コラム

香港の密輸の現状_世界と中国を結ぶ裏の玄関(iPhone/Android世界の状況)

香港

 

 

中国の海外シャットアウト

物のシャットアウト

日本と中国今回はシャットアウト(物とインターネット)を少し深掘りしていきます。

まず中国の輸入禁止な物をまとめました、その後にインターネットの分断をかなり深掘りしてきます。

    • ・液体

液体爆弾と間違わう可能性がある為

    • ・医薬品

薬事法により禁止されている場合があります。

    • ・銃器

銃刀法により禁止されています。

    • ・コピー品

知的財産権を侵害する物は禁止さてれています。

    • ・ブランド品

一部の一流ブランド等は、本物でも輸入できないケースやメーカーの輸出入の許可証が必要なケースがあります。

インターネットのシャットアウト


出典:https://lxr.co.jp/blog/
「万里の長城」は建築には1000年と莫大な金額を必要としましたが、明朝を滅亡に導きました。

そんな万里の長城を連想させる「グレート・ファイアー・ウォール」、略称GFWと呼ばれる物が中国にはあります。

グレート・ファイアー・ウォールは正に現代版の万里の長城です。

GFWは中国以外のネットサービスを中国国内で利用出来なくするものです。(例外もあります)

なので、中国では日本では『ライン』世界的には『Google』などのサービスを利用する事が出来ません。

中国国内13億人のマーケットに対して、グーグルの代わりに百度(Baidu)、ユーチューブの代わりに優酷(Youku)、ツイッターの代わりに新浪微博(ウェイボ)などのネットサービスが普及しており、大企業として発展しております。

たられば論ですが、GFWがなければ百度などのここまでの発展も無かったと思います。

ネット企業大手、騰訊(テンセント)の主力商品「微信(WeChat)」GFWによるネット規制と好対照をなしている。壁の中のルール(多くは目に見えない)に従っていれば一定の便利な生活を享受できるが

 

香港と中国の不思議な関係

香港からの密輸ビジネス

香港輸入

これは香港の上水(Sheung Shui)シャンスイのとあるお店の風景になります。

お店の端にたくさんのスーツケースが置いてあるのがわかるでしょうか?

これはこのお店で購入した物をスーツケースのなかに入れて中国に運んでいるのです。

本来であれば規制の対象になるのですが、運んでいるのは香港の中国の国境近くに住んでいる人達。

彼等には特別に中国と香港を行き来する権利が与えられています。

なので、本来では没収の対象の物でも運ぶ事が出来るのです。

香港中国

中国で人気なヤクルトパックで売られていました。

ヤクルトや生理用品、飲食物が人気が高いみたいです。

上水(Sheung Shui)では至る所にスーツケースがあります。

断言は出来ませんが、その殆どが中国に運ぶのではないかと考えられます。

 

この様に香港を経由して中国に様々な物が流れているのです。

その中の一つに携帯電話もあります。

香港の巨大携帯ビルの先達廣場の記事もございますので、是非ご覧下さい。

香港のビル一つがスマホ屋の先達廣場とは?

 

インターネットの裏技

日本人にとって『LINE』が使えないのはかなり不便に感じるのではないでしょうか?

ビジネスマンもやりとりを『Gmail』を使っていて先方の都合上変更出来ないなど、

普段の自分の利用しているサービスを中国国内でも利用したい人は多いと思います。

そんな時に役に立つのが、『VPN』VPNとは「Virtual Private Network」の略語で、訳すと「仮想専用線」になります。

簡単に説明すると自分専用のインターネットの道を作ってそこを使ってネットをする事になります。

VPNを利用すると中国のGFWから守られる為中国国内でもLINEやGoogleサービスが使えるようになります。

 



VPNの利用は自己責任でお願いします。

まずはお見積もりをご依頼ください!

お見積もりフォームはこちら