コラム

【最新スマホ情報】HUAWEImateXとSAMSUNGGalaxyFold

2月末に開催されたMWC2019(モバイル・ワールド・コングレス)複数社が折り畳みスマホの発表を行いました。その中でも注目を集めていた、HUAWEIとSAMSUNGの最新スマホの情報をまとめました。

SAMSUNGとHUAWEIの情報はこちらでもまとめてあります。スマホメーカーの各社の情報をまとめておりますので、こちらもご覧ください。

スマホメーカー各社のまとめ

HUAWEI mateX

mateX

出店:https://consumer.huawei.com/jp/

『mate x』は中国のスマホメーカーのHUAWEIから発表された最新スマホになります。

外折り画面

mateX

出店:https://consumer.huawei.com/jp/

現在市場では「外折」「内折」の2種類があります。mate xは外折になりますので、外折のメリットデメリットをご紹介致します。

外折は画像の通り、常に画面が外側に向いておりますので、端末を外折にする事で画面の広さを確保しております。

しかし、常に画面が外側に向くことにより、画面に傷が付きやすいデメリットもあります。

特殊なヒンジを採用することで、折りたたみ時の画面の隙間をなくすことに成功しました。

大画面な液晶

出店:https://www.gizmodo.jp/

パソコンなどの様に画面を分割して、二つのアプリを同時に利用する事が可能です。

また通常のタブレットの様に大画面での動画の視聴など様々な使用方法が想像出来ますね。

 

カメラ

mateX

出店:https://consumer.huawei.com/jp/

HUAWEIは既にトリプルカメラの端末を発売しておりますが、Mate Xでは本体端にトリプルカメラを搭載しております。そして本体を閉じると、このトリプルカメラを使って画面を見ながらセルフィーが撮影できるのだ。インカメラとアウトカメラが一緒になっているのだ!

撮影者と被写体が両方の画面を見ながら写真が撮れる「ミラー・シューティング」という、便利な機能も搭載されております。

これまでスマートフォンでは、インカメラとアウトカメラの画質差が問題だった。画面上部に搭載されるインカメラは画面の占有率が非常に注目されているスマホ業界では高画質なインカメの大きく高画質なカメラ部品の搭載が難しいのだ

しかしMate Xでは、高画質なメインカメラでセルフィー撮影ができる。昨今のセルフィーに拘る層にも、おおいにアピールできることだろう。

SAMSUNG GalaxyFold

『GalaxyFold』は韓国のスマホメーカーのSAMSUNGから発表された最新スマホになります。

GalaxyFold

出店:https://www.galaxymobile.jp/galaxy-fold/

内折画面

GalaxyFold

出店:https://www.galaxymobile.jp/galaxy-fold/

内折りタイプは折りたたみ時に画面が内側に収納されるので、傷がつきにくい。しかしその状態ではディスプレイが確認できないのはデメリットだ。これを考慮し、Galaxy Foldでは本体外側に小型のサブディスプレイを搭載しているが、正直mateXの様にしっかりとした液晶で確認したいのがユーザーの本音なのでは?

pocketnowは、懸念されている折りたたみ構造ゆえのディスプレイのもろさをサポートするため、Samsungが、Galaxy Foldユーザー向けに、無償でディスプレイを交換できる特別プログラムを用意していると報じている。

初代ならではの不安と期待が入り乱れている様です。

 

スマホ買取店舗情報渋谷

まずはお見積もりをご依頼ください!

お見積もりフォームはこちら