iPhone7 256GB|iPhone高価買取のクイック

iPhone高価買取のクイック

iPhone7 256GB
iPhone高価買取のクイック

背面の上下にあって長い間不評だった2本のDラインがiPhone7では廃止され、背面上下にはUラインに変更され、センサーになるとされている。3.5mmのイヤホン端子もなくなり、Lightning-3.5mmイヤホンジャックアダプターが同梱される。ブラック系の新色が2色が追加してiPhone7では ジェットブラック・ゴールド・シルバ・ローズゴールドー・ブラックの5色展開となる。
Appleが待ちに待った防水機能に関する特許を申請したとの報道がアメリカで行われたことから、iPhone 7はIP67級(Galaxy S7のIP68級より少々劣る)の防水が施される。
ボディがより薄くなるほどスマホのバッテリー容量が減量されるようになったが、今回iPhone 7のバッテリー駆動時間が大幅に延びるて、 バッテリー容量も1960mAh(iPhone 7 Plus:2900mAh)になると伝えられている。またケーブルを挿さなくても充電できるワイヤレス充電機能をiPhone7では搭載しないが、iPhone 8に実現する可能性が高い。
Sony、LGとGALAXYが次々とワイヤレス充電機能を最新デバイスで採用したが、この技術は幅広く支持されていなく、アップルはまだついていかないことが鍵となっているだろう。米国特許商標庁(USPTO)に公開されたアップルの特許から見ると、iPhoneでは専用のスタンドに置くだけでチャージできてしまうワイヤレス充電機能を搭載し、急速充電も対応と予想できる。