iPhone高価買取のクイック

買取クイック コラム

Apple iOS15 新機能

AppleはWWDC2021にてiPhoneの新しいバージョンであるiOS15を発表しました。iOS15アップデートではFacetime、通知機能、メッセンジャーに大幅な変更が加えられています。iOS15は全ての機能が秋に利用可能になります。
現時点で公開されているiOS15の機能を紹介していきます。

iOS番ZooM?Face Timeの大幅アップデート

iOS15のFaice Timeは従来の機能から大幅にアップデートされ
機能改善、沢山の機能追加、クロスプラットフォームに対応と
現在のWEB会議、テレワーク需要に合わせたアップデートとなっています。

ブラウザ動作するFace Time

いままでFace TimeはiPhoneやMacなどのApple製品のみ使用できる
ビデオ、音声通話ソフトでした。動作や映像品質、音声品質も高く
ビデオチャットアプリとしては非常に優秀なものでしたがApple製品のみ
でしか使用できないアプリだった為、テレワークなどには不向きのものでした

ですが、iOS15での大幅アップデートにより
Faice Timeアプリ内からリンクを発行する事によりアカウントがなくても
WEBブラウザ経由で誰でもFaice Timeの高品質ビデオチャットに参加が出来るようになりました。この機能が開始されればApple製品を持っていない
ユーザーであってもFaice Timeに参加する事が可能です。

Facetimeで友達と映画鑑賞「SharePlay」

Face TIme SharePlayは従来のWEBミーティングアプリで言う『画面共有』
昨日の進化版とも言える機能です。
WEBミーティングとして使用し、会議資料の閲覧や
オンライン飲み会での映画鑑賞を行う機能も用意されています。
現時点での対応サービスは下記となっております。

Apple AirPlay、AppleTV、Apple Music、Disney+、ESPN+、HBOMax、Hulu、Masterclass、The NBA、Paramount+、Pluto TV、TikTok、Twitch

まだまだ使用できるサービスは少ないですが、今後のアップデートにより
使用できるサービスや、iPhoneのスクリーンの共有も出来るようになると思います。

『おやすみモード』が進化 細かい設定が可能に

iOS14まで長らく搭載されていた「おやすみモード」ですがiOS15より
あたらしく「フォーカスモード」に置き換わり様々な機能が加わります。
Androidでは行うことの出来た細かい通知設定などをプロファイルを作成し
瞬時に適用する事が可能です。

ゲームフォーカスモード

ゲームをしている時のようのプロファイルを作成すれば
ゲーム中に出てくる通知を全て遮断する事が可能です。
今まではゲーム中にポップアップ表示がされ画面内のボタンが操作できなかったり、操作にミスを起こしてしまう事がありましたがフォーカスモードを使用することでゲームに集中する事が可能です。

仕事フォーカスモード

仕事中にはSNSからの通知を切り、チャットワークやSlackなどの仕事用ツールのみ通知が来るように設定する事が出来ます。
連絡帳に入ってる特定の人からの通知を仕事中はブロックするなどの
細かな設定までする事が可能です。

従来のおやすみモード

従来のおやすみモードが消えたわけではありません
従来の機能はそのままアップデートされました。
いままでのおやすみモードのように全ての通知を切る事も特定のアプリのみ通知を出すことも可能です。これで不要な連絡は遮断し、大切な連絡のみ通知を受け取るといった事が可能です。

新しくなった通知機能

新しくなった通知機能では、重要な通知、不要な通知を判断し
不要な通知はメッセージの要約を最小限におさえたり、重要な通知は
内容を多く表示してもらえたりと通知画面で今まで以上に情報を把握
しやすくなります。

Live Text機能

カメラアプリに新しくLive Text機能が追加されました。
書類などの文字を読み取りテキストに変換してくれる機能です。
請求書などのデータ化や英文の書類を翻訳することなどが可能です。
今までも社外アプリにて上記機能を提供しているアプリはありましたが
iOS内部の機能になることでSiriとの連携などが強化されさらに効率化した
作業が行えるかと思います。

iOS15の可能性

iOS15の機能をいくつか紹介してきましたが現時点で発表公開されいる情報以外にも細かいアップデートはまだまだ存在します。
iOS15はナンバリングの関係から一つの節目となるOSです。
これまでAppleはApple製品との連携性を強化してきましたが
今後はクロスプラットフォームに重点を起き様々なデバイスで
Appleの機能を使用する事が可能になるもしれません。
Apple iOS15は今年秋の提供予定ですがデベロッパーベータ版が出ていますので
今後も発表されていない新しい昨日の発見などがあると思います。

mailメールのお問い合わせ