり、最大8個のアプリを同時に動かす新機能「ステージマネージャー」にこれから対応するこの時期に値下げはあり得ないと考えます。

iPad Pro 9.7インチの新品・中古買取価格はいくら?全国展開している「買取クイック」なら安心

次世代機が発売されると中古市場の価格も安くなる方向に動く傾向にあるので、次世代機の購入に備え、もし状況が許すなら早い時期に売っておくのも一つの選択肢です。

iPad Pro 9.7インチ機をお持ちの方は検討されてもよいのではないでしょうか。

iPhoneを中心に高価買取の実績がある当社「クイック」では、全国98店舗で随時お見積もりを実施しております。

ぜひ、一度ご相談ください。

2022年8月現在のiPad Pro 9.7インチの買取価格は以下のとおりです。

iPad Pro 9.7インチ モデル クイックの買取価格
新品 中古
32GB Wi-Fi ¥22,000 ¥20,000
Wi-Fi+Cellular ¥24,000 ¥22,000
128GB Wi-Fi ¥24,000 ¥22,000
Wi-Fi+Cellular ¥26,000 ¥24,000
256GB Wi-Fi ¥27,000 ¥24,000
Wi-Fi+Cellular ¥28,000 ¥26,000

ただ、端末の状態や付属品等で額は上下し、買取額は日々変動するものなので、絶対的な数字ではないことをご了承の上でご覧ください。

具体的な価格は弊社サイトの「オンライン査定ボタン」をタップするか、お電話またはメールでお問い合わせいただく、または当社の最寄りの店舗にお越しいただけましたら、時点の価格をお伝えいたします

なお、弊社の店舗一覧は、以下のとおりです。

東京都店舗

東京都28店舗の一覧を見てみる

神奈川県店舗

神奈川県20店舗一覧を見てみる

千葉県店舗

千葉県6店舗の一覧を見てみる

埼玉県店舗

埼玉県10店舗の一覧を見てみる

北海道店舗

北海道4店舗の一覧を見てみる

愛知県店舗

愛知県3店舗の一覧を見てみる

大阪店舗

大阪府4店舗の一覧を見てみる

福岡店舗

福岡県2店舗の一覧を見てみる

沖縄県店舗

沖縄県4店舗の一覧を見てみる

その他17店舗

その他17店舗の一覧を見てみる

mailメールのお問い合わせ