iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

【第三世代】iPad mini3のスペックや特徴、買取価格まとめ【買取クイック】

iPad miniシリーズは、Appleが2012年に初代モデルを発売し、2022年現在ではiPad mini6(第6世代)まで発売されています。

iPadの中で最も小さく、持ち運びのしやすさから人気がありますが、用途によっては昔のモデルでも十分使えるので、iPad mini3などのモデルは中古市場でも人気があります。

そのスペックや特徴、買取価格などを紹介しましょう。

iPad mini3のスペック

Wi-FiモデルWi-Fi+Cellularモデル
通信方式Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)
同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)
MIMO対応HT80
Bluetooth 4.0テクノロジー
Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)
同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)
MIMO対応HT80
Bluetooth 4.0テクノロジー
GSM/EDGE
LTE
※携帯キャリア:ソフトバンクモバイル・au/KDDI・NTTdocomo※データ通信のみ
カラーシルバー/スペースグレイ/ゴールドシルバー/スペースグレイ/ゴールド
ディスプレイ7.9インチIPS液晶Retinaディスプレイ
サイズ:7.9インチ
7.9インチIPS液晶Retinaディスプレイ
サイズ:7.9インチ
解像度・仕様2,048×1,536ピクセル
解像度326ppi
耐指紋性撥油
2,048×1,536ピクセル
解像度326ppi
耐指紋性撥油
サイズ高さ200.0mm×幅134.7mm×厚さ7.5mm高さ200.0mm×幅134.7mm×厚さ7.5mm
重量331g341g
CPU64ビットアーキテクチャ搭載A7チップ
M7モーションコプロセッサ
64ビットアーキテクチャ搭載A7チップ
M7モーションコプロセッサ
RAM1GB1GB
記憶容量16GB(約4,000曲)
64GB(約16,000曲)
128GB(約32,000曲)
16GB(約4,000曲)
64GB(約16,000曲)
128GB(約32,000曲)
カメラアウトカメラ:500万画素・f/2.4・1080p HDビデオ撮影
インカメラ:120万画素・f/2.2・720p HDビデオ撮影
5枚構成レンズのシングルカメラ
ハイブリッド赤外線フィルタ
HDR写真
顔検出
アウトカメラ:500万画素・f/2.4・1080p HDビデオ撮影
インカメラ:120万画素・f/2.2・720p HDビデオ撮影
5枚構成レンズのシングルカメラ
ハイブリッド赤外線フィルタ
HDR写真
顔検出
SIMカードなしnano-SIM(Appele SIMに対応)
バッテリー6,471mAh
持続時間:約10時間(Wi-Fi、ビデオ・オーディオ再生)、約9時間(SIMでの通信)
6,471mAh
持続時間:約10時間(Wi-Fi、ビデオ・オーディオ再生)、約9時間(SIMでの通信)
ACアダプタ付属付属
入出力Lightningコネクタ(USB)
3.5㎜ステレオヘッドフォンミニジャック
ステレオスピーカー
マイク
Lightningコネクタ(USB)
3.5㎜ステレオヘッドフォンミニジャック
ステレオスピーカー
マイク
認証Touch ID(指紋認証)Touch ID(指紋認証)
発売日2014/10/182014/10/24

iPad mini3の外観は?

iPad mini3などのアップル製品は、スタイリッシュな外観でも人気があります。

まずは、iPad mini3の外観、本体カラーとサイズについて見ていきましょう。

本体カラーは全部で3色

iPad mini3の本体カラーは、シルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色あります。

それまでのものに加え、ゴールドカラーが追加されたのですが、ゴールドはとてもきらびやかで華やかな印象です。人によっては「ケースを付けるのがもったいない」と感じるかもしれません。

サイズと重さはiPad mini2と同じ

本体サイズと重さはiPad mini2と変わりません。

iPad mini2に対応しているケースも利用可能なので、ケースの選択肢が広くなるのはうれしいですね。iPad mini2からの買い替えであれば、お気に入りのケースをそのまま使うこともできます。

iPad mini3のスペックは?

iPad miniシリーズでどれにすればいいかを考えるためにも、どのような機能があるのか気になるところです。

どんな用途であればストレスなく使えるのか、カメラの性能はどれくらいなのか、特に気になるスペックを紹介します。

CPUはiPad mini2と同じ

iPad mini3のCPUは、iPad mini2と同じA7チップが使われており、RAM(メモリ)も1GBで変わりありません。そのため、処理速度などの性能は、iPad mini2と同じです。

3Dゲームなどの重たいアプリも利用できますが、負荷が大きいと動作がカクカクしてしまうこともあります。しかし、音楽を聴いたり、動画を楽しんだりするのであれば、このスペックでも十分でしょう。

そのため、音楽を聴く・動画を見る・電子書籍を読むといった用途で、iPad miniの購入を検討しているのであれば、iPad mini3はおすすめです。

カメラもiPad mini2と同じ性能

CPUやRAMと同じように、カメラの性能もiPad mini2と変わりありません。

画素数は、アウトカメラで500万画素、インカメラで120万画素です。

ただ、デザイン面で少し変化があり、従来のiPad miniシリーズにはあった「背面のカメラのレンズ周りにあるリング」がなくなりました。その分だけ、iPad mini3の方がフラットな印象となっています。

指紋認証機能が追加された

iPad mini3から、Touch ID(指紋認証)が導入されました。これにより、いちいち画面をタップせず、ホームボタンに指を置くだけでiPadのロックを解除できます。

指紋を登録しておけば、ロック解除以外にも、ECサイトでの購入や支払いの承認、アプリへのサインインなど、さまざまなところで高いセキュリティーでの管理ができるようになっています。

指紋認証機能が付いたことで、ホームボタンが平らになり、本体カラーと同じ色で縁取られたデザインに変わっています。

iPad mini3のアップデートができない場合は?

iPad mini3だけに限った話ではありませんが、ときどき、アップデートができなくなってしまうことがあります。最新の状態で使いたいときや、下取りに出したいときなど、アップデートができないと困ってしまいますが、その原因には次のようなことが考えられます。

  • デバイスの空き容量不足
  • ダウンロードに時間がかかっている
  • アップデートサーバーに接続できない
  • アップデートが終わらない

デバイスの空き容量不足

空き容量が不足していると、アップデートファイルがダウンロードされません。また、ダウロードできていても、インストールするための空き容量がなければ、アップデートが行われません。

iPad miniシリーズでは、アップデートするための空き容量が不足している場合は、自動的に容量を確保する機能がついています。しかし、ユーザーが保存しているデータを消すことはできませんから、あとで再ダウンロードできるアプリのデータだけしか削除されないのです。

自動で削除できるデータはあまり多くないので、適切にアップデートが行えるよう、定期的に不要なデータを削除して、空き容量を確保しておきましょう。また、空き容量が不足していても、PCに接続してアップデートを行うことも可能です。

ダウンロードに時間がかかっている

アップデートするためには、インターネット接続が必要です。接続環境やサイズによっては、なかなかダウンロードが完了しないこともあります。

通信速度の速いWi-Fiを使ったり、一時的に動画視聴などをやめたりするなどして、様子を見てみましょう。

アップデートサーバーに接続できない

「アップデートを確認できません」「アップデートをインストールできません」というメッセージが表示されることがあります。これは、アップデートサーバーに接続できていない、アップデートを検証できない場合に起きる現象です。

アップデートの再試行を行い、それでも改善されない場合は、別のネットワークに接続してアップデートされるかを確認してみてください。

アップデートが終わらない

アップデートの進行を示すバーが進まず、なかなかアップデートが完了しない場合があります。これは、アップデートのサイズやデバイスの使用状態によって変わってきます。

まずは、電源を入れたまま完了するのを待ちましょう。もし時間が経っても改善されないのであれば、フリーズしているのかもしれません。

最後の手段は「アップデートを削除して、再ダウンロード」

上記4つの対応をしてもアップデートが適切に行われない場合は、アップデートをいちからやり直してみましょう。

①「設定」>「一般」>「ストレージ」の順に選択し、Appリストにあるアップデートを削除

②「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を選択し、細心のアップデートをダウンロード

iPad mini3の買取価格

iPad mini3の買取価格は、端末の状態や付属品の有無等で金額は上下します。また、買取価格は日々変動するものでもあるので、あくまで目安としてご覧ください。

iPad mini3 Wi-Fiモデル

新品中古
16GB16,000円8,000円
64GB22,000円12,000円
128GB24,000円17,000円

iPad mini3 Wi-Fi+Cellularモデル

新品中古
16GB15,000円10,000円
64GB18,000円11,000円
128GB20,000円12,000円

買取に出すなら、買取クイックへ

iPadmini3の最新価格は
こちらに掲載しています

iPad mini3を買取に出すなら、買取クイックはいかがでしょうか。

買取クイックでは、iPad mini3などの中古品の高価買取を行っています。北海道から沖縄まで、全国に店舗展開をしているため、お近くの店舗を探してみてください。

お住まいの近くに店舗がない場合でも、「宅配買取」も行っていますので、全国どこからでも、iPad mini3を高価買取いたします。

東京都店舗

東京都の店舗一覧はこちら »

神奈川県店舗

神奈川県の店舗一覧はこちら »

千葉店舗

千葉県の店舗一覧はこちら »

埼玉店舗

埼玉県の店舗一覧はこちら »

その他店舗

その他の店舗一覧はこちら »

mailメールのお問い合わせ