iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

Apple Watch SE 第二世代の新機能/デザイン/色と旧タイプの買取価格【買取クイック】

2022年9月8日「Appleイベント」が開催され、Apple Watchの新モデルが同時に3機種発売されるとの発表がありました。

発売日は9月16日で現在予約受付中です。

そこであなたは、このような疑問をお持ちではないでしょうか?

  • 最新のApple Watch SE 第二世代の性能は第一世代とどう違うの?
  • Apple Watch Series 8と比べてどうなの?
  • Apple Watch Series 6と比べてどうなの?
  • 旧タイプの下取り価格と買取価格ではどちらがお得?

当記事では、このような疑問にお答えするため、Apple Watch SE 第二世代にフォーカスし第一世代、Series6、Series8の性能比較、スペック表、価格について徹底的に解説します。

新規購入や買い替えを検討されている方のご参考になりましたら幸いです。

※ここでは今回発売される新型のApple Watch SEを「Apple Watch SE 第二世代」前世代を「SE第一世代」と呼びます。

目次

Apple Watch(アップルウォッチ)SE第二世代の新機能

結論として、Apple Watch SE 第二世代は第一世代と比較してマイナーチェンジの範囲と言えるでしょう。Appleが「SE2」と謳っていないのは、そのためかもしれません。

Apple Watch(アップルウォッチ)SE第二世代の新機能



しかし、SOS機能がより充実したモデルが必要な方や新規でApple Watchを購入したい方、お子さんやご家族にも持たせたいという方には、おすすめのモデルです。

詳しく見ていきましょう。

Apple Watch SE 第二世代の新機能

Apple Watch SE 第二世代の新機能
出典:https://www.apple.com/jp/apple-watch-se/


Apple Watch SE 第二世代で新しくなった点は、チップが新しくなり処理速度がアップしたことと加速度センサーが最大32Gから256Gまで検出範囲を広げたことです。

これらのことで、Apple Watch SE 第二世代のSOS機能が強化されました。

新プロセッサーS8 SSip搭載で処理速度20%アップ

Apple Watch SE 第二世代には「S8 SiP」が搭載され、第一世代のS5 SiPに比べて処理速度が20%アップしたと発表。

Apple Watchの各種アプリのサクサク感や腕を持ち上げた際の画面点灯反応速度に不満を持つ人はいないでしょう。

新加速度センサー256G採用で衝突事故検知

新加速度センサー256G採用で衝突事故検知
出典:https://www.apple.com/jp/apple-watch-se/

第一世代の加速度センサーは最大32Gで、転倒検知までしかできませんでした。第二世代では最大256Gまで検知できるようになり、車の衝突の衝撃を検出できるようになっています。

例えば、旅行中に追突事故にあってしまった際などにSOS機能が働いて、10秒以内にキャンセルしないと自動的に地域の緊急通報サービス(119など)に位置情報を含めて通報します

これは、SE 第一世代にはない機能です。

画面の常時点灯機能や高速充電機能はない

SE 第二世代に期待されていた、画面の常時点灯モード、高速充電機能は搭載されていません

これは、SE 第一世代と同様です。充電時間は充電80%までが90分、100%までが150分かかりますので、外出先での充電には向いていません。

ただ、後述する新OS「Watch OS9」の低電力モードで、使用時間がどこまで延長できるかが期待されます。

ちなみにApple Watch Series 8の場合、充電80%までが45分、100%までが75分ですから、例えばディナー中でも充電できます。

Apple Watch SE 第二世代はSE 第一世代とケースは同じ

Apple Watch SE 第二世代はSE 第一世代とケースは同じ
出典:https://www.apple.com/jp/apple-watch-se/

Apple Watch SE 第二世代のケースサイズは40mmと44mmから選択できますが、これはSE第一世代とまったく同じサイズです。外側のベゼルはSeries8よりも少し厚めになっています。

ケース裏面の色がケース色と同一色に変更されたことが、唯一更新された点です。

9月13日リリースの新OS「WatchOS 9」で追加される機能

9月13日リリースの新OS「WatchOS 9」で追加される機能
出典:https://www.apple.com/jp/watchos/watchos-9/

2022年9月13日にリリースされる新OS「WatchOS9」。主に次の機能が追加されます。

  • アクティビティリング、心拍数範囲、パワー、高度などをディスプレイに表示する新しいワークアウト機能
  • スイム、バイクランを自動切り替え
  • スイミング時の計測項目、キックボードなどを追加
  • 走りの分析機能強化、走行フォームなど
  • ヘルスケア機能強化
  • 睡眠中の計測項目強化(レム/コア/深い)
  • 新しい文字盤
  • 海外でもApple Watchをそのまま使える国際ローミング(年内30キャリア)
  • 家族や友人とApple Watchをファミリー共有設定にする
  • 低電力モード(常時表示やワークアウト検出など使わない機能だけオフにして最大36時間)
  • その他、アクセシビリティなど

国際ローミング、ファミリー共有、低電力モードが追加されたことと、あまり評判が良くなかった睡眠アプリは大幅に改善されるようです。

「Watch OS 9」は、Apple Watch Series 4以降にサポートされます。

Apple Watch SE 第二世代は価格が安くなった

Apple Watch SE 第二世代は価格が安くなった
出典:https://www.apple.com/jp/apple-watch-se/

Apple Watch SE 第二世代の価格は、全モデルの40,800円〜から37,800円〜(税込)に値下げされています。性能がアップし、他のモデルはすべて値上げされているなかでは唯一お得感がありますね。

初めての「Apple Watch」という方や睡眠モードのときに専用で使いたい、GPSモデルをお持ちでセルラーモデルが欲しいという方にはおすすめのモデルです。

Apple Watch SE 第二世代と第一世代の違い

Apple Watch SE 第二世代と第一世代の違い
出典:https://support.apple.com/kb/SP827?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP


Apple Watch SE 第二世代と第一世代の違いは、プロセッサーと加速度センサーが強化され、衝突事故検出機能が追加された
ことです。

この機能はSeries 8とSE第二世代にしかありません。プロセッサーと加速度センサーが大幅に進化したことで、機械学習機能も強化され新たな機能が追加されるかもしれませんね。

Apple Watch SE 第二世代「GPSモデル」と「セルラー(+GPS)モデル」の違い

Apple Watch SE 第二世代「GPSモデル」と「セルラー(+GPS)モデル」の違い
出典:https://www.apple.com/jp/watch/cellular/


既にApple Watchを使用されている方はご存じと思いますが、「GPSモデル」と「セルラー+GPS」モデルの違いを解説します。

GPSモデルとセルラーモデルの違い

GPSモデルはiPhoneと通信しながら使用するモデルです。一部オフラインで利用できる機能もありますが、殆どの機能はiPhoneとBluetooth通信してオンライン化しないと利用できません。つまり、GPSモデルはiPhoneの子機的な役割になります。

一方、セルラーモデルはiPhoneを所持していなくても単独で使用できるモデルです。iPhoneと同じ電話番号で電話の発着信もできますし、メールやSMSの送受信も可能です。音声認識でメールを返信することもできますから便利です。

SOS機能もセルラーモデルは、iPhoneを所持していなくても機能します

ちょっと近所に出かける際や海で沖まで泳ぐとき、iPhoneのバッテリー切れなどの際にセルラーモデルは活躍してくれます。

Apple Watchがオフライン時にできること

Apple Watchをオフラインで使用できる機能は以下のとおりです。

  • ApplePayでの買い物する
  • 写真を表示する
  • 音楽を聴く
  • 時計やアラームを使う
  • ワークアウトを記録する
  • 心拍数が計る
  • メモする
  • コンパスを使う

Apple Payは、Suica、ICOCAも使えますが、リチャージはオンライン時にしかできません。音楽はストレージにダウンロードした曲だけ聴くことができます。ワークアウトはトレーニングデータ集計アプリで、オフライン時はデーターを記録するのみになります。

Apple Watch SE 第二世代の選べるケース色とバンド

Apple Watch SE 第二世代のケース、色、多彩なバンドをご紹介します。

選べるケース(筐体)の材質・色

SEのケースの材質はアルミニウム1種類のみです。ケース色はシルバー、スターライト、ミッドナイトの3色です。第一世代にあったゴールドとスペースグレイは廃止されました。

44種類から選べるバンド

バンドはSeries 8同様に、7種類全44色から選択できます

ソロループと編組ソロループ

ソロループと編組ソロループ
出典:https://www.apple.com/jp/shop/studio/apple-watch-se

「ソロループはサイズ選びが難しい」とよく言われます。サイズは手首をメジャーで測って、小指の第一関節が入るくらいの余裕を持ちましょう

小指の第一関節が入るくらいで、センサーとの距離が離れてしまうこともありません。不安な場合は、Appleのソロループ購入ページで測定方法が案内されています。

ソロループはシリコンゴム素材です。ぬるま湯とハンドソープで洗えます。しつこい汚れにはメラミンスポンジを使いましょう。

編組ソロループは、ヤーン素材です。お手入れは、細くやわらかい毛タイプの歯ブラシに少し水を含ませて繊維がほつれないよう、やさしくこすりましょう。

スポーツバンドとNIKEスポーツバンド

スポーツバンドとNIKEスポーツバンド
出典:https://www.apple.com/jp/shop/studio/apple-watch-se

スポーツバンドタイプは、フッ素エラストマと呼ばれる素材製で、耐久性と耐汗性に優れています。お手入れはメラミンスポンジを水に濡らしてこすり洗いできます。

NIKEスポーツバンドは4色から選べます。素材はスポーツバンドと同じです。

スポーツループとNIKEスポーツループ

スポーツループとNIKEスポーツループ
出典:https://www.apple.com/jp/shop/studio/apple-watch-se

スポーツループタイプは、ナイロン製のファブリック素材(ウーブンナイロン)です。お手入れはバンドに少し水を含ませて、細くやわらかい毛タイプの歯ブラシで繊維がほつれないよう、やさしくこすればOKです。

NIKEスポーツループは5色から選択できます。素材はスポーツループと同じウーブンナイロンです。

レザーリンク、ミラネーゼループとリンクブレスレット

レザーリンク、ミラネーゼループとリンクブレスレット
出典:https://www.apple.com/jp/shop/studio/apple-watch-se

レザーリンクは、3色から選べます。素材はフランスで手作りされたルー・グラナダレザーが採用され、しなやかで腕にフィットするよう成形マグネットが埋め込まれています。

ミラネーゼループは、ステンレス製ですがAppleは「水洗いは禁止」としています。お手入れは、温かい石鹸水を布に含ませて水分がバンドに残らないように拭き取りましょう。

リンクブレスレットは、オーステナイト系ステンレスを素材に採用しています。スペースブラックには更にダイヤモンドライクカーボンをコーティングした材質でできています。Apple Watchのバンドのなかで、もっとも強度が高く傷がつきにくいバンドです。

リンクブレスレットのスペースブラック(上の画像右)は価格が最も高く、ミラネーゼループとの差額は53,000円もあります。

なお、NIKE版はバンドを購入できますが、ケースはSeries 8から廃盤になりました。その代わりNIKEの文字盤は、全モデルで利用できるようにするようです。

Apple Watch SE 第二世代と歴代モデルの発売日

Apple Watchの歴代モデルの発売日を調べてみました。

発売日20152016201720182019202020212022
初代4/24
Series19/16
Series29/16
Series39/22
Series49/21
Series59/20
Series69/18
SE9/18
Series710/15
Series89/16
SE29/16
Ultra9/16

ご覧のとおり、Apple Watchを一度に3機種もリリースするのは今年がはじめてになります。国際ローミングやファミリー共有機能など新機能満載の「Watch OS 9」を今年リリースする力の入れようです。

また、コンテンツでは内容を充実させ、価格を大幅に引き下げたApple Oneも内容・価格的にも魅力があります。詳しくは後述するので参考にしてください。

Apple Watch SE 第二世代とSeries 6で何ができるか、できないか?Series 8と比較

Apple Watch SE 第二世代でできること

  • 睡眠アプリに対応しており、睡眠の質と向き合い対策が練れる
  • ヘルスケアアプリが利用でき、歩数や歩行距離、走行距離を自動的に通知してくれる
  • Apple Watch専用のトレーニングプランを提案しデータを集計するワークアウトアプリに対応しており、トレーニングし易い
  • 高心拍数と低心拍数の通知機能で、自身の心拍数を把握し限界点などトレーニングの参考になる
  • 不規則な心拍リズムの通知機能で、体調の異変を早い段階で知らせてくれるので、無理なトレーニングを回避し易い
  • 緊急SOS(国内外、転倒検出、衝突事故とすべてのSOS機能に対応しているので安心
  • GPS通信に対応しているので、位置情報が正確
  • ファミリー共有設定の対象国が19カ国ある(年内30キャリア)ので、家族で海外旅行したときなども撮影した写真やビデオ、その他コンテンツを共有して楽しめる
  • Apple Payに対応しているので、混雑した駅などでは改札が楽
  • 二種類のセルラーモデルがあり、海外旅行先によって最適なセルラーモデルが選べる(旅行前にローミング先要確認:海外のApple Watchに対応する通信業社はこちら)
  • Apple Oneに対応しているので音楽(9,000万曲)やオンラインゲームなどコンテンツが安価(月額1,100円)で幅広く楽しめる
  • 「WatchOS 9」により低電力モード(最大36時間)、国際ローミングに対応(年内30キャリア)しており、海外での使用でも安心
  • チップは、最新の「S8 Sip」を搭載しており、前世代の20%処理速度が上がっており、新機能満載の新OS「WatchOS 9」にも処理遅れが発生するリスクがない

Apple Watch SE 第二世代でできないこと

  • 血中酸素ウェルネスアプリが利用できないので、有酸素運動のプランがSeries 8と比べて、たてにくいことがある
  • 心電図アプリに対応していないので、同様に有酸素運動時の健康管理がSeries 8と比べて浅い範囲になってしまう
  • 皮膚温センサー未搭載のため、過去の排卵を推定できる周期を記録する機能がない
  • Wi-Fiは802.11b/g/n 2.4GHzにしか対応していないためパブリック環境でのWi-Fiに接続しにくいリスクがある
  • 高速充電に対応していないので、80%充電が90分、100%充電に150分もかかるので、長時間外出時の外出先での充電には困ることがある

以上のとおり、Apple Watch SEがApple Watch Series 8に比べてできないことは、アプリではウェルネス系のアプリ二つと、皮膚温センサーが未搭載というだけです。

「持病がありこまめな心電図測定が必要」「プロレベルのトレーニングをするので血中の酸素濃度を常に測りたい」という方や女性にはApple Watch Series 8がおすすめです。

しかし、それ以外の方でApple WatchはiPhoneを常に持ち歩くのでフリーWiFiは使わない、18時間近く外出することは殆どない、Power Bankを持ち歩く方にはApple Watch SE 第二世代で十分かもしれません。おそらく低電力モードも助けになります。

Apple Watch Series 6でできること

  • 血中酸素ウェルネスアプリが利用できるので、有酸素運動のプランがたて易い
  • 心電図アプリに対応しているので、有酸素運動時の健康管理がし易い
  • 睡眠アプリに対応しており、睡眠の質と向き合い対策が練れる
  • ヘルスケアアプリが利用できるので、歩数や歩行距離、走行距離を自動的に通知してくれる
  • Apple Watch専用のトレーニングプランを提案しデータを集計するワークアウトアプリに対応しており、トレーニングし易い
  • 高心拍数と低心拍数の通知機能で、自身の心拍数を把握し限界点などトレーニングの参考になる
  • 不規則な心拍リズムの通知機能で、体調の異変を早い段階で知らせてくれるので、無理なトレーニングを回避し易い
  • Wi-Fiは802.11b/g/n 2.4GHzと5GHzに対応しているので、パブリック環境でも接続しやすい
  • Apple Payに対応しているので、混雑した駅などでは改札が楽
  • Apple Oneに対応しているので音楽(9,000万曲)やオンラインゲームなどコンテンツが安価(月額1,100円)に幅広く楽しめる
  • ファミリー共有設定の対象国が19カ国ある(年内30キャリア)ので、家族で海外旅行したときなども撮影した写真やビデオ、その他コンテンツが共有して楽しめる
  • 「WatchOS 9」により低電力モード(最大36時間)、国際ローミングに対応(年内30キャリア)しており、海外での使用でも安心(カバーしていない国や地域もある)
  • 充電時間は、充電80%が60分、100%は90分で充電できる

Apple Watch Series 6でできないこと

  • SOS機能のなかで衝突事故検出機能に対応していないので、万一の事態に不安がある
  • 皮膚温センサー未搭載のため、過去の排卵を推定できる周期を記録する機能がない
  • 2種類のCellularモデルに対応していないので、例えば海外に旅行に行く場合、日本で契約しているキャリアと旅行先によってはApple Watch単体では使用できないことがある(iPhoneが使用できれば問題ない)
  • チップは「S6 SiP」を搭載、Series 8の「S8 SiP」の二世代前となるため、新機能満載の新OS「Watch OS 9」に更新した際、処理が遅いと感じることがあるかもしれない

以上のとおり、Apple Watch Series 6がSeries8と比較して、できないことは衝突事故検出機能と皮膚センサーによる新機能のみです。

そのため「Series 6」をお持ちの方で、新機能を必要としない方はわざわざ買い替えるまでもないでしょう。

Apple Watch SE 第二世代、SE第一世代、Series 6のスペック比較表

具体的に3機種のスペックを比較表にまとめましたので、参考にしてください。

ケースサイズとカラー・耐水性能・ディスプレイの比較

ケースサイズとカラー・耐水性能・ディスプレイの比較
出典:https://www.apple.com/jp/watchos/watchos-9/

モデル

Apple Watch 

SE 第二世代

Apple Watch 

SE 第一世代

Apple Watch Series 6

ケース

サイズ

40mm:

40×34×10.7

44mm:

44×38×10.7

40mm:

40×34×10.7

44mm:

44×38×10.7

40mm:40×34×10.7

44mm:44×38×10.7

重量

2022年9月12日時点未公開

40mm GPS:30.49 g

GPS+Cellular:

30.68 g

44mm GPS:36.20g

GPS+Cellular:

36.36g

40アルミ:30.5g

40ステン:39.7g

40チタニ:34.6g

44アルミ:36.5g

44ステン:47.1g

44チタニ:41.3g

色(アルミニウム製)

ミッドナイト

スターライト

シルバー

シルバー

スペースグレイ

ゴールド

シルバー

スペースグレイ

ゴールド

ブルー

(PRODUCT)RED

色(ステンレス製)

グラファイト

シルバー

ゴールド

色(チタニウム製)

スペースブラック

チタニウム

NIKE

HERMES

泳げる耐水性能

水深50m

水深50m

水深50m

IP6X等級防塵性能

ディスプレイ

Retina

Retina

常時表示Retina

324×394P

759平方

324×394P

759平方

324×394P

759平方

368×448P

977平方

368×448P

977平方

368×448P

977平方

チップ

デュアルコアプロセッサー

S8 SiP

S5 SiP

S6 SiP

UIチップ(広域帯域)

W3(ワイヤレスチップ)

ストレージ

32GB

32GB

32GB

Apple Watch SE 第二世代のケースサイズはSE第一世代とSeries6とまったく同じです。2022年9月9日現在、重量は未公開ですが3機種とも同等でしょう。

SE 第二世代のディスプレイのサイズや表示ピクセル数も、SE第一世代とSeries 6も同じです。ただし、常時表示機能はSE第二世代、第一世代にはなく、Series 6のみ対応しています。

チップに関しては、SE第二世代の「S8 SiP」は、第一世代のS5 SiPよりも20%高速になっているとのことですから、9月13日に配信される最新の「Watch OS9」の新機能をフルに使用できるでしょう。

ただし、UIチップはSEシリーズには搭載されていませんので、5GHz帯のWi-Fiは利用できません。2.4GHz帯のみ利用可能です。

ちなみに、Apple Watch Series 8のケースサイズ、ディスプレイのピクセル数は現状未公開です。ただ、ケースデザインはApple Watch Series 7と同じなので、ケースサイズはSeries 7と同じ

  • 41mmタイプ:41×35×10.7
  • 45mm:45×38×10.7

と考えてよいでしょう。

重量は、皮膚温センサーが追加されているのでSeries7より若干重いかもしれませんが、

  • 41mm アルミニウム:32.0g、41mm ステンレス:42.3g+α
  • 45mm アルミニウム:38.8g、45mm ステンレス:51.5g+α

といったところでしょう。

心電図・血中酸素・心拍数など健康アプリの比較

心電図・血中酸素・心拍数など健康アプリの比較
出典:https://www.apple.com/jp/watchos/watchos-9/

モデル

Apple Watch 

SE 第二世代

Apple Watch 

SE 第一世代

Apple Watch Series 6

健康アプリ

血中酸素

ウェルネスアプリ

心電図アプリ

睡眠アプリ

ヘルスケアアプリ

Apple Watch SEシリーズで利用できる健康アプリは睡眠アプリとヘルスケアアプリのみです。Apple Watch Series 6は、血中酸素ウェルネスアプリと心電図アプリに対応しています。

血中酸素ウェルネスアプリとは血中酸素濃度をリアルタイムで測定し、その数値からトレーニング強度をプランすることに使ったりします。

なお、Apple Watchの心電図アプリの不整脈の陽性的中率は84%とという論文がアメリカで発表されているようです。

ヘルスケアアプリは、複数の健康アプリのデータを集めて一ヶ所で進捗を管理するアプリです。歩数、歩行距離、走行距離などを自動的に通知してくれます。

ただ、健康アプリは医療用として開発されたものではないことを前提に利用しましょう。

ワークアウトアプリ・通知機能・皮膚温センサーの比較







<table style=
出典:https://www.apple.com/jp/watchos/watchos-9/

モデル

Apple Watch 

SE 第二世代

Apple Watch 

SE 第一世代

Apple Watch Series 6

ワークアウトアプリ

通知機能

高心拍数と低心拍数

の通知

不規則な心拍リズム

の通知

皮膚温センサー

過去の排卵を推定できる周期記録

今回比較している全機種が対応しているワークアウトアプリは、トレーニングプランを作成し、トレーニング結果と比較して管理するアプリです。

Apple Watch Series 8の最大の特徴である皮膚温センサーは、SEシリーズにもSeries 6にも搭載されていません

そのため、「過去の排卵から推定できる周期記録」機能はSeries 8だけが対応していることになります。

SOS緊急通報・コンパスアプリ・GPS・携帯電話通信

SOS緊急通報・コンパス
出典:https://www.apple.com/jp/watchos/watchos-9/

モデル

Apple Watch SE 第二世代

Apple Watch 

SE 第一世代

Apple Watch Series 6

SOS機能

緊急SOS

海外における

緊急通報

転倒検出

衝突事故検出

Siri

携帯電話通信機能

GPSモデルのiPhoneとのペアリング

必要

必要

必要

GPS +Cellularモデル

LTE、UMTS

LTE、UMTS

LTE、UMTS

デュアルSIM対応

国際ローミング

Wi-Fi

802.11b/n 2.4GHz

802.11b/n 2.4GHz

802.11b/n 2.4GHz/5GHz

ファミリー共有設定

対応国(年内30キャリア)

19ヵ国
(2022/9現在)

19ヵ国

(2022/9現在)

19ヵ国

(2022/9現在)

Bluetooth

5.0

5.0

5.0

SOS機能はApple Watchの「GPS+セルラーモデル」か、「GPSモデル」の場合はiPhoneを携帯しているか、接続履歴があるWi-FiでWi-Fi通話を設定している場合にのみ利用できます

Apple Watch着用者が転倒したことを検知すると自動的に、着用者の現在地を緊急通報サービスに伝えてくれる緊急SOS機能は、国内外共全機種に備わっています。ただ、SE 第一世代とSeries 6には衝突事故検出機能が搭載されていません

国際ローミング機能は、「Watch OS9」によりSeries 8、SE第二世代、SE第一世代、Series 6すべてに適用されます。ただ、海外でApple Watchを使用する場合はiPhoneを海外で使用できるよう携帯電話会社とローミング契約する必要があります

また、SE第二世代、第一世代共にUIチップ(広帯域通信)を未搭載のため、2.4GHzにしか対応していませんので、パブリックWi-Fiの環境では繋がりにくいことがあるかもしれません。

デュアル SIM とは、デュアルSIMに対応した iPhone で、デュアル SIM を使ってモバイル通信プランを複数設定し利用できる機能です。二つのプランを Apple Watch に追加しておくと、モバイルデータ通信ネットワークに接続した際にどちらのプランを使うかを選択できます。

Apple Pay・Apple One・Apple Music

出典:https://www.apple.com/jp/apple-one/?cid=svc-jp-kwgo-a1q4

モデル

Apple Watch 

SE 第二世代

Apple Watch 

SE 第一世代

Apple Watch Series 6

Apple Pay

Apple One

Apple Music

Apple Watchを駅の改札でかざすだけで、改札口を通過できるApple Payには全機種対応しています。

また、Apple Oneは以下のサービスをひとまとめにしたパッケージサービスです。

  • Apple Music:9,000万曲以上が聴き放題の音楽アプリで、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchなどで聴ける
  • Apple TV+:家のテレビに繋ぐセットトップボックスで、スマホ、iPad、MacBookなどのApple製品で、テレビ番組・音楽・ゲームが楽しめる
  • Apple Arcade:ゲームアプリをダウンロード、家族でオンラインゲーム、iPhone、iPad、MacBookなどのAppleデバイスでプレイできる
  • iCloud+:写真、ファイル、バックアップの保管用のストレージを増やせ、サブスクリプションに登録した人専用の追加機能も利用可

これら4つのサービスを1つの契約で、安く利用できるのがApple One料金は月額1,100円(税込)です。

Apple Musicだけでも月額980円(税込)ですから、Apple Oneはかなりお得と言えます。

低電力モード・高速充電・アクセサリー

出典:https://www.apple.com/jp/shop/watch/accessories


モデルApple Watch SE 第二世代Apple Watch SE 第一世代Apple Watch Series 6
低電力モード18時間/36時間18時間/36時間18時間/36時間
フル充電時バッテリー使用可能時間最大36時間最大36時間最大36時間
高速充電機能 未対応充電80%:90分
充電100%:150分
充電80%:90分
充電100%:150分
充電80%:60分
充電100%:90分

Apple Watch SE 第二世代、SE 第一世代、Series 6に搭載されているバッテリーは、高速充電ができません

「WatchOS 9」により搭載された低電力モードバッテリー切れを、最大36時間まで延長できるのは大きいですね。低電力モードはApple Watch Series4以降の機種で使用できます

また、Apple Watchのアクセサリーは純正品もかなり充実しています。ワイヤレスで充電できる磁気充電ドックiPhoneとApple Watchを一緒に充電できる磁気充電スタンドは便利です。

また、ケースの破損を防ぐ必須のプロテクターはSeries 6用でSE第二世代もSE第一世代にもフィットします

これらアクセサリーは、サードパーティーの製品が安く売られている傾向がありますので、純正品と比較してみると良いでしょう。

Apple Watch Series 8とSeries7・SEの価格の比較

モデル

サイズ

ケース

最低価格

最高価格

Apple Watch Series 8

Cellular+GPS

41mm

 

アルミ

ステン

59,800円

104,800円

120,800円

165,000円

45mm

アルミ

ステン

64,800円

112,800円

125,800円

173,800円

Apple Watch SE 第二世代

Cellular+GPS

40mm

アルミ

37,800円

98,800円

44mm

42,800円

103,800円

Apple Watch SE 第一世代

Cellular+GPS

40mm

アルミ

46,834円

50,592円

44mm

45,000円

46,485円

Apple Watch Series 7

Cellular+GPS

41mm

アルミ

61,700円

  77,480円

45mm

アルミ

70,800円

80,367円

Apple Watch SE第二世代、第一世代とSeries 8とSeries 7の価格を比較してみました。Series 6は中古しかなかったので、Series 7で調べてみました。

Apple Watch SE第二世代とSeries 8は、Apple公式サイトでシミュレーションした価格ですが、SE 第一世代とSeries 7は市場価格です。

SE第一世代の市場価格よりも、SE第二世代のApple価格の方が安いのは驚きでした。

Apple Watch( アップルウォッチ)旧タイプの下取り価格と買取価格【買取クイック】の比較

以上、Apple Watch SE 第二世代と、Series 8、Series 6を比較して見てきましたが、結論としてSeries 5以前をお持ちの方は、SE 第二世代かSeries8に買い替えを検討されても良いでしょう

今回、SE第二世代が投入されたことで、Series 3は廃盤となりOSも更新されませんし、Appleの下取り対象機種からも外れました

ただ、Series 6、Series7をお持ちの方で、皮膚センサーが必要ないという方は、Series 8に買い替える理由はないかもしれません。

なお、2022年9月12日時点のApple Watch各シリーズのApple社の下取り価格と弊社の買取価格比較表は以下のとおりです。

買い替えを検討されておられる方は、ぜひ参考にしてください。

Apple Watch Series 3

Apple Watch 3スポーツループ 買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
38mm ASK ASK 下取り対象外
42mm ASK ASK
Apple Watch 3ミラネーゼループ 買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
38mm ASK ASK 下取り対象外
42mm ASK ASK
Apple Watch 3スポーツバンド 買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
38mm ASK ASK 下取り対象外
42mm ASK ASK

Apple Watch 3

ステンレススチールケース

/スポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
38mm ASK ASK 下取り対象外
42mm ASK ASK

Apple Watch 3 Nike+

スポーツループ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
38mm ASK ASK 下取り対象外
42mm ASK ASK

Apple Watch 3 Nike+

GPS

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
38mm ASK ASK 下取り対象外
42mm ASK ASK

Apple Watch 3 Nike+

GPS+Cellular

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
38mm ASK ASK 下取り対象外
38mm GP ASK ASK

Apple Watch 3 Edition

GPS+Cellularモデル

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
38mm ASK ASK 下取り対象外
42mm ASK ASK

Apple Watch 3 HERMES(エルメス)

GPS+Cellularモデル

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
38mm ASK ASK 下取り対象外
42mm ASK ASK

AppleWatchSeries3の最新価格は
こちらに掲載しています

  

Apple Watch Series 4

Apple Watch 4

ミラネーゼループ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm ASK ASK 最大4,000円

44mm

ASK ASK

Apple Watch 4

スポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm ASK ASK 最大4,000円

44mm

ASK ASK

Apple Watch 4

スポーツループ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm ASK ASK 最大4,000円

44mm

ASK ASK

Apple Watch 4 Nike+

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm ASK ASK 最大4,000円

44mm

ASK ASK

Apple Watch 4 Nike+

スポーツループ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm ASK ASK 最大4,000円

44mm

ASK ASK

Apple Watch 4 Hermes

GPS+Cellularモデル

シンプルトゥール

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm ASK ASK 最大4,000円

44mm

ASK ASK

Apple Watch 4 Hermes

GPS+Cellularモデル

ドゥブルトゥール

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm ASK ASK 最大4,000円

44mm

ASK ASK

Apple Watch 4

ステンレススチールケース

/スポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm ASK ASK 最大4,000円

44mm

ASK ASK

Apple Watch 4 Hermes

GPS+Cellularモデル

シンプルトゥールディプロイアント

バックル

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古

44mm

ASK ASK 最大4,000円

Apple Watch 4 Hermes

GPS+Cellularモデル

シンプルトゥールラリー MU9E2J/A

ヴォー・グレイン・

バレニア(フォーヴ)レザーストラップ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古

44mm

ASK ASK 最大4,000円

AppleWatchSeries4の最新価格は
こちらに掲載しています

   

Apple Watch Series 5

 

Apple Watch 5

ゴールドミラネーゼループ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWX72J GPS+Cellular ASK ¥ 17,000 ¥ 12,000

44mm MWWJ2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch5

ゴールドステンレススチールケース

/ストーンスポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWX62J/A GPS+Cellular ASK ¥ 17,000 ¥ 12,000

44mm MWWH2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch5

ステンレススチールケース

/ホワイトスポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWX42J/A GPS+Cellular ASK ¥ 17,000 ¥ 12,000

44mm MWWF2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch5

スペースブラック

ステンレススチールケース

/ブラックスポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWX82J/A GPS+Cellular ASK ¥ 17,000 ¥ 12,000

44mm MWWK2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch 5

ミラネーゼループ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWX52J/A GPS+Cellular ASK ¥ 17,000 ¥ 12,000

44mm MWWG2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch5

スペースブラックミラネーゼループ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWX92J/A GPS+Cellular ASK ¥ 17,000 ¥ 12,000

44mm MWWL2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch5

ブラックスポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWV82J/A GPS ASK ¥ 20,000 ¥ 12,000

44mm MWVF2J/A GPS

ASK ¥ 20,000

40mm MWX32J/A GPS+Cellular

ASK ¥17,000

44mm MWWE2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch5

ピンクサンドスポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWV72J/A GPS ASK ¥ 20,000 ¥ 12,000

44mm MWVE2J/A GPS

ASK ¥ 20,000

40mm MWX22J/A GPS+Cellular

ASK ¥17,000

44mm MWWD2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch5

ホワイトスポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWV62J/A GPS ASK ¥ 20,000 ¥ 12,000

44mm MWWC2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

40mm MWX12J/A GPS+Cellular

ASK ¥17,000

44mm MWVD2J/A GPS

ASK ¥ 20,000

Apple Watch5 Nikeモデル

ピュアプラチナム

/ブラックNikeスポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MX3R2J/A GPS ASK ¥ 20,000 ¥ 12,000

44mm MX3V2J/A GPS

ASK ¥ 20,000

40mm MX3C2J/A GPS+Cellular

ASK ¥17,000

44mm MX3E2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch5 Nikeモデル

アンスラサイト

/ブラックNikeスポーツバンド

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MX3T2J/A GPS ASK ¥ 20,000 ¥ 12,000

44mm MX3W2J/A GPS

ASK ¥ 20,000

40mm MX3D2J/A GPS+Cellular

ASK ¥17,000

44mm MX3F2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch Hermes5モデル

シンプルトゥール

ヴォー・バレニア(フォーヴ)

レザーストラップ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MX5M2J/A GPS+Cellular ASK ¥ 17,000 ¥ 12,000

44mm MX5C2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch Hermes5 モデル

シンプルトゥール

ヴォー・スウィフト(黒)

レザーストラップ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWXA2J/A GPS+Cellular ASK ¥ 17,000 ¥ 12,000

44mm MWWM2J/A GPS+Cellular

ASK ¥ 20,000

Apple Watch Hermes5 モデル

ドゥブルトゥール

ヴォー・バレニア(フォーヴ)

レザーストラップ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MX5N2J/A ASK ¥ 17,000 ¥ 12,000

Apple Watch Hermes5 モデル

シンプルトゥール

ディプロイアントバックル

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
44mm GPS+Cellular ASK ¥ 20,000 ¥ 12,000

Apple Watch Hermes5 モデル

ドゥブルトゥール ヴォー・スウィフト(黒)

レザーストラップ

買取価格 Apple下取り価格
新品 中古
40mm MWXC2J/A GPS+Cellular ASK ¥ 17,000 ¥ 12,000

AppleWatchSeries5の最新価格は
こちらに掲載しています

ただ、端末の状態や付属品等で額は上下し、買取額は日々変動するものなので、絶対的な数字ではないことをご了承の上でご覧ください。

なお、Apple Watchの買取りは、これら以外のシリーズも行っておりますのでお気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

具体的な価格は当サイト内の最新買取価格ページの【オンライン査定】ボタンをクリックするか、最寄りの店舗にお電話またはメールでお問い合わせいただく、或いは最寄りの店舗にお越しいただけましたら、時点の価格をお伝えいたします

製品によってはジャンク品の買取りも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


全国展開している【買取クイック】なら安心!

東京都店舗

東京都の店舗一覧はこちら »

神奈川県店舗

神奈川県の店舗一覧はこちら »

千葉県店舗

千葉県の店舗一覧はこちら »

埼玉県店舗

埼玉県の店舗一覧はこちら »

北海道店舗

北海道の店舗一覧はこちら »

愛知県店舗

愛知県の店舗一覧はこちら »

大阪店舗

大阪府の店舗一覧はこちら »

福岡店舗

福岡県の店舗一覧はこちら »

沖縄県店舗

沖縄県の店舗一覧はこちら »

その他17店舗

その他の店舗一覧はこちら »

mailメールのお問い合わせ